« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

京都御苑の赤・ピンク・白色の桃の花

 前回は、主に旧近衛邸に咲いている風情の有る枝垂れ桜(糸桜)をご紹介しましたが、今回は枝垂れ桜を心ゆくまで愛でた後に訪れた桃苑の可憐な桃の花をご紹介します。

009


背景は、「京都御所」を取り囲む築地塀の西北角の部分になります。

008


010


004

多くの方々がカメラに収めておられます。
勿論、日本人以外の方も・・・・


012

            純白の花

001

               赤い花

002

          優しいピンクの花

次は近くに咲いていた、木蓮の花です。


006

↑と↓をご覧ください。
光の当たり具合でこんなにも色がこんなに違うのでしょうか?


005

 植物、特に花はパソコンに取り込んでから発見?が有ります。
もしかしたら、カメラの操作が下手なのかも知れませんが。
 
京都御苑で季節の花を充分愛で満足した後は、京都府立植物園へ向かいます。

2016年3月29日 (火)

京都御苑の旧近衛邸の糸桜ほか

 京都御苑内の桜の中でも、最も早く咲く「旧近衛邸」の枝垂れ桜(通称・糸桜)を、3月26日の午前に見て来ました。
 外国からの観光客も含め、皆さん良くご存じと見えて、沢山の人々が来られていました。

008a

「旧近衛邸」跡の、午前10時過ぎの様子です。国際色豊かな人々の集まりでした。右手には「近衛池」があります。

009a

桜は古木と見えて、枝には支えがしてありました。

010a

枝は大きく、池面にも伸びています。

013a

また、枝は上の方にも広がっています。

017a

近寄って見ました。

021a

「旧近衛邸」の近く(西側)にも、この様な枝垂れ桜の古木があります。
「糸桜」と見劣りしない位の立派な木です。

025a

地に着かんばかりの枝垂れぶりです。

005a

「旧近衛邸」に入る道脇にも、満開に近い桜の大木があります。

002a

「京都御苑」の北側には、同志社大学に囲まれて、「冷泉家」の邸宅があり、1本の大きな桜の木が見られます。こちらの門は、勝手口になります。

 「京都御苑」では、早咲きの桜の他に、やや遅れて咲いている「桃」の木や「コブシ」や「モクレン」なども満開でした。









2016年3月27日 (日)

3月25日 京都 平野神社「枝垂れ桜 等」

  3月25日は、天神さんの縁日でした。
 当日は寒の戻りで風が冷たく、お昼一番にお参りしましたが、縁日にも何時もの賑わいは無く、唯、英語圏と思われる方達が目立ちました。
  彼らは着物や骨とう品、陶器や人形などに興味が有るように思われました。
買われたのでしょうかね?

天神さんを素通りして、平野神社に向かいました。


001

京都に春を告げると言われている有名な満開の「魁」です。
樹齢はどれくらいか?随分の年齢に思われますが、今年も綺麗に咲いてくれています。


002

アジア圏の若人が桜を入れてお互いに撮りあっていますが、枝の下を行ったり来たり、花を持ったりと花びらの散るのには無頓着です。
それを見ていた日本人の女性が我が子に「桜には触ったら花びらが落ちるからダメや」とテレビで言ってたね。
日本語は通じないでしょうね。

004


009


007


次は少し離れた場所に咲いていたその名も花色に相応しい「陽光」です。

014


017

「開花期 三月下旬  花は大輪で色が濃く一重咲き」と説明されていました。

010


012

狭い所で順番に撮っていたのですが、自分の番が回ってきて夢中?で
撮っていて、少し離れた所で静かに待っておられた方達に気づかず
「あ、すみません」に「no problem」(気づかいなく 問題無し)と笑顔で。
反省しながらも爽やかな気分で帰宅しました。




2016年3月25日 (金)

京都 立本寺の枝垂れ桜

 京都も23日に「桜の開花」が出されました。
 ご存知のように京都の桜の標本木は二条城のソメイヨシノです。
 同じ日の夕刻、偶然、立本寺の前を通りかかって、境内に1本の枝垂れ桜が花を咲かせているのを見つけ、大喜びです。
 しかも人の姿は有りません。


