« 歴史と自然を満喫の旅2015(津和野町-2) | トップページ | 京都府立植物園の「シャクナゲ」が見頃に »

2016年4月20日 (水)

「雨宝院」・「千本釈迦堂」の遅咲きの桜

  ソメイヨシノの散る様は”散り桜”のはかなさを思わせてくれます。
 今、各桜の名所では遅咲きの桜を楽しむことが出来ます。
 今回は西陣の桜の隠れ名所?「雨宝院」と「千本釈迦堂」をご紹介します。

まず、”御衣黄桜”で有名な「雨宝院」です。


003

狭い境内には空を覆うように  ”歓 喜 桜”

009

                   ”観 音 桜”

012

        そして    ”松 月 桜” が狭い境内で桜の競演です。

更には他府県からも、わざわざ愛でる為に来られる


015


017

              ”御 衣 黄 桜” です。

次は同じく西陣の”阿亀桜”で有名な「千本釈迦堂」ですが、こちらには

030

           八重の”普賢象ざくら”が満開に咲いています。

この桜は「室町時代から知られている有名な桜で、花の中から二つの変わり葉が出ていて、それが普賢菩薩の乗った象の鼻に似ているところから、この名が付けられたという。」  (説明札)より

031

アップで撮ると確かに花の中に緑色の葉っぱらしきものが見えますね。

 そして、「雨宝院」にも咲いていた”御衣黄桜”です。

034

花芯は花色に近い白と言えるのでしょうか?

037

こちらは淡くて落ち着いたピンクです。えんじ色とも言えますね。

因みに”御衣黄桜”の名前の由来は貴族の衣服のもえぎ色に近いため、と言われています。
 今回は訪れていませんが、「平野神社」にも”御衣黄桜"咲いていますが、
花姿は千本釈迦堂に似ていると思います。



 

« 歴史と自然を満喫の旅2015(津和野町-2) | トップページ | 京都府立植物園の「シャクナゲ」が見頃に »

2016 京都の桜」カテゴリの記事

亰の寺」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/64954763

この記事へのトラックバック一覧です: 「雨宝院」・「千本釈迦堂」の遅咲きの桜:

« 歴史と自然を満喫の旅2015(津和野町-2) | トップページ | 京都府立植物園の「シャクナゲ」が見頃に »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き