« 盛夏 その2 「木陰を探して」 | トップページ | 二人のバースデー・ランチ »

2016年9月10日 (土)

テーマ「京都の水」 (6) 琵琶湖疏水-5

 前回に続き、琵琶湖疏水の本線(大津市内~伏見)を追って歩いています。
前回では、平安神宮前の道「神宮道」に架かる橋「慶流橋」まで来ました。
 今回は、その先へ進みます。疏水の流れは、「みやこめっせ」の裏側から横側を通って、更に直角に曲がり西進し、東大路通に至ります。

001a

東大路通の橋の上から、西を見ています。

003a

昔は船溜りだつた、「夷川ダム」です。

004a

ここには、疏水事務所(京都市上下水道局)や発電所(左端)などがあります。
そして、写真のほぼ真ん中には銅像があります。

007a

銅像は、琵琶湖疏水を企画・推進した、京都府第3代目知事の「北垣国道」の像です。

008a

「夷川発電所」の部分です。

010a

疏水の水の利用の表示です。発電は、関電が担当しています。

016a

発電に利用した水の吐出口の様子です。

018a

水はさらに西に流れて、ここ川端通に達します。

019a

川端通と鴨川との間に水門があり、この時には全部の水がここで方向転換し、南(右方向・伏見)に向かって流れていました。

024a

水門の施設の地上部分です。左手が、川端通。右手には、鴨川。
水門には、こんな木の橋が架かっています。

021a

鴨川です。右下が疏水の放水口ですが、水は流されていませんでした。

« 盛夏 その2 「木陰を探して」 | トップページ | 二人のバースデー・ランチ »

京都の水」カテゴリの記事

地域歴史」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/67221538

この記事へのトラックバック一覧です: テーマ「京都の水」 (6) 琵琶湖疏水-5:

« 盛夏 その2 「木陰を探して」 | トップページ | 二人のバースデー・ランチ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き