« 竹あかり作品展 (その2) | トップページ | 8月末の京都府立植物園 »

2015年9月 7日 (月)

世界遺産「下鴨神社」に詣でる

下鴨神社の境内の糺の森で開かれていた「納涼古本まつり」の後は、下鴨神社にお参りしました。このようなことが無いと中々お参りすることが出来ませんので、お参りさせて戴きました。久し振りのことです。

014a

糺の森の奥深くに、お社があります。

017a

楼門前です。
下鴨神社は、正しくは「賀茂御祖神社」(かもみおやじんじゃ)と言います。
誰の親かと言えば、上賀茂神社のご祭神のお母さんとその父(外祖父)です。


018a

楼門をくぐると左手に、目に飛込んで来たのは、この大きな造形物です。
式年遷宮を祝って奉納された「八咫烏」(やたがらす)です。京都造形芸大の創作だそうです。中にはLEDが仕込んであって、夜は光るそうです。
「八咫烏」は、ここのご祭神と関係があります。

026a

カラフルな御神籤が、括り付けられています。
向こうは、楼門の内側です。

025a

井上社(御手洗社)に通じる鳥居です。

024a

ここが「御手洗池」です。湧水だそうです。
ここで、葵祭の斎王代さんが手を浸けたり、7月の土用の丑の日に足つけ神事が行われたりします。
この日は、皆さん冷たい水に足を浸けて、寛いでおられました。

021a

池の水は、この太鼓橋の下をくぐって流れ出ています。

そして、この様な風景となります。

012a

流れる水は大変冷たく、気持ちが良いとのことでした。
子供達も、プールの如く、川の中を走り回っていました。
その横で、古本市が開かれています。
流れは「瀬見の小川」と言います。左手が表参道となります。

久しぶりにお詣りして、清々しい気持ちになり、涼しさのお裾分けも戴いた気分で下鴨神社を後にしました。



« 竹あかり作品展 (その2) | トップページ | 8月末の京都府立植物園 »

地域歴史」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/61279660

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産「下鴨神社」に詣でる:

« 竹あかり作品展 (その2) | トップページ | 8月末の京都府立植物園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き