« 京都御苑の赤・ピンク・白色の桃の花 | トップページ | 京都府立植物園 春の花達 »

2016年4月 1日 (金)

京都府立植物園の「桜見本園」の桜たち その1

 京都御苑で糸桜など季節の花を愛でた後は、京都府立植物園へ行き、北山門を入って、直ぐ右側にある「桜見本園」の桜たちを見ました。
ここには、サトザクラを中心に、60品種・70本の桜が植えられています。サトザクラとは、ヤマザクラと違って、人里近くに咲く桜の呼称です。
 3月26日の午後時点で、開花し5分咲き以上の桜を選んで撮りました。

036a

先ず目に付いたのが、この桜でした。「啓翁桜」と言います。
シナミザクラの台木にコヒガンを接木したもので、手掛けられた「吉永啓太郎」氏に因んだ名前だそうです。割合背の高い木です。

035a

近寄って見ると、こんな花です。

049a

次も割合背が高い木ですが、「越の彼岸桜」と言います。
キンキマメザクラとエドヒガンの種間雑種だそうです。

040a

近寄って見ると、こんな様子です。

044a

名は体を表すと言いますが、「陽光」です。
アマギヨシノとヒカンザクラの交配によって生まれたものです。

053a

割合に大きな木です。「シナオウトウ×ソメイヨシノ」の表示板が掛けられていましたが、特に名前は書かれていませんでした。

052a

近くで見ると、割合大きな花でした。

最後は、

061a

「天城吉野」と言います。オオシマザクラ×エドヒガンの交配種です。

 これからも、適時に覗いて見て、ご紹介したいと思います。





« 京都御苑の赤・ピンク・白色の桃の花 | トップページ | 京都府立植物園 春の花達 »

2016 京都の桜」カテゴリの記事

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/64688907

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園の「桜見本園」の桜たち その1:

« 京都御苑の赤・ピンク・白色の桃の花 | トップページ | 京都府立植物園 春の花達 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き