« 古きを訪ねて歩く (1) 円山公園・左阿彌他 | トップページ | 古きを訪ねて歩く (3) 菊浜地区ー2 »

2017年1月13日 (金)

古きを訪ねて歩く (2) 菊浜地区-1

 地元の新聞に、「旧花街」として、下京区菊浜地区が紹介されてい、かねてから一度じっくりと訪ねてみたいと思っていたので、早速に出掛けました。
 訪れた「菊浜学区」は、江戸時代には高瀬川の舟運で栄え、歓楽街や職人町が形成されたところでした。戦前から続いた遊郭は、1958年に廃止されましたが、北部地域は「五条楽園」と呼ばれて賑わいました。五条大橋の下流の地域だったので、「橋下」とも呼ばれていました。

五条通の「五条大橋」の手前を右折して、高瀬川沿いに南に向かって歩きます。
少し行くと巨大な楠木があり、源融の「河原院」跡の石碑があります。

030a

その辺りの高瀬川の様子です。左岸の道を南下しました。

031a

やがて見えて来たのが、この建物です。お茶屋だった「本家 三友」です。
風格ある堂々たる建物です。

032a

左側の玄関に近付いて見ました。簾が1か所外れているのが、何とも侘びしさを感じて仕舞います。

035a

住宅街に入って見ました。家の造りが、かつての商売を思わせます。
家が改造されていても、その名残りを想像させます。
特に2階の手摺や窓の様子などです。

036a

こちらも、元お茶屋の建物です。

038a

その正面です。かつての銭湯や、この様なお茶屋など、何故この様な玄関の様式に造られるのでしょうか。不思議を感じます。

041a

こちらの建物も、かつての有様を感じます。特に2階がそうです。

044a

こちらは、現在宿屋をされていました。近くで外国の方を見掛けたので、その方達の利用もあるのかなと思いました。
この辺りの町名は、上ノ口通加茂川西入 八ツ柳町 との表示が見られました。

 この後、もう暫く散策しました。次回に。







« 古きを訪ねて歩く (1) 円山公園・左阿彌他 | トップページ | 古きを訪ねて歩く (3) 菊浜地区ー2 »

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/68236218

この記事へのトラックバック一覧です: 古きを訪ねて歩く (2) 菊浜地区-1:

« 古きを訪ねて歩く (1) 円山公園・左阿彌他 | トップページ | 古きを訪ねて歩く (3) 菊浜地区ー2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き