« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月29日 (火)

京都の魅惑的な地名(9) 本能寺町

 今回の地名も魅惑的とは言い難のですが、歴史上あまりにも有名な「本能寺の変」の舞台となった場所、旧「本能寺町」です。旧と言ったのは、新があるからです。「本能寺の変」とは、言うまでも無いかと思いますが、天正10年(1582)6月2日未明、明智光秀が本能寺に宿泊していた主君・織田信長を襲撃し、信長を自害させた場所です。その折りに本能寺は全焼しています。
 当時本能寺の寺地は、
    油小路通以東  西洞院通以西  六角通以南  錦小路通以北の2町
と言う広大なものだったそうです。京都の方は、お判り戴けるかと思いますが。
 現在、町名としては、 
    本能寺町(六角小川付近) 
    元本能寺町(小川通六角~蛸薬師間) 
    元本能寺町南町(小川通蛸薬師~錦小路通間)  の3つです。

030a

本能小学校が廃校となり、跡地を発掘調査されました結果、ここに本能寺があったことが判りました。「能」の字の瓦が出土しました。「能」の字のつくりが「去」となっていたそうです。ヒヒでは火を連想するからだとか。
この石碑は、油小路通蛸薬師下ル東側にありました。

032a

碑文を拡大しました。もし、ご興味があればお読み願います。

038a

「本能校跡」の石碑です。立派な石碑です。旧校跡にこんな立派な石碑が建てられているのは珍しいことで、あまり例を見ません。旧校舎の一部を再利用されているのかな?。

037a

校舎の跡地には、これだけの建物が建てられています。
右手奥には、↑の石碑の横側が見えます。
自治会館の一部には、「本能寺の変」のことを説明したコーナーもありました。

048a

新しい建物の裏(東北隅)には、古い石碑もありました。

041a

大正4年に建てられたものです。

では最後に、町名の表示を2つ、ご紹介しましょう。

027a

026a

あの有名な「仁丹」のものではないので、比較的新しい表示板です。

不運な最後を迎えた織田信長と、そうせざるを得なかった明智光秀に思いを馳せながら、歩いてみられるのは如何でしょうか。





2015年9月27日 (日)

京都市立芸術大学作品展

 京都市美術館で開催されていた「京都市立芸術大学」の作品展を拝見しました。
 作品展は美術館の本館・別館そして京都市立芸術大学の構内の3カ所で開催されましたが、撮影可能の作品の中から私にも理解?出来たものをご紹介します。

157

 京都市美術館の玄関にはポスターが貼られていますが残念ながら光っていますね。

104

              ”さるかに合戦” 

106

             ”大きな蛤が吐霧”

110

              ”エジプトのザクロ”

112

             ”毒蛇とイチジク” 

114

                ”翡翠と蘭”

119

               ”漆    工” 

129

                 ”木菟と月”

154

                 ”酒   肴”

155

↑と似ていますがね。同じ方の製作ですが、何となく微笑ましく撮ってしまいました。

131

               ”道草辿る”
男性と比較してください。如何に大きな作品であるかお判り頂けると思います。 
この展覧会は昨年の秋に有りましたが、「下書き」で眠っていたのを起きて戴きました(笑い) 
 会場で着物姿の門川京都市長と出会いました。
思わず「 こんにちわ 」と声を掛けましたが市長もニッコリ笑って「こんにちわ」
門川市長はそんな気さくな方です。
 

2015年9月25日 (金)

初秋の嵯峨野-2 (秋いろいろ)

 前回では、ヒガンバナをご紹介しましたが、今回は、秋色が進んでいる嵯峨野をご紹介します。
 何時もの様に、先ず広沢池の様子から。

003a

何時もの如く、静かな佇まいでした。池面は微風にやや揺れていました。
遠くの山容は、愛宕山です。


008a

今年も、池畔のザクロの木には、多くの実が見られました。

027a

北嵯峨田園地帯では、およそ半分程度稲刈りが終わっていました。
撮影した場所では、未だその時期を迎えていない状態です。

047a

田園地帯の北部では、この様な作業が始まっていました。
現在の農作業は、機械化が進んでいて、見た目は楽な様ですが・・・。

036a

コスモスが、未だ殆ど咲いていませんでした。歩いた範囲では、この1か所だけでした。

056a

何時も見ているクリの木は、実が弾け始めていました。
丁度木の下では、クリの実を拾っておられました。

064a

ススキは、未だ赤ちゃん状態でした。

 何時も比較的早く紅葉する「常寂光寺」近くのモミジは、上の方がやや色付き始めた程度でした。今年の紅葉は、果たして美しくなるのでしょうか。ちょっと心配しています。昨年も、その様に思いつつも結果はOKでしたが・・・。





