« 京都の三社三様の「茅の輪」くぐり | トップページ | 岡山県 真庭市 勝山 「暖簾の町並」 その2 »

2015年7月 2日 (木)

岡山県 真庭市 勝山 「染織工房」

 前回の続きです。 
染織工房は古い町並みが残る、真庭市勝山地区にある『のれんの町』勝山の暖簾(次回にご紹介します)を手がけ、町を美しく彩るのにお手伝いされています。


023

外観は、中の華やかさが信じられない落ち着いた地味な佇まいです。

065

透けて見えるような涼しげな暖簾が揺れていて、一抹の涼を戴いた気分です。

068

太くて決して綺麗とは言えない天井の梁を、優しく彩っているようです。

069

店内には暖簾以外にも手づくりの可愛い小物や人形が展示されています。
勿論、すべて商品です。


070

通りに面した格子戸からの自然の灯りが似合うように思えます。

064

天井の無いむき出しのままの屋根裏と

066

漆喰のなされていない土間に懐かしさを感じました。

 何も買わないのに写真だけ快く撮らせて戴いて、恐縮しながら染織工房を後にしました。

« 京都の三社三様の「茅の輪」くぐり | トップページ | 岡山県 真庭市 勝山 「暖簾の町並」 その2 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
茅の輪くぐり拝見しました
どの茅の輪も立派で感心しました
茅を抜いて持ち帰る人も無く清々しいですね
今年は4カ所の茅の輪をくぐられた古都人さんのご活躍が愉しみです

染織工房の外観も内部も好きです
落ち着いた建物の外観の様子
内部のむき出しのままの屋根
太い梁天窓から漏れる灯り
その中に涼しげに吊られた暖簾
自然の風が暖簾を揺らしているのですね小物達も可愛く女性なら誰でも憧れる
お店ですね
もし、私が勝山の街並みを歩いたら是非
覗かせて戴きたいお店です

お早うございます
 染織工房の建物に惹きつけられています
格子戸も建物が持つ雰囲気も大好きです
私も涼しげな暖簾に涼しさを戴きました
古都人さんのブログに出会ってから
格子戸を通して外を見るのが好きになりました
自然の優しい灯りに風情を感じます
屋根裏と土間に祖父母が住んでいた田舎を思います

お言葉に従って(笑い)パソコンを通して3か所の茅の輪くぐりをさせて戴きました
お蔭で今年中元気に過ごすことが出来ました
特に平安神宮の茅の輪はゆっくりくぐらせて戴きました

古都人さん
 おはようございます
何としっとりした佇まいの染織工房でしょう
この町にピッタリですね
私も一度で好いから城下町勝山の町並みをゆっくり歩き染織工房も覗いてみたいです
透けて見える暖簾が自然の風にゆらゆら
風情のある風景です
むき出しの屋根裏や太い梁
そして土間も何故かこちらには似合いそうですね

↓の三社三様の茅の輪くぐりも拝見しました
茅の輪くぐりの風習は良いですね
くぐっておられる方達の姿に平和を感じます
何時までも残して置いて欲しい伝統行事の一つですね
熊野神社にお参りされている女性の姿が心に残りました

古都人さん
おはようございます。
素晴らしい街並みですねぇ~
落ち着いてて素敵です。
染色工房の家も外観も中も
いいですね、やっぱりこういう家が
落ち着いてて素晴らしいですね。
暖簾も斬新なデザインと色合いですが
ぴったりと似合っていますね。
お土産コーナーも楽しそうですわぁ。
古都人さんのご紹介で行きたいところ
の一つに加わりました。
城下町って何か風情があっていいですね。
いつもありがとうございます。

ももえさんへ
 お早うございます
遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
茅の輪はどこも立派です
今年は4カ所の茅の輪くぐりが出来て幸運でした
そうですね
思いがけなく染織工房に出会えて
しかも写真まで撮らせて戴いて嬉しいでした
そうですね
ここも「暖簾の町」勝山に行かれた時は
是非立ち寄られたらと思います

植村さんへ
 お早うございます
そうですね
染織工房は建物の外観も内部も素晴らしいでした
ありがとうございます
拙いブログですが少しでもお役に立てれば嬉しいです
そうですか
古き良き時代が今も息づいている所ですね

遡ってご覧戴いてありがとうございます
PCを通して茅の輪くぐりをして戴けましたか
そうですね
平安神宮の茅の輪くぐりが一番大勢の方がくぐっておられたように思いました

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
染織工房はこの町に相応しいしっとりした風情の建物でした
そうですね
機会が有れが是非勝山の町並みを歩いて
こちらも覗かれることをお勧めします
遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
三社三様の茅の輪ですがこれからも残して欲しい風習だと思います
私も特に熊野神社にお参りされている
女性に心惹かれました

古都人さん今日は
今は久しぶりのお天気で青空も見えて少し心も晴れて来ました(*^-^)
真庭市の・・暖簾の町素敵ですね・・建物も昔の儘の姿で心が安らぎます
そして中に展示されている暖簾の色々も美しいの一言です
透けて風に揺れる見た目の涼やかさ最高ですねo(*^▽^*)o
色も生地も柄も心が安らぐ感じの物ばかりで京都の昔ながらの住宅や
和モダンなお家にもピッタリ合いそうですね・・・
そして手作りの小物も優しい感じで素敵なものばかり
更にこのお店の建物、天井なしの屋根裏は見事ですね(o^-^o)
綺麗に手入れ、されて居ると思いますが凄い貫録です

