« 茶源郷めぐり 京都府和束町(2) | トップページ | 節分の日の上七軒芸妓さん »

2017年2月 3日 (金)

京都府立植物園のハボタン

 日本では、冬の花壇や正月用飾りに欠かせない植物のハボタンですが、江戸時代に「オランダナ」の名前で渡米した際は、観賞用でなく食用として用いられたとのことで、ハボタンはその中のケールを鑑賞用に改良したものです。
 京都府立植物園では毎年、年末に植え付けを行います。
 以前に雪の植物園の風景として紹介しましたがその時は、雪に覆われてハボタンの存在はわかりにくいでした。


045

 今回は、2月2日撮影のハボタンです。
 植物園会館前の花壇では立体感を出すために背の高い品種を選んで真ん中に植え付け、周りをさまざまな色の品種で囲み、


038

色鮮やかなコントラストで華やかさを演出しています。

040


042

ハボタンの種類の多さに改めて感動しました。

041


044

↓は植物園会館に花瓶に飾られていたハボタンです。

047

形や色合いが繊細に見え、思わずカメラを向けていました。
見頃は、今月中旬との事です。タイミング良く新鮮?なハボタンに出会えたものです。

« 茶源郷めぐり 京都府和束町(2) | トップページ | 節分の日の上七軒芸妓さん »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/69458603

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園のハボタン:

« 茶源郷めぐり 京都府和束町(2) | トップページ | 節分の日の上七軒芸妓さん »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き