124

こちらにはもう1本の紅枝垂れ桜と、境内に咲く、見事なソメイヨシノなど数多くの桜の競演を楽しむことが出来ます。

136

五分咲きと言ったところでしょうか?
それでも枝垂れ桜の、独特の流れるような様子に風情が感じられます。


125


135


134


132

風にフラフラ?ゆらゆら?、カメラを風に逆らわないで向けています。

130


140

4時半近くになり太陽は西に沈みかけてきました。
逆光が光と影を作っています。
 桜だけではありませんが、花を愛でる・撮るタイミングは難しいですが、
「偶然」の喜びも有ります。

2016年3月23日 (水)

ぽかぽか陽気に誘われて・・

 3月17日の天気予報では4月中旬の気温とのこと。
 ぽかぽか陽気に誘われて、「もしかしたら、桜の花は・・?」と淡い期待も有って、カメラを持って出かけました。

 まずは、梅の満開も過ぎ散り始めた北野天神さんです。

001

満開の紅梅の下を息子さんご夫婦?娘さんのご夫婦?とに連れられてお幸せなご老人です。
 本来の目的の平野神社に向かいます。京都に春を告げると言われる桜「魁」の様子を見る為でしたが、念ながら、しっかりした蕾です。


010_2

散り椿で有名な「地蔵院(通称)椿寺」です。有名な散り椿は蕾も有りましたが、淡いピンクの優しい花が沢山ついていました。

012

この日は、「洛陽観音霊場第三十番 十一面観音菩薩」の御開帳で、境内にはお経を唱える厳かな声が聞こえていました。

004

お経を心静かに聞かせて戴いて、何だか心が洗われたような気分になり、丁寧にお参りさせて戴いて、立ち去りました。

その帰途で見つけた或るお宅の見事な椿です。


002


005


007


003


008

散策の途中で花に出逢える幸せは、何物にも代えられません。

2016年3月21日 (月)

歴史と自然を満喫の旅2015(津和野町-1)

 前回の続きです。
3日目(最終日)は、島根県津和野町を訪れました。ここも初めてではないのですが、うんと昔のことで僅かな記憶しかありません。
 津和野へは、湯田温泉からJR山口線の特急に乗って行きました。
 3度目の中国山地越えとなります。そして、ここでは奇跡?が起りました。何れ後程に。
 私は旅先では、必ず駅近くにある「観光案内所」に、先ず飛び込みます。今回も飛び込みました。そして、そこで教えられたのが「鯉の米屋」さんでした。

004a

自由に見せて戴けるとのことで、お断りをして奥の庭に入らせて戴きました。

003a

拝見して、びっくり!狭い池に数百匹の鯉が・・・。
後程にも登場しますが、津和野と鯉は深い縁に結ばれているのでしょうか。

地図を片手に、「本町通り」から歩き始めました。
この町並みは、実は「重伝建保存地区」なんです。

024a

「本町通り」の町並みです。向こう側から歩き始めています。
手前右側にも見えていますが、ここだけで3軒もの造り酒屋がありました。
それも道の右側ばかりに。左手前は、呉服屋さんです。

007a

先日発表された「日本遺産」に、この町が選ばれました。
絵は「鷺舞」です。国の重要無形民俗文化財に指定されています。京都でもお馴染みのものです。祇園祭の「花笠巡行」にも登場します。

012a

「葛飾北斎美術館」です。

019a_2

造り酒屋の1つです。

029a

個々の建物には、殆ど説明板などが見当たりませんでした。
このお宅も、どんな歴史があるのか全く判りませんが、立派な建物です。
「本町通り」もこの辺りが境で、次は「殿町」に移ります。

032a

その辺りの横町です。向こうに見えるのは「新町」です。

 次は「殿町」を歩きます。

2016年3月20日 (日)

歴史と自然を満喫の旅2015(SL山口号)

 「津和野での奇跡」とは、実はこれなのです。
 「安野光雄美術館」から津和野駅に向かっている時に微かに聞こえた「ポーッ」
大急ぎで駅に向かいました。
大勢の撮り鉄さんの姿です
運よく(SL山口号)がホームに入ってくるところでした。


