« 歴史と自然を満喫の旅2016 宍道湖 | トップページ | 京都北野天満宮・手水鉢を彩る紅葉 »

2016年11月16日 (水)

歴史と自然を満喫の旅2016 玉造温泉

昨日の続きです。 
 今回の旅の第1夜の宿は、名湯・玉造温泉と決め、宿は「白石家」に取りました。その理由は、インターネットでの好感度が高かったからです。

017a

久し振りに、こんなのを撮った様に思います。この看板が無い駅がありました。
明日下車する「松江駅」です。探したのですが、見当たら無かったです。

015a

玉造温泉の宿「白石家」の前の様子です。
相当な古木の桜の木です。前を流れるのは「玉湯川」です。

014a

表玄関の「看板」です。慎ましやかさに好感を持ちました。

玄関から1階のフロアに入りますと、

002a

ロビィの真ん中に、こんな大きな花の飾りがありました。
「花の宿」と謳っているだけに、花には力が入っている様に感じました。

011a

左手の玄関から入って、右手がフロントです。正面では、連日夜に「縁結びライブショー」が行われているとか。

010a

受付を済まして、奥にあるエレベーターに向かいます。

032a

ロビィの外には、こんなお庭がありました。
瀧の水の先には池があり、大きな鯉が何匹も泳いでいました。

009a

ロビィの一隅には、お洒落なスタンドが・・・。

「白石家」の大浴場「織姫」の湯船は、底まで総檜造りです。
柔らかな檜の肌ざわりや香りが、体も心も癒してくれます。
残念ながら、写真はありません。
男湯と女湯とが夜と朝に交代になっています。

ゆったりとお風呂を楽しんだ後は、夕食です。 次回に続きます。

 

« 歴史と自然を満喫の旅2016 宍道湖 | トップページ | 京都北野天満宮・手水鉢を彩る紅葉 »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/65997694

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史と自然を満喫の旅2016 玉造温泉:

« 歴史と自然を満喫の旅2016 宍道湖 | トップページ | 京都北野天満宮・手水鉢を彩る紅葉 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き