« 佐々木真弓 アトリエエンジェル「ステンドグラスランプ展」その3 | トップページ | 神泉苑に「酉」の絵馬が奉納 »

2017年1月 1日 (日)

新年明けましておめでとうございます

 平成29年・2017年、明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 今年は、「丁酉」(ひのと・とり)の年です。
例によって、「酉」=鶏の大絵馬を、ご紹介しましょう。

(1)まずは、「天神さん」と親しみを込めて京都市民から呼ばれている、北野天満宮です。

Img_2406

お参りの方や観光客がカメラに収めています。

Img_2408

近づいてみました。背景はやはり梅の花です。そして、これはいずれの干支でも同じです。

(2)そしてお酒で有名な松尾大社。

005a

原画は、版画家の故・井堂雅夫さんのもの。何となく愛らしいですね。
井堂さんは、生前に全十二支の原画を残しておられるそうです。

(3)そして足腰の神様で有名。季節を問わず、お参りの多い護王神社です。

006a

烏丸通に面した楼門を通して、大絵馬を拝見。

004a

瓢箪に乗った可愛い鶏です。ここのお使いの「猪」も、大絵馬に見惚れています。

005a_2

大絵馬は、この様に暖簾にもなっています。

 昨年末には、全国各地で「鳥インフルエンザ」が猛威を振るっていた為、動物園での鶏の撮影は諦め、代わりに昨年、生誕300年だった「伊藤若冲」の生家があった、京都市錦市場での若冲の鶏の絵をお借りしました。

錦市場の西口の両側に置かれています。

008ab


006a

若冲は素晴らしい「鶏」の絵を残していますが、その1つを使ってこの様なモニュメントを造られたのでしょうね。

市場の上にも、「錦」の文字が入っていますが、この様な絵が吊り下げられています。

002a

011a

 最後に、今年がより良い年であります様に、祈念したいと思います。

 

 

« 佐々木真弓 アトリエエンジェル「ステンドグラスランプ展」その3 | トップページ | 神泉苑に「酉」の絵馬が奉納 »

2017 京都のお正月」カテゴリの記事

地域歴史」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/68814591

この記事へのトラックバック一覧です: 新年明けましておめでとうございます:

« 佐々木真弓 アトリエエンジェル「ステンドグラスランプ展」その3 | トップページ | 神泉苑に「酉」の絵馬が奉納 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き