049

入ってきました。
駅員さんに許可を得て、大急ぎで向かい側のプラットホームに向かいます。


050

「貴婦人」の愛称で呼ばれる「C57形」SLです。
新山口~津和野間を約2時間掛けて走ります。
レトロな客車5両を牽引し、急勾配の山岳路線を走ります。

よくこれだけ大勢の人が乗っておられたなあと吃驚するくらいの人達。
勿論、子供もいますが足の不自由な人も・・・


051

昭和54年(1979)に復活しました。
3月下旬~11月下旬の土・日・祝に運行、1日1往復します。
全席座席指定となっています。


053

山越えをして、暫し休息です。その後は、駅舎近くの「転車台」で車両の向きを変え、帰りの準備に入ります。

067

帰路に備えて待機中の客車達です。帰りは津和野発 15時20分です。

今回の旅は感動の場面が多く思い出に残るものとなりました。
今年の秋は何処を・・・と思っていますが、旅は計画から始まると言われます。
観光地図を眺めるのも楽しみです。

2016年3月19日 (土)

歴史と自然を満喫の旅2015(秋芳洞・秋吉台)

 前回の続きです。
2日目は、自然を満喫する日で、「秋芳洞」と「秋吉台」に向かいました。
 宿の「湯田温泉」から、JRバスで約45分間で、「秋芳洞」バスセンターに着きました。
 今回の旅は、JRの「周遊券」を使いましたが、新大阪から山口や島根の一部は特急も含めて乗り降り自由(勿論バスも)です。一人 2万2千円でした。
 先ず「秋芳洞」から。「あきよしどう」と言うのですね。「しゅうほうどう」かと思っていました。実は、ここは2回目なんですが入口までの印象が全く違っていました。バス停から入口まで結構あり、道の両側のお土産店の多いことも。

001a

入口の傍に建つ石碑ですが、左手の文字に興味を持ちました。
「秋芳洞」の命名は、昭和天皇が大正15年の皇太子時代に、ここをご覧になり付けられたそうです。左手の文字はそれ以前のものかと想像します。
「瀧穴」とは、それまでの土地の人が上手く付けられたものだと感心しました。
国の特別天然記念物に指定されています。

003a

ここが洞の入口です。
歩道の下では、洞内からの水が勢い良く流れていました。

035a

洞内から入口の外を見ています。

015a

有名な「百枚皿」です。
コデジで撮っているのですが、近くの景色しか照明が届きませんでした。

019a


「洞内富士」は、洞内最大の石筍です。
天井から流れ出る水から沈積した石灰分が、幾らかの土を混えて下から段々と出来上がったものだそうです。

022a

 「大松茸」とありますが、私は巨大なカボチャの様に見えました。

027a

 最後にご紹介しますのは、こちらも超有名な「黄金柱」です。
柱の高さは 15m 幅は 4mもある巨大な石灰華柱です。
何万年もの長い年月をかけて築き挙げられたものだそうです。

 ここで「秋芳洞」について、簡単にご紹介しましょう。
 次にご紹介する「秋吉台」の地下約100mに広がる鍾乳洞で、天井の高さは最大で30m以上あり、国内最大規模を誇ります。
 総延長は8.9Kmもあり、その内の約1Kmが公開されています。

 次は、「秋吉台」です。日本の最大級のカルスト台地です。
 国定公園であり、国指定・特別天然記念物でもあります。

036a

 展望台から見た台地のほぼ全景です。
良く例えで、草原にいる羊の群れと言われますが、まさにそんな光景でした。

040a

近寄って見ますと、こんな様子でした。

 「秋吉台」についても。
 雄大な景観をつくっているのは、石灰岩です。およそ3億5千年前に、南方の海でサンゴ礁として誕生し、それから長い月日を経て、現在の様なカルスト台地を形成しました。

 

2016年3月17日 (木)

今年も早春の草花展が始まりました その2

 前回 その1の続きです。 
今年のテーマ「春の香り」に包まれた温室内を、ゆっくりと散策しています。

026a_2

特設温室の窓から、外を眺めています。
外に広がっているのが、大芝生地です。未だこの季節は人影も疎らですが、芝生が青さを増して来ると、大勢の人の寛ぐ姿が見られます。

027a

爽やかな香り、花色共に癒されます。

028a

こちらも、爽やかな香りが漂っています。

029a

黄色いパンジーです。甘い香りがしました。

030a

一区画の左側のほぼ全貌です。まさに早春の草花のオンパレードです。

031a

ツートンカラーのクローバーです。

032a

ムスカリは、やや濃厚な香りを感じました。

 漸く半分位は進んだでしょうか。

2016年3月15日 (火)

