« 新緑の彩り うっとり | トップページ | ゴールデンウイークの京都府立植物園 »

2017年5月16日 (火)

京都の三大祭の一つ 「葵祭」を拝観しました

 2017・5月15日(月)、晴天に恵まれたこの日、京都御苑の一角で、「葵祭」の行列を拝観しました。昨年の「時代祭」の時とほぼ同じ場所でした。御所出発の2時間程前に現地に着きましたが、早くも多くの方が、それぞれの場所に陣取っておられました。
 御所出発は、午前10時30分ですが、私の場所に先頭が来たのは、40分頃でした。

 先ず「近衛使代列」です。

001a

行列のトップは、この方です。「肝煎」(きもいり)と言うそうです。
「催方」(もよおしかた)とも言うそうです。

002a

続くのは、「雑色」と、馬に乗っている「乗尻」です。
雑色は、雑役の無位の役人。「乗尻」は、上賀茂神社の競馬会(くらべうまえ)の騎手です。それぞれ冠には「葵」の葉っぱを付けておられます。

006a

「検非違使志」(けびいしさかん)と言い、警察と裁判を司る役人。行列の警護に当たっています。

008a

「山城使」(やましろのつかい)と言います。
山城介(やましろのすけ)で、国司庁の次官、5位の文官です。

014a

この「牛車」(ぎっしゃ)には、この後に続く方、「近衛使代」が乗られるものですが、その方は馬に乗っておられるので、賑わいのための空車だそうです。
前を行く「牛童」(うしわらわ)が、可愛いです。

021a

この方が「近衛使代」(このえのつかいだい)です。行列の中で、最も位が高く、四位近衛中将がこれを勤めるそうです。

 次は、皆さんお目当ての「斎王代列」です。

024a

「風流傘」です。祭列を豪華にするためのものだそうです。

031a

「命婦」(みょうぶ)と言い、高位の女官または高位の妻女達です。一人では無く、多くの方達がおられました。

 いよいよ「斎王代」の登場です。

033a

俗に言う十二単の五衣唐衣衣裳(いつつぎぬ・からぎぬ・も)で、その上に小忌衣(おみごろも)を身に纏っておられます。

034a

少しだけ微笑みを浮かべて。

051a

こちらは「斎王代」の「牛車」ですが、もちろん空車です。

 午前11時20分過ぎに、行列は通り過ぎて行きました。

 ○今年の「斎王代」は、第62代に当り、富田紗代さん(19才・同志社大2年)
   か゛勤められました。姉2人も内侍や命婦役を勤められたそうで、姉妹3人
   とは大変珍しいことです。
 

« 新緑の彩り うっとり | トップページ | ゴールデンウイークの京都府立植物園 »

2017 葵 祭」カテゴリの記事

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/70562730

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の三大祭の一つ 「葵祭」を拝観しました:

« 新緑の彩り うっとり | トップページ | ゴールデンウイークの京都府立植物園 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き