« そろそろ京都の紅葉も終わりか?(4)智積院 | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2016 松江城堀川めぐり (1) »

2016年11月30日 (水)

万博記念公園の日本庭園を見る

 万博記念公園内にある2つの施設に行きました。
 1つは「国立民族学博物館」、もう1つは「日本庭園」です。
 「国立民族学博物館」では、特別展「見世物大博覧会」が開催されていて、大変興味深い極めて懐かしい事物が展示されていました。
 そして、その後「日本庭園」を見ました。
 大阪万博(1970年)の際に造られた広大な日本庭園です。丁度多くの木々が色付き、美しい環境の中散策を楽しみました。
 何の予備知識も無く、園内を反時計回りに歩きました。後日調べたところ、上代・中世・近世・現代と4つの造園様式を取り入れて造られているとか。改めてじっくりと拝見したいと思いました。

070a

入口を這入ると正面に「中央休憩所」があって、そのベランダから眺めた景色です。兎に角非常に大きいので、一度では撮り切れませんので、右の方から部分撮りしました。
なお、この部分は「近世庭園地区・江戸時代」(17~19世紀)の庭園だそうです。

071a

右から左へ目を移して、真ん中辺りの景色です。所謂「池泉回遊式庭園」で、向こうに見えるのは「築山」です。

074a

左手の端付近の景色です。向こうには、小さな滝が見えます。

050a

休憩所(左端に建物の一部が)を出て、左回りに歩き始めたところには、色付いた大きな木がありました。

052a

上と同じ池の右手には、橋が架けられていて、その上から見た景色です。

054a

橋を渡ったところから見た「築山」の様子です。

064a

白く見えているのは、「州浜」の一部です。

066aふう

「州浜」(右手に一部が)の近くを流れる小川です。

Img_2223_2

広い園内を散策していますと、紅葉をはじめとした木々の美しさに目を奪われましたが、途中で川音に気づき、目を下に向けると、小さな川の流れになっていて、変化に富んだ風景を楽しませてくれました。

園内には、桜の木々も多く見られました。春が楽しみです。

« そろそろ京都の紅葉も終わりか?(4)智積院 | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2016 松江城堀川めぐり (1) »

京都府以外」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/68503041

この記事へのトラックバック一覧です: 万博記念公園の日本庭園を見る:

« そろそろ京都の紅葉も終わりか?(4)智積院 | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2016 松江城堀川めぐり (1) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き