« 歴史と自然を満喫の旅2015( 安野光雄美術館 )          | トップページ | 華麗で可憐な「シャクナゲ」の花 »

2016年4月29日 (金)

歴史と自然を満喫の旅2015(SL山口号)

 「津和野での奇跡」とは、実はこれなのです。
 「安野光雄美術館」から津和野駅に向かっている時に微かに聞こえた「ポーッ」
大急ぎで駅に向かいました。
大勢の撮り鉄さんの姿です
運よく(SL山口号)がホームに入ってくるところでした。


049

入ってきました。
駅員さんに許可を得て、大急ぎで向かい側のプラットホームに向かいます。


050

「貴婦人」の愛称で呼ばれる「C57形」SLです。
新山口~津和野間を約2時間掛けて走ります。
レトロな客車5両を牽引し、急勾配の山岳路線を走ります。

よくこれだけ大勢の人が乗っておられたなあと吃驚するくらいの人達。
勿論、子供もいますが足の不自由な人も・・・


051

昭和54年(1979)に復活しました。
3月下旬~11月下旬の土・日・祝に運行、1日1往復します。
全席座席指定となっています。


053

山越えをして、暫し休息です。その後は、駅舎近くの「転車台」で車両の向きを変え、帰りの準備に入ります。

067

帰路に備えて待機中の客車達です。帰りは津和野発 15時20分です。

今回の旅は感動の場面が多く思い出に残るものとなりました。
次は何処を・・・と思っていますが、旅は計画から始まると言われます。
観光地図を眺めるのも楽しみです。

« 歴史と自然を満喫の旅2015( 安野光雄美術館 )          | トップページ | 華麗で可憐な「シャクナゲ」の花 »

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/60238427

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史と自然を満喫の旅2015(SL山口号):

« 歴史と自然を満喫の旅2015( 安野光雄美術館 )          | トップページ | 華麗で可憐な「シャクナゲ」の花 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き