3月12日の京都府立植物園 早咲きの桜たち 

 3月12日は風は強く冷たかったものの、時々晴れ間も有り、まずまずの好天気でした。
 植物園へ行った目的は「早春の草花展「です。
 展示されている(植えられている)花の入れ替えの様子を見る為でした。
 想像していた通り、新しい花達を見ることが出来て、満足でした。

 そして、園内の二か所で一足早くほゞ満開に咲いていたのは、


089


027

           「オカメザクラ」てした。

気を好くして、「早咲の桜」を探して園内を散策します。


087


085


088

       お馴染「ヒガンザクラ」です。
花姿は優しく、花色も爽やかですが、新芽のやわらかそうで新鮮さにも目を奪われました。


094


097

     こちらもお馴染「カンヒザクラ」(寒緋桜)です
花姿が面白いですね
開花時も花は半開きで花は釣鐘型。
「河津桜」や「寒桜」等が桜の親になっているとの事です。


037


036

         「カラミ桜」です。
花色は白ですが、蕾はピンク色です。


106


104

               「 椿 寒 桜 」
「カンヒザクラとカラミザクラの種間雑種。
愛媛県椿宮に原木」と 説明されていました。

 どの桜もボケていますが、これは「風のせいだ」と・・・・・。

他にも広い桜苑には多くの花が咲き始めていました。
これからが愉しみです。

2016年3月13日 (日)

『千両ヶ辻 雛祭り展』の賑わい その2 「建築事務所 もえぎ設計」

「大宮庵」で京町家を拝見した後は、何となく散策していてこちら「建築事務所 もえぎ設計」を見つけ、声を掛けさせて戴いて拝見しました。

030


015


029

「西陣の歴史に生まれた京町家を受け継ぐ」をコンセプトにして
1946年にリフォームして開院された吉田醫院。
その想いを受け継いだ現在の「もえぎ設計」です。


020


027


014

そんな京町家をひと際明るく照らしているような雛飾りです。
来られた方はお座布団に座って五段飾りをご覧になっていました。


019

こちらの五段飾りも昭和初期のものとのことでした。

毎年、どこかの雛飾りを拝見していますが、そしてそれらは代々引き継がれているお家の歴史を物語るものですが、大切に保存して、毎年お飾りをされていることに感動します。

2016年3月11日 (金)

『千両ヶ辻 雛祭り展』の賑わい その1 「大宮庵」

 秋分の日に毎年開催の「西陣・千両ヶ辻伝統文化祭」の賑わいを再びと言うことから、第1回『千両ヶ辻 雛祭り展』が開催されました。
    
    平成28年3月3日(木)〜3月6日(日) 午前10時〜午後4時30分

各家秘蔵のひな人形や、ひな飾り等を展示・公開。それぞれの町家での展示のみならず、生糸問屋の土蔵の一室を「パブリックスペース」として各家のおひな様を持ち寄り展示してありました。又、和装品の特別販売や、飲食店や茶房の出店も有り、最終日の6日に行きましたが、多くの観光客で賑わっていました。

012

千両が辻には、有名な西陣暮らしの美術館「富田屋」や、

013

主に西陣の風景を撮っておられる、水野克比古氏の「町家写真館」など、築100年以上が建ち並びます。
 その一角にある、「大宮庵」とその2では「建築事務所 もえぎ設計」をご紹介します。


011

「大宮庵」です。こちらでは、明治20年築の西陣の商家を、ていねいな説明を聞きながら見学できる、手間ひまかけて作られた昔の住まいの魅力を体感できます。

006


008


009

こちらでは、懐かしい思いでご覧になられる方も多いと思います。

003

そんな町家の奥座敷に飾られていましたが、
禁撮影も有り、撮れたのはこの雛飾りだけです。

001

こちらの方の説明によると、昭和初期のものだそうです。
 
次回はもう一か所やはり築100年以上の亰町家を部分的にリフォームして使っておられる、「建築事務所 もえぎ設計」をご紹介します。



2016年3月 9日 (水)

3月4日の天神さんの梅の花

 3日に天神さんにお参りした時に、赤・白梅の綺麗さに感動?して、翌日再び訪れました。

カメラを通して見たら、裸眼では気づかなかった花色の変化(衰え?)が解ります。
花の命は短くて・・・に納得です。


025

どれも平凡なアングルになりましたが・・・・

004


016


006


010


024


019

関東地方から来られている方が多いらしく(言葉遣いから)、「梅林に入らなくても境内だけで充分ね」
 今年は境内の一部(梅の種類も多く特に綺麗な場所)を幕で区切り、梅林に入園した方だけしか入れません。
境内だけで充分・・の声を天神さんの方達が聞かれたら、一般の者が散策できる範囲がもっと狭くなるかも知れませんね。

