« 京都市動物園に行く その1 | トップページ | 華麗なベゴニアの花達 »

2016年5月 2日 (月)

京都市動物園に行く その2

前回の続きです。 
 地元紙の報道によりますと、前日の2月27日には、2015年度の来園者が100万人を超えたとのことです。29年ぶりだそうです。来園者数は、1976年度に約140万人のピーク後は、2002年度には約60万5千人まで落ち込んだそうです。
 この日は日曜日とあって、子供連れの親子や若いカップルなど、大勢の来園者で大賑わいでした。

 園内の様子を少しばかりご紹介しましょう。

010a

動物園にお地蔵さんが?! 園内で発掘・出土したものでしょうか?
如何にも京都らしいです。
園内の北側に「棚田」もあって、小さな田園風景が見られます。

Tanadaa

その「棚田」の一部です。真ん中に立っているのは、案山子の様です。
手前には、小川が流れています。遠くの山並みは、東山連峰です。

園内の中央には、遊園地があります。真ん中には「飛行塔」があり、その下には「ボート池」が、その外側には「汽車」が走っています。

015a

今しも汽車が驀進?して来ました。

この遊園地付近には、平安時代の院政期に「法勝寺」と言う大寺があり、その境内には「八角九重塔」(高さ約100m)があったそうです。

動物に戻りましょう。

009a

北地区の真ん中辺りには「キツネ」がいました。一匹だけの様で、寂しそうでした。
 さらに、西には猛獣達がいました。

017a

朝から睡眠中の「アムールトラ」です。眠ってばかりいないで、お客さんに愛想も必要ですよ。

014a

「ライオン」の檻では、メスライオンが何故か短く連続的に吠えていました。
「咳」をしている様な感じです。

018a

一方こちらでは、気持ち良さそうに寝ていました。体がやや小さい様なので、子供でしょうか。奥にも、もう一頭も・・・(オスライオン?)。
近くの檻には、「ヒョウ」や「ジャガー」などもいましたが、写真が上手く撮れなかったです。

園内散策も少し疲れて来ました。
この後は、南地区が残っています。続きは次回に。




 

« 京都市動物園に行く その1 | トップページ | 華麗なベゴニアの花達 »

地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/64303252

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市動物園に行く その2:

« 京都市動物園に行く その1 | トップページ | 華麗なベゴニアの花達 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き