 

2015年9月23日 (水)

初秋の嵯峨野-1 (ヒガンバナ)

 漸く秋めいて来た1日、久し振りに嵯峨野を歩きました(9月20日の午前中)。気持ち良く晴れた青空に、白い雲がぽっかりと浮かんでいました。
爽やかな秋風が、心地良く吹き抜けて行きます。
 そろそろヒガンバナが咲き始めているかなと思い出掛けましたが、勘は的中、ほぼ満開状態でした。

 そして、いきなりの出会いでした。

019a

まさに「花と蝶」でした。ヒガンバナに蝶を惹き付けるものがあるのでしょうか。

022a

ヒガンバナは、固まって咲いている状態が多い様に思います。根っこの関係から、その様になるのでしょうね。

030a

この集団は、未だ咲き始めた状態の様で、つぼみも多く見られました。

039a

北嵯峨田園地帯では、この様に動物除けの電線が張り巡らせてあります。
ただ、注意の表示が少ないのが気になりました。この様な奥地まで人は来ないとの判断からでしょうか。

045a

遠くの森は、大覚寺の大沢池の木々です。

058a

この一帯のヒガンバナは、ちょうど今が盛りの状態で、間もなく色が褪せはじめることでしょう。タイミング良く来れて良かったです。

 次回は、嵯峨野の初秋景色を、ご紹介します。






2015年9月21日 (月)

夏の京 2回目は京都センチュリーホテルで

 今年の「夏の京」のランチの2回目は、京都センチュリーホテルで戴きました。

012

今回は予約せずに行ったのですが、少し待たされただけで、席に案内されました。

001a

トウモロコシのパンナコッタと海老・アボカドのタルタル亰水菜のサラダ

002a

パンは2種類でした。ここでは何時もオリーブ油を付けて戴きます。

003a

ヴィンソワースに浮かべた蛸と空豆 夏向きに、冷たいスープです。004a

鱧のコンフィと万願寺唐辛子パスタ
山科茄子の香りを添えて

005a

 仔牛ロース肉のオイルパス
夏野菜のカボナータ
 中々凝ったお料理でした。
今回は特にすべてが美味しく量もたっぷりで、デザートは頼まないでコーヒーだけゆっくり戴きました。

010a

ランチを戴いた席から、厨房(右手奥)などを見ています。
殆どのお客さんは居なくなり、係りの方達は後片付けをされています。
多分、ケーキバイキングの準備だと思います。








2015年9月19日 (土)

夏のガラス展

 連日35度を超える日の午後、暑さを逃れるように、涼しげなガラスで作られた作品が展示されているのを見て思わず中に入りました。

057

「京都国際工芸センターWAZAGU」と言う、工芸技術、工芸産業に関わる事業・出版・振興・研究 ・展覧会・交流なに活動しておかられる所でした。

043

奥行きの広い店内には色々な作品が展示されていましたが、
今回は涼しさを求めて、ガラス製品だけを撮らせて戴きました。


046

蚊取り線香の台になっているのがユニークでこの季節に相応しいです。

047

作品の展示は作家さん毎にスペースが設けられていて、販売もしています。

054


055


048

展示は背景など工夫されていて其々に異なった雰囲気が感じられました。

尚、作品の展示販売だけでは無く、展覧会場提供や、工芸や伝統文化の講習会、海外からの留学生との交流会の開催など、 教育的な分野でも様々なお手伝いをされているとの事です。

     京都市中京区高倉通三条下ル
     電話番号:075-223-5353
     営業時間:10:00~18:00
     年中無休(※年末年始はお問合せください)

2015年9月17日 (木)