2016年3月 7日 (月)

歴史と自然を満喫の旅2015(萩市内-2)

 「萩城跡」を見た後は、付近の武家屋敷跡などを見て回りました。
 武家屋敷跡は、実は「伝重建群指定」にもなっています。
 先ず始めに、城跡に最も近い所にある、「旧厚狭(あさ)毛利家萩屋敷長屋」を見ました。

024a

その入口と外側の外観です。全長は 51.5mもある長大な長屋です。

022a

中に入って見ました。向こう側が入口になります。
内部は、東・中・西の3つのブロックからなり、部屋数は合計 19もあります。
各座敷は、厚狭毛利家の家臣達の詰所になっていた様です。
厚狭毛利家は、元就の五男・元秋が始祖で、毛利家の一門です。
領地は、厚狭(山口県山陽小野田市)にありました。

武家屋敷の跡地を訪ねて歩きました。

032a

有名な「堀内鍵曲」(ほりうち・かいまがり)です。「堀」とはお城の外堀のことです。敵の侵入に備えて、道を鍵の手の様に曲げ、左右を高い土塀で囲んで見通しを悪くした道のことを言います。
塀越しには、名物の夏みかんが見られます。

026a

「伝重建地区」では、あちこちでこの様な風景が見られました。
左手前に見えるのは、↓の門です。

027a

「旧毛利家別邸」の正門です。

029a

両側には長々と続く土塀の道です。人影も無く、静かな佇まいの道でした。
右手端に少しだけ見える板張りの建物は、「萩高校」です。ですから、その先に続く土塀は高校の一部かも知れません。中を覗き見ることは出来ません。

033a

この辺りも「伝重建地区」の一角です。
兎に角、門と土塀の連続でした。そんな中に比較的身分の高い武士達の住まいがあった様です。

続いて、「城下町」の方に行って見ました。武家と町人が住む区域は、明確に別れている様でした。

041a

城下町の中でも、メインの場所です。「御成道」(呉服町1丁目)です。

034a

その中で代表的な建物は、この「菊屋家住宅」です。公開されていましたが、時間の都合で拝見出来ませんでした。
萩藩の御用達を務めた豪商でした。敷地は、約2千坪もあるとか。

035a

その横町も、中々の見ものでした。「菊屋横町」と言います。「日本の道百選」でもあります。

036a

向かい側にある「旧久保田家住宅」です。
江戸後期に、呉服商を営み、後に酒造業に転身したそうです。
驚く程広い間口です。

046a

町民にお触れを知らせるための「高札場」が、復元されていました。
右手前に見える「萩往還」とは、萩と山口とを結ぶ街道のことです。
幕末には、長州藩は本拠を萩から山口に移しています。幕府の許可も得ずに。幕府の力が落ちていたのでしょう。ドラマでも、ヒロインのお文が山口に行ったりしています。山越えになります。JRでも特急で約1時間は掛りました。

047a

市内を循環する「まあ-るバス」です。東周りの「松陰先生」と、西周りの「晋作
くん」の2系統がありました。1回100円です。一度だけ「晋作くん」に乗りました。
「花燃ゆ」の舞台の1つ、「松下村塾」などは、萩市内の東にあり、松本川を越えて行くことになりますが、今回はそちらの方には行きませんでした。
地図を見ると、お城からは随分離れた所だったことが判ります。

「萩市内」の観光を終えて、今回の旅の拠点とた「湯田温泉」(山口市内)に向かいました。
JRバスだと、萩からは約1時間半の山越えとなります。
昔の人達は、ただ只管に歩いたことでしょう。














2016年3月 5日 (土)

歴史と自然を満喫の旅2015(萩市内ー1)

 今年(2015年)も「歴史と自然を満喫の旅」に出掛けました。
 1日目が萩市(歴史) 2日目は秋芳洞など(自然) 3日目は津和野町(歴史)で、5/21~5/23の2泊3日の旅でした。
 では、順を追ってご紹介して行きます。
 1日目は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」にあやかった訳ではないのですが、萩城跡・武家屋敷跡・城下町を訪ねました。「花燃ゆ」ブームかと思いきや、意外と観光客も少なく、静かに散策出来ました。

