« 京都府立植物園で「サトザクラ展」を見る | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2015( 安野光雄美術館 )          »

2016年4月27日 (水)

新緑の「宝ケ池公園」を歩く

 久し振りに、「宝ケ池公園」を訪れ、新緑溢れる池の周りを歩きました。
 地下鉄烏丸線の北の終点「国際会館前駅」から歩いて直ぐのところです。
 そんな場所に、静かな雰囲気の散策路があるなんて信じられない感じがします。池の周りは、ジョギングも出来ますので、結構走っている人も見られました。

001a

歩き始めて直ぐに、こんな風景に出合うことが出来ます。

002a

脇の小道でも、こんな感じです。
ウグイスの鳴き声に耳を傾けながらの散策です。

003a

池への道の途中にある「桜の園」には、名残の桜が見られました。

005a

「宝ケ池富士」(と勝手に付けた名前ですが)の美しい山容が、さざ波立つ池面に映えていました。

 いよいよ、ここから池の周りを歩き始めますが、この景色を眺めながらやや早めのお昼を、持参したお弁当で戴きました。この景色も”おかず”の1つに。

 今回も池の周りを反時計回りで歩きます。

007a

散策道の脇では、ツツジが咲き始めていました。

016a

向こう側の池畔の景色です。東屋には、一人の人影が見られます。

018a

広い休憩スペースがあるこの辺りには、緑の岸辺があり、何時もこの様なアヒルの姿があります。ハトたちとは仲良くか緊張状態か、どうなんでしょうね。

021a

付近には、大きなアシビの木があり、まさに鈴なりの花を咲かせていました。

020a

アヒルたちがいるこの辺りから、遠くを望みますと、こんな風景が見られます。
左手の建物は、「京都国立国際会館」です。そして右手に見えるのは、「比叡山」です。

028a

再び池の周りを歩き始めました。ここでも名残の桜が、大きく枝を伸ばしていました。

027a

貸しボート屋があった向こう岸にも、新緑が溢れていました。

ゆっくりと池の周りを散策して、気分も爽快になり、帰途に着きました。










« 京都府立植物園で「サトザクラ展」を見る | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2015( 安野光雄美術館 )          »

地域」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/65139236

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の「宝ケ池公園」を歩く:

« 京都府立植物園で「サトザクラ展」を見る | トップページ | 歴史と自然を満喫の旅2015( 安野光雄美術館 )          »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き