京都府立「陶板名画の庭」

 京都府立陶板名画の庭は、名画の美しさをそのままに再現した丈夫な陶板画を安藤忠雄氏設計の施設に展示するもので、屋外で鑑賞できる世界で初めての絵画庭園です。

022

晴れた日には爽やかな風が心地よく、自然の中を散策しながら名画を鑑賞することが出来ます。

020_2

有名なクロードモネの「睡蓮」が川の中に浮かぶように展示されています。

008

京都府立植物園に隣接している為、絶えることなく静かな水の流れ落ちる様子と共に園内の緑も楽しめます。

陶板画は全部で8点。

002

     レオナルド・ダ・ヴィンチ 「最後の晩餐」

012

         ミケランジェロ 「最後の審判」

このうち「最後の審判」など4点は「1990年国際花と緑の博覧会」に出品されたものです。

015

      「ラ・グランド・ジャット島の日曜日の午後」

017

             「テラスにて」

「テラスにて」など4点はこの施設のために新しく制作されたものです。

これらの陶板画は、堺屋太一氏の発案企画により、ダイコク電機株式会社代表取締役栢森新治氏から京都府に寄贈されたものです。
 入園料は100円ですが、隣の京都府立植物園と共通の場合は50円で入ることが出来ます。

2015年9月15日 (火)

ホテル日航プリンセス京都でランチしました

 この日ランチを戴いた、ホテル日航プリンセス京都は
2014年と2015年にミシュランガイド3パビリオン(黒)を受賞したホテルで、
地下鉄四条駅5番出口から徒歩3分に位置する5つ星ホでテルです。


002

30年位前にランチを戴いたことかが有りますが
全く記憶が無くモダンで明るいロビーに感動しました


001

ランチを戴いた2階の吹き抜けからロビーを見ています。 

003

ランチを戴いた中国料理「翡翠苑」です。
私たちは、幾つかのランチメニューの中から「上海マダム」を選びました。


004

         小さな海鮮サラダ冷菜

006

   海老とアスパラガスの龍井茶炒め

007

       上海蟹小籠包入りスープ

008

             豚 の 角 煮

009

          上 海 焼 き そ ば

010

          デザート二種盛合せ
お値段は忘れましたが、味・量共に満足のいくものでした。

2015年9月13日 (日)

パイプオルガンの演奏を聴く

 久し振りに、京都コンサートホールで「パイプオルガン」の演奏を聴きました。
京都コンサートホールには、日本国内でも有数のパイブオルガンが設置されているのです。
 では、順を追ってご紹介させて戴きます。

065a

京都コンサートホールの外観の一部です。左手の円錐台形の部分の内部は、緩やかなスロープになっています。
終演後に撮影しましたので、皆さんは帰宅方向を向いておられます。

先ず円錐台部分の1階にあるレストランで、ランチを戴きました。

050a

レストランの入口です。

メインのお料理が選べる「贅沢ランチ」にしました。

052a

サラダ仕立ての前菜です。生ハムが美味しかったです。

054a

ジャガイモの冷たいポタージュです。口当たりが爽やかでした。

56a

メインは、車エビのお魚料理を選びました。お肉の料理もありました。
白ワインをグラスで戴きました。
美味しいパンと、最後はコーヒーで、ジ・エンドです。

058a

レストランの内部から、ホールを見ています。
スロープでは、既に長い行列が出来ていました。今日は自由席です。

059a

ホールの1階のエントランスの様子です。
床の模様が、立体的に浮かんで見えます。

062a

京都コンサートホール・大ホールの内部を、舞台の方を見ています。
右奥上方に見えるのが「パイブオルガン」です。そして舞台中央にあるのが演奏台です。
この日の演奏者は、山口 綾規(やまぐち りょうき)さんでした。
演奏曲目は、クラシックからポップスまで幅広い曲目で、全部で9曲でした。
そして、アンコールも1曲。
久し振りのパイプオルガンの音色に酔い痴れたひと時でした。