古民家に暖簾はよく合いますね。
涼しげでデザインもすばらしいです。

真庭には実は高校生のころ文通をしていた
小学校の先生をされていた歳の離れた
ペンフレンド(女性)住んでいました。
中国山地のど真ん中と聞いていたのですが、
こんなステキな町だったのですね。
もう久しくお便りもしていませんが、お元気なら
もう90歳を超えられているかもしれません。
とても字のきれいな方でした。
どうしてらっしゃるのかなぁ・・・と
彼女のことを思い出してしまいました。
この街道は出雲に通じているのですね。

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
染織工房はここの町並みに相応しいでした
暖簾の斬新なデザインが古い佇まいの建物に不思議に似合って
独特の風情を出していますね
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

咲子さんへ
 こんにちわ
そうですね
京都も久しぶりの青空です
そうですね
真庭市は暖簾町として有名なのですが
こちらの方が町の方達に指導されたとのことです
そうですね
建物も暖簾も全てが綺麗で、優しく懐かしいもので、ほっこりしました。

やっこさんへ
 こんにちわ
そうですね
古民家に斬新なデザインの暖簾は一見不似合な様にも思えるのですが
涼しげな暖簾が建物の内部を優しく涼しげに彩っている
そんな風情が有りました
 そうですか
ペンフレンド(懐かしい響きですね)がこの町に住んで居られたのですね
久しぶりにお友達の事を思いだして戴かれたとの事お役にたてて(?)好かったです
そうですね
ここは出雲街道の一部です

古都人さん   こんばんは~
今日はワンコの病院ですっかり遅くなりました。

私の好きな染色です。
そうですね、必ずお店の方に声をかけて
写させてもらっていますよね。
多分買わない時の方が多いのですが・・・・

爽やかなのれんは1枚欲しくなりそうですが。

hirugaoさんへ
 こんばんわ
お忙しくしておられるのに
コメントありがとうございます
そうでしたね
hirugaoさんも染色がお好きでした
私も偶に小物を買わせて戴きますが
殆どお礼を言わせて戴くだけです
物によっては無駄になるものも多いので

古都人さん  こんばんは
染色工房、この町に添った外観で
格子戸、なまこ壁、そして大きな暖簾を潜っての
内部の暖簾の展示に大きな感動が・・・
吊るされた大きな暖簾、上品で涼やか
どれも素晴らしいです。
格子戸からの自然の陽の光は
作品をより素敵に魅せてくれる事でしょうね。
手づくりの小物も素敵で、
PCに目を凝らして見詰めてしまいました。
こうしたお店、大好きです。

城下町、勝山は初めて知りました。
素敵な所を良くご存知だと感心しながら
拝見させて頂きました。
檜舞台はなんだろうと?です。
舞台と名が付けばお祭りの際、何かに
利用されるのかと勝手な想像です。
町並み、素晴らしいです。
街角に建つお宅、凄く立派ですね。
「郷宿」もそのままに有るのが良いですね。
大きな暖簾は、染織工房の作品かしら?
ブログで拝見しても素晴らしくて旅心が募ります。
お出かけの古都人さんの満足度は
さぞかしと羨ましく思います。

すみれさんへ
お早うございます
そうですね 次回にご紹介する「のれんの町」を
支える根拠地かと思います
色んなデザインののれんの多さに感心して見させて
戴きました
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 中国勝山と言いますがビッグとは言えない
かも知れませんね
昔は出雲街道沿いの城下町で繁栄していたことでしょう
そうですね ウッドストリートにはちょっと驚きました
私も「檜舞台」の由来が良く判りませんが
真ん中に太鼓が上がっていたのがヒントかなと想像していました
何時ものことながら丁寧なコメントを有難うございます

古都人さん、おはようございます♪
暖簾は温かみがあって良いですね。
外に吊るされていた色褪せた味のある暖簾。
内部に吊るされた藍染の涼しげな暖簾。
どれもどれも素敵でした。
店内の小物も可愛いですね。
格子戸からの自然光は作品をより素敵に
見せてくれますね。
お近くだったらぜひ訪ねてみたい素敵な
染織工房でした。

hiroさんへ
 お早うございます
そうですね
私も暖簾の町勝山(明日紹介しますが)を歩いていて
暖簾の持つ温かみに触れたそんな気がしました
そしてそこに住まわれる人たちの温かみみと
 気付きませんでしたが確かに外に吊るされた色褪せた暖簾には味が有りますね
そうですね
私は格子戸から外を見るのが好きで
町家や古民家の格子戸から必ず外を写しています
自己満足の世界ですが・・


こんばんは happy01
一日遅れで訪問です (^_^;;
伝統的な町家の中で、伝統的な技術を受け継いだ暖簾や民芸品、とてもマッチしています。
日本人はもちろん、このような日本的なものは海外の方たちにも人気ですから、もっと広く知られると良いのに・・・と思います。

慕辺未行さんへ
お早うございます
いえいえ何かとお忙しい中を有難うございます
毎度有難うございます
そうですね 「のれん」は色んな使い方が出来て
便利ですよね
「暖簾」を守ると言う伝統的なものから
デザインの素晴らしさや意表を突く驚きのものなど
その広がりは際限ありませんね
海外での展開はまだまだなんでしょうかね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59804875

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県 真庭市 勝山 「染織工房」:

« 京都の三社三様の「茅の輪」くぐり | トップページ | 岡山県 真庭市 勝山 「暖簾の町並」 その2 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き