« 2017・3人旅(4)諏訪大社へ | トップページ | 京都府立植物園 上品で清楚なハスの花が咲き始めました(1)   »

2017年6月30日 (金)

夏越の祓・茅の輪くぐり

 6月30日は、「夏越祓」(なごしのはらえ)と言って、今年の前半が終わって、その間の罪やケガレを祓う伝統行事として、「茅の輪くぐり」を行っています。
 その「茅の輪くぐり」を、3つの神社でして来ました。

 先ず最初は、京都の総氏神さまの「平安神宮」です。

004a

平安神宮では、「応天門」に、「茅の輪」は取り付けられていました。
奥の方に見えるのは、「大極殿」を模した拝殿です。

001a

少し近寄って見ました。この二人は日本人ではないようです。

 次は、こちらも恒例の「護王神社」です。京都御苑の西にあります。

011a

烏丸通に面した楼門をくぐって直ぐ、拝殿の前に設けられていました。

005a

ここは、腰や足を守ってくださるご利益があるお宮さんです。

012a

茅の輪の傍には、青々とした「茅」が添えられていました。

009a

境内には、ご祭神の「和気清麻呂公」の銅像が建っています。

 3番目は、上京区にある「大将軍八神社」です。

Img_4596

こちらは、平安京造営の際、陰陽道に依り大内裏(御所)の北西角の天門に星神 「大将軍堂」を建て 方位の厄災を解除する社として創建されました。
都市の西北に位置する方除の大将軍として、日常的に多くの方が参られるとの事です。

Img_4595

ご紹介した神社では、30日の夕刻から大祓いをします。
古式に則った行事で厳かな気持ちになります。

 この「茅の輪くぐり」ですが、ただ輪をくぐるだけでは無く、「くぐり方」にも作法があります。
 先ず輪をくぐって左に回り、次にくぐって右に回り、もう1回左に回り、8の字に3回くぐります。
 そして、くぐりながら「夏越の歌」を唱えます。
 「水無月の 夏越の祓する人は 千年の命 延ぶといふなり」

 また、和菓子の「水無月」を食べたりします。
 これは、白い三角に切った外郎の上に、甘く煮た小豆が載せられています。
 京都市内の和菓子屋さんでは、6月に入ったら売り出します。
 謂れとしては、氷室の氷に、悪魔祓いの小豆を乗せたものを、平安時代の貴族達が食したとか。


 

 

« 2017・3人旅(4)諏訪大社へ | トップページ | 京都府立植物園 上品で清楚なハスの花が咲き始めました(1)   »

伝統行事」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/71001260

この記事へのトラックバック一覧です: 夏越の祓・茅の輪くぐり:

« 2017・3人旅(4)諏訪大社へ | トップページ | 京都府立植物園 上品で清楚なハスの花が咲き始めました(1)   »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き