« 夏色 京都府立植物園 | トップページ | 早朝の瑞々しい朝顔 »

2015年8月 8日 (土)

京都の魅惑的な地名(7) 饅頭屋町

 京都市内には、かつて何らかの商売や職人集団が住んでいたことを示す町名がいろいろとありますが、今回ご紹介する「饅頭屋町」も、そんな中の1つです。
 「饅頭」屋と言えば町中のどこにでもありそうに思うのですが、この本の著者・高野澄先生によれば、「饅頭」と付く地名は、ここ京都の「饅頭屋町」と、東京都に「饅頭谷」があるだけだそうです。
 珍しい町名だと言うことで、早速現地に行って来ました。

009a


いきなり地図の登場で恐れ入りますが、この方が場所が良く判って戴けるかと思いましたので・・・。
地図(住宅地図から)の左下の赤線で囲ったところです。
烏丸通の三条通から六角通の間の両側町です。
その饅頭屋「塩瀬」が、この町のどこにあったかは判りません。
「塩瀬」が京都のこの辺りで開業していたのは、室町時代だそうで、江戸時代には江戸に移っていたそうです。
現在は東京で「塩瀬総本家」として営業されていて、立派なHPも開設されています。

 

008a

 町名表示を探しましたが、全く見付かりませんでした。
総てが高いビルに変わっていますから、きっと邪魔だと外して仕舞ったのでしょう。辛うじて見付けたのが、これでした。
しかし、「饅」が「鰻」になっています。無神経さに呆れます。

006a

 

「饅頭屋町」の東側を北から見ています。真ん中の高いビルは、「華道池坊」の本部です。裏側には「六角堂」があります。

 

004a

烏丸通の西側を南から北を見ています。
左手は「ホテルモントレ京都」、その右隣の赤い建物は「みずほ銀行京都中央支店です。その間に字が間違って表示されていた「タイムズ駐車場」があります。右手の先には先日オープンした「NHK京都放送局」があります。

002a

ここが「烏丸三条」です。手前の広い道路が烏丸通、それと交わる道路が三条通です。現在は烏丸通の方が道幅が広いですが、明治までは三条通の方が重要な道路でした。何しろ東海道の西の終点・三条大橋の延長線上ですから。今も三条通には、明治時代に建てられた建物が健在です。
明治時代は、ビジネス・金融の中心地でした。

003a

烏丸三条の東南角には、こんな石碑も残っています。

005a

「ホテルモントレ京都」の正面上には、こんなからくり時計が見られました。
どんな様子に変化するのか、一度見てみたいものです。

 さて、最後に2つ。饅頭屋・塩瀬と烏丸通について。
①饅頭屋・塩瀬家について(高野先生の記述から)
塩瀬家の歴史は、室町時代の初期、京都の禅宗寺院の建仁寺からはじまる。
建仁寺の塔頭両足院の開基・龍山徳見が中国の兜率寺での10年間の修業を終え帰国した。
徳見の俗弟子の林和清は師と共に来日した。和清の子孫の浄因は奈良に居を構え、中国の技法で饅頭をつくり売り出した。
浄因には2人の子供があり、ひとりは奈良で、もうひとりは京都で、それぞれ饅頭を作り売った。
応仁の乱が起こると、京都の林家は親戚がいる三河の塩瀬に逃れ、平和の到来とともに京都に戻り、烏丸三条に定住し、饅頭の製造販売を再開した。この頃から「塩瀬」を名乗っていたようだ。
再開の時期の詳細は不明だが、延徳3年(1491)、室町幕府10代将軍・足利義稙の頃には「饅頭屋四郎」の名で営業していたのが判っている。
(現在京都市内の和菓子屋に「塩○軒」と言う名がありますが、「塩瀬」と何らかの繋がりがあるのでしょうか?)
「塩瀬」と並んで京都での和菓子の老舗「虎屋」は、江戸時代も京都で和菓子屋を営み、明治になって東京に移りました。今も京都にも店はありますが・・・。

②烏丸通について(「京都の大路小路」から抜粋して)
平安京の「烏丸小路」にあたる。当時の道幅は12mあった。

現在は20m級の京都市内の中枢的な幹線道路となっている。
平安京の時代には、天皇家や貴族が集住していたが、応仁の乱で壊滅状態となり、田園風景がひろがっていた。
烏丸小路を再建したのは、豊臣秀吉だった。その後も徳川家康が引き継いだが、江戸時代の烏丸通の道幅は数mだった。
道幅が広がったのは、明治になってから。

 これからも、このシリーズは、ぼちぼちと続けたいと思っております。

 

« 夏色 京都府立植物園 | トップページ | 早朝の瑞々しい朝顔 »

地域歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/60450492

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の魅惑的な地名(7) 饅頭屋町:

« 夏色 京都府立植物園 | トップページ | 早朝の瑞々しい朝顔 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き