« 2016京都御所の一般公開に合わせて御苑でも | トップページ | 京都府立植物園の牡丹の花が咲き始めています。 »

2016年4月13日 (水)

京都・二条城の桜 

 京都市内の桜の名所の1つ、「二条城」の桜を見に、4月6日の午前に出掛けました。
 地元新聞の「桜だより」には、今日時点(4月9日)でも「ちらほら」とありながら、ウクライナ大統領と京都市長との出会いの場を二条城にしたり、NHKの春の中継地が二条城だつたりと、不思議な状況に、自分の眼で確かめるしかないと思った次第です。結果は以下にご覧の通りでした。

001a

「南門」(何時も閉まっている)近くの石垣の上に立つ桜です。
右手に見えているのは、「南門」の屋根などです。
桜の木の根っこで、石垣が崩れたりしないのでしょうか。
石垣などの上にある桜は、極めて少ないです。

015a

「西南隅櫓」の近くに来ました。奥の方に白壁が少し見えています。
これが、NHKが朝の中継をしていた桜ではないかと思います。
随分背の高い「紅枝垂れ桜」です。確か13mとか聞きましたが・・・。

017a

「西南隅櫓」の近くから右折して、道は北の方向に進みます。
その道の左手には、紅枝垂れ桜の並木道になっています。

032a

その道の先で振り返って見ると、ここに希少価値の石垣の上の桜が見られました。向こう側の少し高くなったところは、かつてあった「天守閣跡」です。

再び右折し、「北中仕切門」から、「清流園」に来ました。

035a

「清流園」では、9日に「観桜茶会」が開かれていました。
左手奥にちょっぴり屋根が見えていますが、茶室の「香雲亭」です。

044a

園内では、新婚さんの写真撮影が行われていました。

043a_2

 「清流園」(左側)に沿った道は、桜のトンネルでした。
外国観光客の多さに驚きです。

046a

この一帯は「緑の園」と言われる場所です。今は満開の桜の競演です。
真ん中奥には、「北大手門」が見えます。

この辺りで、桜たちとはお別れですが、「ちらほら」はどうなったのか? 私が見た範囲では、全く見当たりませんでした。未だ満開までには達していない木はありましたが・・・。





 

« 2016京都御所の一般公開に合わせて御苑でも | トップページ | 京都府立植物園の牡丹の花が咲き始めています。 »

2016 京都の桜」カテゴリの記事

地域歴史」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/64888680

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・二条城の桜 :

« 2016京都御所の一般公開に合わせて御苑でも | トップページ | 京都府立植物園の牡丹の花が咲き始めています。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き