« 「終い天神」の日の様子 | トップページ | シャドーボックス作品&クラフト展 (その1) »

2016年12月27日 (火)

京都北野天満宮「可憐な白梅」

 12月25日は終い天神でした。
 翌日の京都新聞によると例年約15万人の参拝者が訪れるとのことです。
 参道には骨董品や古着、園芸品など約千軒の出店が軒を連ねたとの記事が掲載されていました。
今回は翌日26日に朱色のお社の隣に咲きかけていた「白梅」をご紹介します。

Img_2498

小さな木ですが、由緒のある梅です。
立看板にはこの梅の木は、
「菅原道真公1100年 始祭 記念植 雲龍梅 
平成14年1月22日 全国天満宮梅風会」と記されていました。

Img_2483


Img_2487


Img_2484


Img_2492

特に梅の蕾は、ふっくら可愛いですね。

Img_2493

この日は、小雨がぱらつきお日様は顔を出さなくて生憎の空模様、残念ながら本来の梅の可憐さ綺麗さは撮れませんでしたが・・・・。

« 「終い天神」の日の様子 | トップページ | シャドーボックス作品&クラフト展 (その1) »

散歩 花」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/68995944

この記事へのトラックバック一覧です: 京都北野天満宮「可憐な白梅」:

« 「終い天神」の日の様子 | トップページ | シャドーボックス作品&クラフト展 (その1) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き