« 新緑を訪ねて 大徳寺から相国寺へ(その1)高桐院 | トップページ | 可憐な芝桜と新緑 »

2017年4月30日 (日)

新緑を訪ねて 大徳寺から相国寺へ(その2)芳春院他

 前回の続きです。大徳寺の塔頭の「高桐院」を出て、同じ並びにある「龍光院」へ行きました。中には入らず、外からの眺めです。

027a

参道に横たわる様に、松の木が斜めに伸びています。

031a

その下をくぐって進むと、その山門がありました。
ここ「龍光院」は、慶長11年(1606)に、黒田長政が父・孝高(如水)の菩提所として創建しました。

来た道を引き返して、北側にある「芳春院」に向かいました。

032a

塔頭の1つ「大仙院」を右手に見て、細い参道を進むと、その奥にあります。
2つの塔頭の共同の山門の様です。「芳春院」は、直進した奥にあります。

034a

参道を奥に向かって歩いています。

040a

038a

正式の山門に遣って来ました。中には入れません。

039a

覗きこんで、中を撮らせて戴きました。

041a

塀の外からも・・・。

042a

帰り道の参道で。

ここ「芳春院」は、慶長13年(1608)に、前田利家の夫人・松子(芳春院)が創建しました。

この後は、「相国寺」に向かいました。


















« 新緑を訪ねて 大徳寺から相国寺へ(その1)高桐院 | トップページ | 可憐な芝桜と新緑 »

2017 京都の新緑」カテゴリの記事

亰の寺」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/70405692

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑を訪ねて 大徳寺から相国寺へ(その2)芳春院他:

« 新緑を訪ねて 大徳寺から相国寺へ(その1)高桐院 | トップページ | 可憐な芝桜と新緑 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き