 最後に、パイプオルガンについて。当日のプログラムから。
○音が出る原理は、笛などの吹奏楽器と同じです。人が笛を吹く様に、送風装置から人工の風が送られ、一旦風箱にためられます。そして鍵盤を押すと、風箱の弁が開き、パイプに風が流れ、音が出ます。
○ここのパイプオルガンは、ドイツ製です。西日本では最大、国内でも最大規模のオルガンだそうです。
○パイプの数は、全部で7,155本もあります。殆どが金属製ですが、中には尺八の音を出すために竹製のパイプも含まれています。
○ここのオルガンは、90もの音色が出せるそうで、90もの異なる楽器がオルガンの中にあり、小さなオーケストラとも呼ばれています。

















2015年9月11日 (金)

ついに三体が揃いました 風神登場

 琳派400年記念企画展覧会「PANTHEON」(パンテオン)ー神々の饗宴」展の、3体目の「風神」が、8月13日より登場しました。場所は、京都府立植物園内観覧温室前の鏡池の中です。既に「雷神」と「フローラ・花の女神」の2体はご紹介済みですが、「風神」はどんな姿で登場するのか、期待を持っていました。
 作品名は「風神の塔」と付けられています。成程、そんな形ですね。

031a

先ずは、真正面から、ご覧戴きましょう。
何やら恐ろしげな感じです。
ヤノベケンジ作・風神の塔です。
風力発電機・アルミニューム・FRP樹脂・鉄・ポンプなどで出来ているそうです。

034a

口からは、風ならぬ水を間欠的に吐き出します。極短時間ですが・・・。

027a

背負っているのは風神らしく白い袋です。しっかりと袋の口を握っています。

041a

これで3体が揃いました。北の方から見ています。

036a

南の方から見ると、こんな様子です。
真ん中の「花の女神のフローラ」のスカートの中が、ちょっと気になって失礼ながら覗いて見ました。今問題視されている盗撮ではありませんが・・・。

037a

池面に映っている様子です。衣服の上からも薄く見えているカラーボールが映っているのですが・・・。

 最後に、「風神の塔」についての説明を、資料からご紹介します。
 賀茂川沿いにある京都府立植物園の植物は、賀茂川から引かれた水によって生育しています。「風神の塔」は、その水を吸い上げ噴き出すことで、水の循環を表わしています。同時に、風の力で回る風車によってエネルギーを生み出すことで、水の起源である雨風をもたらす風神を表現しています。







2015年9月 9日 (水)

8月末の京都府立植物園

 色鮮やかな観賞用のトウガラシを見た後は、近くで花を探してみました。

006

            フィソステギア  シソ科
 品種名 クリスタル ピークホワイト
プロロセレクト(欧州草花新品種審査会)2010年金賞受賞品種


002


004

咲いていた、幾つかの花色の中から2種類を選んでみました。

017

優しい風情の リコリスです

018

二か所に咲いていました。

046

四季彩の丘な咲いていた、秋の七草の1つ・オミナエシです。

020

こちらは植物生態園に咲いていました

047

名残を惜しむように数輪咲いていたモミジアオイです。
四季彩の丘です。

この後、観覧温室の前の鯉池に最近登場した「琳派」400年記念の作品の1つ「風神」を見に行きます。

2015年9月 7日 (月)

世界遺産「下鴨神社」に詣でる

下鴨神社の境内の糺の森で開かれていた「納涼古本まつり」の後は、下鴨神社にお参りしました。このようなことが無いと中々お参りすることが出来ませんので、お参りさせて戴きました。久し振りのことです。

014a

糺の森の奥深くに、お社があります。

017a

楼門前です。
下鴨神社は、正しくは「賀茂御祖神社」(かもみおやじんじゃ)と言います。
誰の親かと言えば、上賀茂神社のご祭神のお母さんとその父(外祖父)です。


018a

楼門をくぐると左手に、目に飛込んで来たのは、この大きな造形物です。
式年遷宮を祝って奉納された「八咫烏」(やたがらす)です。京都造形芸大の創作だそうです。中にはLEDが仕込んであって、夜は光るそうです。
「八咫烏」は、ここのご祭神と関係があります。

