« 11月21日・京都府立植物園の紅葉 | トップページ | 久し振りに滋賀県信楽町へ(その3)窯元で昼食 »

2015年11月26日 (木)

久し振りに滋賀県信楽町へ(その2)窯元散策-2

前回 の続きです。
 信楽町内の「窯元散策」を、続けています。「ろくろ坂」から「窯場坂」に入って来ました。この辺りには、沢山の窯場が並んでいました。

030a

今はもう遺跡状態です。

031a

1つの窯の中を覗いて見ましたら、不良品か?幾つかの陶器が残されていました。

035a

バス停の表示を見ますと、焼屋町とか大窯町とかの表示が見られます。
左手に進みます。

037a

少し高い所から町の様子を眺めています。作業場らしい建物が目に付きます。

038a

窯の中で使う、立さやや継さやの説明板です。

039a

立さやが並べられています。

042a

窯場の中を覗かせて戴きました。沢山の薪が積まれていました。
何となく雑然とした感じがしました。ここだけではなく、どこも同じ様に思いました。作業形態からやむを得ないことなんでしょうか。

045a

谷寛窯の「ギャラリー陶ほうざん」の内部の様子です。

047a

最後に、滋賀県指定史跡を、ご紹介します。

049a

金網は鹿や猪などの動物除けだそうです。中には入らずに外から眺めていました。見事に整備し、保存されていました。

 実際に窯に火が入り、陶器が焼かれている現場は見られませんでしたが、登り窯の様子や、窯場の様子などを見ることが出来て良かったと思いました。
 今後、計画的に来れば「窯元散策」のボランティアの説明ツァーもある様なので、機会があればまた訪れたいと思いました。





« 11月21日・京都府立植物園の紅葉 | トップページ | 久し振りに滋賀県信楽町へ(その3)窯元で昼食 »

京都府以外」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/61718273

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに滋賀県信楽町へ(その2)窯元散策-2:

« 11月21日・京都府立植物園の紅葉 | トップページ | 久し振りに滋賀県信楽町へ(その3)窯元で昼食 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き