004a

城跡に架かる「指月小橋」を渡って、直ぐに目に入る景色です。
城は、後ろに見える「指月山」143m山頂の山城と、その麓の平城とを合わせた「平山城」です。「指月城」とも呼ばれました。城跡は今は「指月公園」となっています。見えている堀は「内堀」の一部です。
豪壮な石垣では無く、女性的な感じすらする城壁でした。
徳川幕府に対する遠慮からでしょうか。
長州藩の苦しい立場を表わしているのでしょうか。

006a

正面には「本丸門」がありました。

007a

左手先は、「天守閣跡」です。石垣はそれ程高いものではありません。

010a

解体前の「天守閣」の様子です。

009a

「天守閣」への石段です。右手の石垣の石は自然石の様です。

012a

静かな「内堀」の景観です。

002a

「指月小橋」の上から見た景色です。向こうは海です。
城跡は、左側になります。「内堀」と海とは繋がってはいません。

014a

城跡の本丸跡近くには、「花江茶亭」(はなのちゃてい)がありました。
藩主の別邸にあった茶室を明治20年頃に移築されたものです。
幕末には、13代藩主・毛利敬親(ドラマでは北大路欣也さんが演じています)が、家臣たちと茶事に託して時勢を論じ、国事を画策したと言われています。

019a

「二の丸南門」近くには、この城を築いた「毛利輝元」の像がありました。
台石には、余計なものが写っていますが・・・。

020a

ここが「二の丸南門」かと思われます。
「虎口」状になっていました。
幕末、倒幕の先頭に立った長州藩の過激さは、全く感じられませんでした。
実際には、幕末には本拠を山口に移しましたから、ここでは静かに維新を迎えたのかも知れません。

 この後は、城跡の周辺の武家屋敷跡や城下町を訪ねて歩きました。
(お気づきのように、この記事は昨年旅行した時のものです)

2016年3月 3日 (木)

京都御苑と植物園の梅の花

 2月26日は曇りがちで風も吹いて梅見にはイマイチだったのですが。
やはり開花の様子が気になり、京都御苑と京都府立植物園に出かけました。 
 まず、京都御苑の紅・白の梅です。


011

こちらの木は大きくありませんが、姿に惹かれます。

012

紅梅と白梅のコントラストが綺麗です。

013

こちらで新婚カッブルに出逢うのは珍しいです。

016

紅・白梅が可憐で、風情も感じられます。

019

梅林です。梅の花を求めてカメラを持った人たちの姿が有ります。

023

太い幹に複数の紅梅が咲いています。可憐な花の秘めた逞しさを感じます。

029

風が強くて撮れなかったのですが、何んとか・・・・

 次はこの後、訪れた京都府立植物園です。

039

北山門近くに咲いていた、梅の花です。

037

広くは無いのですが、ピンクと紅と白梅のコントラストが素敵です。

038


何時も「絵になるなあ」と眺めています。

042

手前をラッパ水仙に飾って戴いたのですが、梅の花が少し寂しく見えますね。

 これから日一日と暖かくなり、梅の後は桃、そして桜とお花見に最適な季節がやって来ます。楽しみです。





2016年3月 1日 (火)

2月或る日の京都府立植物園

 京都府立植物園を散策していて、偶然お会いした新婚さんのカップルと植物生態園で見つけた、可憐な早春の草花です(2月12日撮影)。

002

写真を撮らせて戴くことを快く了解して頂いて、幸せのお裾分けを戴いた気分です。

001

植物園ではカップルの姿をよく見かけます。ドレスも良いですが冬の植物園には和装が似合うように思えます。

004

幸せを絵に描いた様な花嫁さん。「末永くお幸せに」と心から願います。

005

季節的には遅かったようですが、福寿草の黄色は幸せを届けてくれます。

009

小さくて俯きかげんのセツブンソウです。
何時撮っても手振れしています。


012

爽やかな若緑の蕗の薹てす。
最近は見かけなくなりましたが、
以前は食卓に早春を届けてくれる食材でも有りました。
 少しほろ苦く、天ぷらや茹でて砂糖を加えた味噌和えも美味しいです。


011

少し汚れていますが、堂々した姿に逞しささえ感じます。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き