« 可憐なシャクナゲの花 | トップページ | 京都府庁・旧本館の中庭の桜達-1 »

2017年4月13日 (木)

桜に埋まった法金剛院

 「関西花の寺」で、唯一京都市内にあるのは、ここ「13番・法金剛院」です。
 毎年その桜の見事さに見惚れていますが、ここで桜をご紹介するのは初めてです。蓮の花や紫陽花は、以前ご紹介したことがありますが。

008a

丸太町通に面した山門です。待賢門院ゆかりのお寺です。

004a

桜は、山門から西一帯に広がっています。

006a

中を覗くと、桜色の木も見られます。

007a_2

生垣から外へ、大きく枝をのばしいます。

005a

山門から、中を覗いて見ました。

003a

駐車場の入口から、西を見ています。左手が丸太町通です。

002a

一番印象的だったのは、この辺りでした。
一度境内にも入って見たいと思いつつ、桜の季節はあっと言う間に過ぎて行きます。
 4月10日の午前中に撮影しましたが、曇天が非常に残念でした。



« 可憐なシャクナゲの花 | トップページ | 京都府庁・旧本館の中庭の桜達-1 »

2017 京都の桜」カテゴリの記事

亰の寺」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/70224811

この記事へのトラックバック一覧です: 桜に埋まった法金剛院:

« 可憐なシャクナゲの花 | トップページ | 京都府庁・旧本館の中庭の桜達-1 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き