« 梅雨の晴れ間の嵯峨・嵐山(2)北嵯峨田園地帯 | トップページ | 斑入り(ふいり)植物の数々を拝見しました。 »

2017年7月16日 (日)

梅雨の晴れ間の嵯峨・嵐山(3)嵯峨野

 前回の続きです。
 タイトルを「嵯峨野」としましたが、行政区域の「嵯峨野」とはかなり違った感じになります。
 例えば「京都府立嵯峨野高校」とか、地名表記の「嵯峨野」などは、もう少し南の地域になります。ですが「嵯峨野めぐり」などと言う所は、今私が歩いている一帯を指しています。
 私は今、「大覚寺」に向かって歩いています。

035a

その途中で、毎年も今頃見掛けるのは、この花です。
或るお宅の敷地内から、大きく伸びて道からもしっかりと見ることが出来ます。
「ノウゼンカズラ」です。私はこの花の色が好きです。

034a

かなり密集しています。

037a

花の形は、アサガオの様です。

038a

大覚寺の施設の近くを流れる「有栖川」の上流です。

 何時も「大覚寺前」のバス停で、しばし休憩をしてから、嵐山に向かっています。ぼんやりとバスから降りた人や、待っている人、乗る人などの動きを眺めています。
そろそろと腰を上げて・・・。

041a

「鳥居本」の三叉路の手前、「五山の送り火」の1つ、「鳥居形」の曼荼羅山の麓の様子です。曼荼羅山には少しだけ「火床」の鎖が見えます。
この近くには、瀬戸内寂聴さんの「寂庵」があります。

046a

「小倉池」です。長く亀の姿を見る程度の古池でしたが、最近整備されて「蓮」を植えられて、丁度白とピンクの花が咲いていました。
以前は、「カワセミ」の姿も見かけました。超望遠レンズのカメラで、その姿を狙っていた人の姿もありましたが・・・。

 最後は、今回の目玉の「天龍寺」の「蓮池」へ向かいます。





« 梅雨の晴れ間の嵯峨・嵐山(2)北嵯峨田園地帯 | トップページ | 斑入り(ふいり)植物の数々を拝見しました。 »

嵯峨 嵐山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/71091843

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間の嵯峨・嵐山(3)嵯峨野:

« 梅雨の晴れ間の嵯峨・嵐山(2)北嵯峨田園地帯 | トップページ | 斑入り(ふいり)植物の数々を拝見しました。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き