« 上七軒盆踊りの日の芸舞妓さんたち(その4) | トップページ | 京都・ノートルダム女学院・和中庵を拝見 (1) »

2016年9月20日 (火)

テーマ「京都の水」 (7) 琵琶湖疏水-6

 前回に続き、琵琶湖疏水の本線を追って歩いています。
 本線とは、大津市から京都市伏見までです。
 前回は、南禅寺ダムから夷川ダムを通り、冷泉通に沿って鴨川まで来ました。
 
そして、流れは伏見に向かって流れます。流れは、御池通から塩小路通までは暗渠になっていて見られませんが、その先は鴨川に沿っていたり、京阪電車の京阪本線に沿っていたりして伏見区まで流れています。

003a
冷泉制水門の下の疏水の流れを、もう一度ご覧戴きます。
流れは右手(南)に向かっています。

005a_2

その流れが地上に現われたところです。向こうが南です。
これから伏見への長い旅が始まります。
左手に見える道路は、川端通です。

016a

ここは、仁王門制水門です。向こうに見える道路は川端通です。

018a_2

ここは御池通です。疏水はここから暗渠になります。

022ab

所々にこの様な装置がありました。中を覗いて見ると、水が流れている微かな音がしますが、水の流れは見えませんでした。底まで10m以上はあるでしょうか。換気のためか、保守のためか判りませんが・・・。

027a

疏水は、三条通・四条通・五条通・七条通と暗渠を流れ、漸くここ「塩小路通」で姿を現わします。激流の様相です。

025a

塩小路橋から疏水の流れを見ています。
向こうに見えるのは、新幹線や在来線などの鉄橋です。

ここから疏水の流れに沿って歩きました。

029a

疏水に架かる「一之橋」です。

034a

「一之橋」から、疏水の下流を見ています。
疏水に架かる大きな鉄橋は、JR奈良線の鉄橋です。

ここからは、疏水の流れから離れて歩きました。
理由は、歩道が無く、歩くのが危険と感じたからです。

037a

JRや京阪電車の「東福寺駅」まで遣って来ました。JRや京阪の線路は、左手にあります。手前の橋は、疏水に架かる歩道の橋です。上の橋は、「九条通」です。

 ここからの疏水の流れは、京阪電車の線路と交差したりして、付かず離れずに流れて行きます。

 次回は、いよいよ伏見のエリアに入ります。

« 上七軒盆踊りの日の芸舞妓さんたち(その4) | トップページ | 京都・ノートルダム女学院・和中庵を拝見 (1) »

京都の水」カテゴリの記事

地域歴史」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/67239090

この記事へのトラックバック一覧です: テーマ「京都の水」 (7) 琵琶湖疏水-6:

« 上七軒盆踊りの日の芸舞妓さんたち(その4) | トップページ | 京都・ノートルダム女学院・和中庵を拝見 (1) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き