« 初冬の京都御苑 | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2016 境港から帰途へ »

2016年12月 7日 (水)

歴史と自然を満喫の旅2016 境港へ

前回 の続きです。
 今回の旅の最終日は、境港から美保関の方面を予定していましたが、時間的に無理かなと思い、境港だけに止めることとしました。
 丁度、皆生温泉・観光センターから境港行きのバスがあると、宿の方に教えて貰い、それに乗ることにしました。進行方向の右手は「美保湾」、左手は「中海」に挟まれた細長いところを、バスは北上します。並行してJR米子駅から「境港線」も走っています。帰りは、JRに乗りました。

018a

境港市の玄関口とも言える、JR境港駅(左手)などのターミナルです。

019a

境港と言えば、水木しげるの出身地です。駅前には、色んなモニュメントが見られます。

024a

皆揃ってのお出迎えも。

017a

港、漁港、魚センターなどを訪ねて、こんなバスに乗りました。
右まわりと左まわりとがあって、観光案内所で親切・丁寧に教えて戴きました。

011a

「魚センター」内の様子です。観光客だけではなく、地元の方も見られました。
色んな魚や加工品が売られていました。

010a

カニがお奨めの様でした。

008a

境漁港です。停泊中の漁船は、どれも大きいです。

009a

こちらの漁船も、比較的に大きいです。
見える鉄橋は、美保関の方に行く道です。
左端に船尾が見えていますが、

006a

この大きな船です。

 もう少し境港市内を、散策しています。

« 初冬の京都御苑 | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2016 境港から帰途へ »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/66616103

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史と自然を満喫の旅2016 境港へ:

« 初冬の京都御苑 | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2016 境港から帰途へ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き