« さよなら梅小路・閉館特別展へ  頭出し | トップページ | 8月末の京都府立植物園でトウガラシを見る »

2015年9月 1日 (火)

さよなら梅小路・閉館特別展へ  動態保存SL

 扇形車庫での全車頭出しを見た後は、「動態保存SL」を見に行きました。
実は、頭出しを見ている最中にも、もくもくと黒煙が立ち昇ったり、大きく汽笛が聞えたりと、心が急かされていました。
 ここ梅小路蒸気機関車館の特徴は、SLを動かして保存する「動態保存」が見られることです。3両の客車も牽引しています。
 この日は、人気の「義経号」がSLスチーム号として、登場していました。

027a

突然2台のSLが、黒い煙を吐き出し始めました。
懐かしい煙の匂いも嗅ぎました。

009a

お客さんを乗せるために待機中の「義経号」です。
お客さんは、長い列を作って待っておられました。
正式には、7100形7105号機と言います。
1880年(明治13年)製です。ここでの展示は、平成26年4月からです。

014a

いよいよ出発です。往復約400mの旅です。

034a

往復して帰って来たところです。

035a

SLスチーム号は、「義経号」から右手の「8620形86305機」に変わります。

044a

それを、近くの梅小路公園内の線路の近くで見ることが出来ました。
閉館記念のヘッドマークを付けています。

046a

かつて煙を吐きながら疾走していたSLの雄姿を思い起しました。

 来春オープンの「京都鉄道博物館」を心待ちしながら、「梅小路蒸気機関車館」に別れを告げました。





« さよなら梅小路・閉館特別展へ  頭出し | トップページ | 8月末の京都府立植物園でトウガラシを見る »

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/61307221

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら梅小路・閉館特別展へ  動態保存SL:

« さよなら梅小路・閉館特別展へ  頭出し | トップページ | 8月末の京都府立植物園でトウガラシを見る »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き