« 6月5日の京都府立植物園の花達 洋風庭園・沈床花壇 | トップページ | 紀伊半島めぐりの旅 1日目(三重県その2) »

2016年6月20日 (月)

紀伊半島めぐりの旅 1日目(三重県その1)

 久し振りに、ある会の1泊のバス旅に参加しました。
 「紀伊半島をめぐる旅」です。
行程は、京都を出発して、草津から「新名神高速」(未だ新しい高速道路です)を経由して、時計回りで紀伊半島を巡ります。
 まず最初の観光ポイントは、三重県大紀町にある「皇大神宮別宮・瀧原宮 瀧原竝宮」です。熊野街道が通る瀧原の山間部にあります。
皇大神宮(伊勢神宮)には、14もの別宮(わかれのみや)があるそうで、ここ瀧原宮・瀧原竝宮(ならびのみや)もそのうちの2つだそうです。
 雰囲気は、何となく「伊勢神宮」に似ていました。

002a

参道の入口に建つ白木の大鳥居です。

004a

樹齢数百年を数える杉の木立に囲まれた参道は、およそ600mの長さがあります。

018a

やがて、殿舎が見えて来ました。伊勢神宮と同じく「式年遷宮」が行われるため、手前(西側)が「古殿地」となっており、向こう側(奥・東側)に現殿舎が平成26年秋に式年遷宮により建てられています。

015a

右が「瀧原宮」で、左が「瀧原竝宮」です。ご祭神は、どちらも天照大神です。
この地に鎮座された歴史は、大変に古く約2千年前とのことです。

009a

「瀧原宮」にお参りしました。白木造りの簡素な建物です。
「瀧原竝宮」も全く同じの建物でした。

この他境内には幾つかのお宮がありました。その中の1つ「若宮神社」です。

011a

「若宮神社」は、「瀧原宮」の「所管社」とされています。
お伊勢さんには、内宮と外宮の両正宮の他に、14の別宮・109の摂社、末社、所管社など合計125の宮社の総称として「神宮」と言うそうです。

「瀧原宮」での参拝を終えた後は、熊野灘を右に見て南下しました。











« 6月5日の京都府立植物園の花達 洋風庭園・沈床花壇 | トップページ | 紀伊半島めぐりの旅 1日目(三重県その2) »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/63223920

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島めぐりの旅 1日目(三重県その1):

« 6月5日の京都府立植物園の花達 洋風庭園・沈床花壇 | トップページ | 紀伊半島めぐりの旅 1日目(三重県その2) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き