« 近江八幡節句人形めぐりへ(5)旧伴家住宅雛人形他 | トップページ | 市電と昭和の京都の生活 その2 »

2017年3月 8日 (水)

市電と昭和の京都の生活 その1

 京都市電(きょうとしでん)は、京都市交通局が運営していた市電(路面電車)です。
 1895年に京都電気鉄道によって日本最初の一般営業用電気鉄道として開業され、 1912年の市営路線開設、1918年の全面市営化を経た後、1978年9月30日限りで全廃 されました。
 先日、”ひと まち 交流館京都”で行われた、写真展「古写真からみた昭和の生活~市電の音が聞こえる風景」では、60年代前を中心とした約60点の市電にまつわる写真が展示されました。

015


016


017


018


019


020


021


022


024


025


026


027

多くの写真から選ばせて頂きましたが、私にとっては、車両より走っている場所・風景により懐かしさを覚えました。




« 近江八幡節句人形めぐりへ(5)旧伴家住宅雛人形他 | トップページ | 市電と昭和の京都の生活 その2 »

作品」カテゴリの記事

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/69712527

この記事へのトラックバック一覧です: 市電と昭和の京都の生活 その1:

« 近江八幡節句人形めぐりへ(5)旧伴家住宅雛人形他 | トップページ | 市電と昭和の京都の生活 その2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き