« 京都府立植物園の牡丹の花が咲き始めています。 | トップページ | 満開の桜を愛でる »

2016年4月14日 (木)

京都「天神さん」にも桜の花が咲いていました

 桜の花が咲いている事は知っていましたが、この季節は天神さんを通り過ぎて平野神社にお花見に行っています。
今年は何となく境内を散策してみました。

026

清純な花色に引き寄せられるように、傍に行ってみるとこのように初々しい八重の桜です。

027

名前は解りませんが、存在感があります。

028

この桜は、写真はイマイチですが、「北野桜」と命名された花が白色から桃色へ変わる珍しい品種で、新品種の可能性が高いそうです。
偶然ですが、天神さんに行った日の翌日の京都新聞に、紹介されていた桜です。
 高さ8mと言う高い木で、推定で樹齢120年、4月中旬に花を付けているとの事です。
天神さんは、梅の名所として余りにも有名ですが、昔は桜の名所でもあったそうです。境内の御土居にも、桜が植わっていたとか。

081

次は枝垂れ桜のお亀桜で有名な、「千本釈迦堂」です。
枝垂れ桜はもう既に散っていましたが、本堂の傍に八重の桜が可憐な花を付けていました。

078

匂うような花色です。

088

一輪だけですが、緑色の「御衣黄」が花を付けていました。


057

最後は、遅咲きの桜も愉しめる「平野神社」です。
この紅枝垂れ桜に惹かれて、例年多くの観光客が来られます。

060

遅咲きの桜も多く育てておられますが、その一つ「衣笠」
           開花期 4月中旬 平野神社原木の桜

067

汚れた花びらが目立ちますが、「白雲(しらくも)櫻」
  開花期 4月上旬
  現在の木は百年余の古木であり、美麗で斎庭に相応しい花である。

070

      「御車返(みくるまかえ)し」
               開花期 4月中旬
               大輪で一重と八重の花をつける
見車返し」の名前の桜は京都御苑にも咲いていて、由緒の有る桜ですが、
こちらは一重ですね。

073

花びらは一重で、白い清楚な「白雪」 開花期 4月中旬

077

京都御所にも咲いていた「右近の桜 と 左近の橘
」です。
橘はオレンジ色の可愛い実を付けていました。

076

その左近の桜です。
多くの方がカメラを向けておられます。
 天神さんから千本釈迦堂、そして平野神社と駆け足のお花見でした。
             (撮影 4月8日)











« 京都府立植物園の牡丹の花が咲き始めています。 | トップページ | 満開の桜を愛でる »

2016 京都の桜」カテゴリの記事

亰の寺」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/64887911

この記事へのトラックバック一覧です: 京都「天神さん」にも桜の花が咲いていました:

« 京都府立植物園の牡丹の花が咲き始めています。 | トップページ | 満開の桜を愛でる »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き