« 京都府立植物園「バラ展」 (その2) | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2016 皆生温泉の宿 »

2016年12月 4日 (日)

歴史と自然を満喫の旅2016 松江・塩見縄手

前回の続きです。
松江市伝統美観保存地区「塩見縄手」を歩きました。
 松江城の城下町の面影をとどめる町並みです。
 ここでは、武家屋敷の他、小泉八雲旧居などが見られます。

093a

塩見縄手の全景です。中級藩士邸が並んでいたと言うことです。
お城は、堀を隔てて右手にあります。

092a

最も手前にあるのが、「小泉八雲記念館」です。

094a

その右隣には、「小泉八雲・旧居」があります。

095a

玄関から中の様子を見てみました。

112a

その先の様子です。そこには、見学出来る「武家屋敷」がありますので、行ってみました。

098a

その武家屋敷の建物です。右が勝手口、その左が式台玄関です。

099a

式台玄関(内玄関)です。この建物は、江戸初期から松江藩の600石程度の中級藩士が住んでいたそうです。それなりの格式ある玄関です。

101a

座敷です。訪ねて来た下級藩士が、当主に挨拶している場面でしょうか。

103a

その裏側にある当主の居間です。その左には、奥方の居間があります。

108a

奥方の居間から納戸、台所と繋がっています。
他に茶室や仏間などもあり、10以上の部屋がある様です。
長屋門もあり、そこには中間部屋もありました。

 第2日目の予定は完了し、今夜の宿がある「皆生温泉」に向かいました。
 松江から米子へ、そしてバスで皆生温泉へ。

« 京都府立植物園「バラ展」 (その2) | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2016 皆生温泉の宿 »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/66488682

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史と自然を満喫の旅2016 松江・塩見縄手:

« 京都府立植物園「バラ展」 (その2) | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2016 皆生温泉の宿 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き