026a

カラフルな御神籤が、括り付けられています。
向こうは、楼門の内側です。

025a

井上社(御手洗社)に通じる鳥居です。

024a

ここが「御手洗池」です。湧水だそうです。
ここで、葵祭の斎王代さんが手を浸けたり、7月の土用の丑の日に足つけ神事が行われたりします。
この日は、皆さん冷たい水に足を浸けて、寛いでおられました。

021a

池の水は、この太鼓橋の下をくぐって流れ出ています。

そして、この様な風景となります。

012a

流れる水は大変冷たく、気持ちが良いとのことでした。
子供達も、プールの如く、川の中を走り回っていました。
その横で、古本市が開かれています。
流れは「瀬見の小川」と言います。左手が表参道となります。

久しぶりにお詣りして、清々しい気持ちになり、涼しさのお裾分けも戴いた気分で下鴨神社を後にしました。



2015年9月 5日 (土)

竹あかり作品展 (その2)

その(1)でも幻想的な灯りを楽しんでいただきましたが、その続きです。

019


024


018


025_2


028


026


013_2

8月16日は京都・五山の送り火です。
静かに手を合わせ亡き人をお送りします。


027


029


030

余りにも多くの素晴らしい竹あかり作品を拝見しましたが、すべての作品がご紹介出来かったのが残念です。

2015年9月 3日 (木)

8月末の京都府立植物園でトウガラシを見る

 「植物園でトウガラシを見る」なんて変なタイトルでごめんなさい。
実は、今が最盛期のようです。
「実は」が続きますが、前日29日の地元新聞の「植物園つうしん」にも、「観賞用トウガラシ」として紹介されていたのです。
 では、はじめにそのトウガラシをご紹介します。

044a

ナス科トウガラシ 品種名 ブラックオリーブ と表示にはありました。
オリーブの実 そっくりです。色は黒いですが・・・。
園芸業界で最も権威ある審査会「オール・アメリカ・セレクションズ」で2012年に優良品種として選ばれているそうです。

011a

形はトウガラシらしいですが、鮮やかな黄色です。
ナス科 品種名 花祭り とありました。
花祭りと言えば、こちらの方が相応しい様に思いますが・・・。

042a

色んな色があります。
品種名 ヌーメックスイースター とあります。
こちらは、2014年に優良品種を受賞しているそうです。

015a

上と良く似ていますが、品種名は 五色旭光 です。中国風の命名ですね。
トウガラシの近くには、こんなのがありました。

013a

ナス科 ナス と表示されていて、品種名は 甲子園 とありました。
ピンポン球位の大きさですが、白球をイメージした命名でしょうか。

049a

「四季彩の丘」の近くには、毎年こんなものが見られます。
ヒョウタンや瓜類がぶら下がっています。
左手の気持ち悪そうなのは、ヘビウリです。

まだ本格的とは言い難いですが、結構多くの花達も見られました。
後日ご紹介します。





2015年9月 1日 (火)

さよなら梅小路・閉館特別展へ  動態保存SL

 扇形車庫での全車頭出しを見た後は、「動態保存SL」を見に行きました。
実は、頭出しを見ている最中にも、もくもくと黒煙が立ち昇ったり、大きく汽笛が聞えたりと、心が急かされていました。
 ここ梅小路蒸気機関車館の特徴は、SLを動かして保存する「動態保存」が見られることです。3両の客車も牽引しています。
 この日は、人気の「義経号」がSLスチーム号として、登場していました。

027a

突然2台のSLが、黒い煙を吐き出し始めました。
懐かしい煙の匂いも嗅ぎました。

009a

お客さんを乗せるために待機中の「義経号」です。
お客さんは、長い列を作って待っておられました。
正式には、7100形7105号機と言います。
1880年(明治13年)製です。ここでの展示は、平成26年4月からです。

014a

いよいよ出発です。往復約400mの旅です。

034a

往復して帰って来たところです。

035a

SLスチーム号は、「義経号」から右手の「8620形86305機」に変わります。

044a

それを、近くの梅小路公園内の線路の近くで見ることが出来ました。
閉館記念のヘッドマークを付けています。

046a

かつて煙を吐きながら疾走していたSLの雄姿を思い起しました。

 来春オープンの「京都鉄道博物館」を心待ちしながら、「梅小路蒸気機関車館」に別れを告げました。





« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き