« 雪の朝の京都府立植物園 | トップページ | テーマ「京都の水」 (15) 琵琶湖疏水分線-4 »

2017年1月24日 (火)

漸く京都鉄道博物館へ(3)

 前回に続き、「京都鉄道博物館」の本館内を歩いています。

026a

「キハ81形」と言い、1960年代に登場した国鉄最初の特急用ディーゼルカーです。「くろしお」の名前が見えますから、紀勢本線を走っていた様です。
多分乗った様に思います。

028a

こちらもディーゼルで、「DD51形」の機関車です。国鉄の無煙化に貢献したさうです。全国的に活躍したそうです。

029a

こちらは電気機関車です。「EF66形」と言い、東海道・山陽本線の高速貨物列車を牽引していましたが、寝台特急列車(ブルートレイン)も牽引していました。

037a

「クハ103形」で、1964年に登場した国鉄を代表する通勤型電車です。

本館から直ぐ近くの「トワイライトプラザ」に移りました。

079a

憧れの、そしてとうとう乗れなかった「トワイライトエクスプレス」を牽引していた「EF81形」電気機関車です(右側)。
左側は、「EF65形」の電気機関車で、全国で活躍していたそうです。

033a

そして、その客車部分です。大阪から日本海側を通って青森まで夜行で走っていました。

035a

こちらは、その最後尾車ですが、この車両は電源と貨物部分です。
もう一つの最後尾車は、個室車両になっていて、大変な人気がありました。

1階部分の各車両を見学して、2階に上がって見ました。

038a

2階からの眺めです。1階の展示は、こんな形で展示されています。

手前に見えているのは、貨車の屋根ですが、車両の全展示は53両もあります。SL、電車、新幹線と見応えのある展示でした。
この後も、未だ幾つかの展示などをご紹介したいと思います。



















« 雪の朝の京都府立植物園 | トップページ | テーマ「京都の水」 (15) 琵琶湖疏水分線-4 »

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/69301364

この記事へのトラックバック一覧です: 漸く京都鉄道博物館へ(3):

« 雪の朝の京都府立植物園 | トップページ | テーマ「京都の水」 (15) 琵琶湖疏水分線-4 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き