« 「祇園祭」児童画展を見る | トップページ | シェフの饗宴 in Kyoto 「夏の亰」が始まりました »

2015年7月31日 (金)

竹あかり作品展 (その1)

今年も「ひと・まち交流館京都」で竹とあそぶ会主催の竹あかり作品展を拝見しました。
皆さまもひと時を静かに仄かな灯りをお愉しみください。


004


001

太い竹の節にも、絵柄が彫られています。
節はきっと硬くて彫り難いのではないかと思います。


002


005_2


008

こちらの節には「先客万来」と書かれていました。

010


012


015


014


室内照明を落とした会場を仄かに照らす灯りは、幽玄の世界でした。
訪れたのは展示の最終日と言う事も有ってか、会場には大勢の方が来られていましたが、溜息をつきながら魅入っておられる姿が印象的でした。

 

 

« 「祇園祭」児童画展を見る | トップページ | シェフの饗宴 in Kyoto 「夏の亰」が始まりました »

作品」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
ひと・まち交流館では時々催しがなされているようですが
殆ど終わってから知る事が多いです
古都人さんは何時もタイミング良くお出かけですね
お蔭で居ながらにして幽玄の世界に一時浸らせて戴きました
会場の方達の感動に全く同感です
既に展示は終わっているとの事ですが
機会が有れば是非会場でこの雰囲気を味わいたいです
竹とあそぶ会の皆さんと取材して頂いた古都人さんに感謝です

お早うございます
 今朝も素晴らしいご紹介
古都人さんはこのような情報を何処でどのようにして得られるのか
驚きながらも感動して拝見しています
竹の節にも彫られているのですね
勿論、お好きなのでしょうが
平面に描くだけでも難しい図柄
ここまで上達されるのには並々ならぬ
努力をされたのでしょうね
正しく幽玄の世界
引きずり込まれるように魅入ってしまいました


古都人さん
 おはようございます
何とも素晴らしく魅入ってしまいました
太い竹を彫るだけでも簡単な事では
無いと思います
それをこのように細かく彫って
作品に仕上げるのには今までの積み重ねと
努力の賜物では無いでしょうか
唯々感心しています
竹とあそぶ会の方達の制作されている様子を知りたいと思います
今朝も素晴らしいご紹介ありがとうございます

古都人さん
おはようございます。
素晴らしい作品の数々ですねぇ~
まさに幽玄の世界へ誘われていきますね。
暑い中、ご紹介いただいて嬉しいです。
どの作品もいいですねぇ~
デザインも色も素晴らしい、細かい作業
ですのに、どのようにされてるのか
気になりますね。
竹の持つ強靭さに手を加えることで
優しく変わる、人に温かさをくれる
って素敵です~
いつもありがとうございます。

植村さんへ
 おはようございます
情報は地元の新聞です
地域のニュースは比較的細かく見ています
そうですね
植村さんと全く同感です
一にも二にも努力
そして根気でしょうか

taekoさんへ
 おはようございます
そうですね
一般的に竹は彫り難いと言われています
そうですね
ここまでの作品を作られるまでには
努力の積み重ねでしょうね
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

ムームーさんへ
 おはようございます
丁寧にご覧戴いてありがとうございます
流石は画家さんですね
見る視点が違います
成程と感心しながら拝読しました
ムームーさんのお言葉を読まれたら
きっと喜ばれると思います
 そうですね
会場は幽玄の世界へ誘われるような空間でした
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

古都人さん   こんにちわ~

本当にこちらも素晴らしいですね。
室内照明を落としてこうしてほのかに見るのは
涼しげでいいですね。

竹は細工しにくいのではないでしょうか。
見事というしかありませんね。

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうでしょ
本当に素晴らしい出会いでした
今の季節に相応しい演出をされていました
そうですね
竹の細工は難しく一つの作品を完成させるのに
ベテランで1か月初心者なら3か月は必要との事です

古都人さん、こんばんは~♪
竹あかり作品展に行かれたのですね。
竹は編むことばかり考えていましたが、
彫りものも素敵ですね。
仄かなで、涼しげな灯りに癒されました。
ステンドクラス風あり、切り絵風ありで素敵ですね。

祇園祭には児童画展も開催されているのですね。
子供の目から見た祇園祭が楽しく描かれていますね。
どの作品も微笑ましく、楽しませていただきました。
5年生の作品の2点、素晴らしいですね。
未来のアーティストでしょうか。将来が楽しみですね。
プロの作品は見事と言うより他の言葉は見つかりません。
いつも素敵な御紹介、ありがとうございます。

hiroさんへ
 おはようございます 
そうですね
ここの会場に居る人たちは皆さん同じように感心し癒されていました
勿論私もその中の一人ですが
一時の涼を得た気持ちでした

 遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
この絵を描いた子供達は祇園祭が自分の生活の一部になっている
そんな気がしました
そうですね
この中から将来の画家さんや祇園祭を担う頼もしい大人が生まれるかもしれません
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

古都人さん  こんにちは
連日猛暑の日々が続いています。
今日も暑くて暑くて・・・
その中での「竹あかり展」のご紹介
暑さを忘れて魅入ってしまいました。
まさに幽玄の世界ですね。
熟練の技が光る作品ばかりで、精巧な彫に
皆さんの感動が伝わってくる様です。
センス、根気がいる事でしょうね。
どれも素晴らしい作品ばかりですが、
特に金魚、椿?、七草?が私好みでした。

すみれさんへ
 こんにちわ
コメントを戴きながらお返事が遅くなり申し訳ありません
 今年の暑さは異常ですね
毎日が猛暑日でウンザリしています
そうですね
私も「竹あかり展」の会場へ一足入って
その幽玄の世界に魅入ってしまいました
そうですね
皆さん巧みに作られていますが
制作は根気とやる気との事でした
私はプラス手先の器用さではないかと思いましたが。
仕上までの期間はベテランの方で1か月
初心者は3か月要するとの事です
根気が無くては出来ないですね
完成した時の喜びはひとしおだと思います

古都人さん   お久し振りです。
何時もお気遣いの応援をありがとうございます。
とても嬉しく励みになっています。
現在の私には、古都人さんのブログが楽しみと共に
凄い安らぎと癒しに成っています。
そして素敵な日々を羨ましくも思っています。
京都府立植物園、綺麗ですね~♪
元気も一緒に届きましたよ。 ありがとうございます。

すみれさん おはようございます
本当にお久しぶりです
こうしてすみれさんとコメントを通してお喋りしていた頃が懐かしいです。

私も指の状態もイマイチですが、最近特に目が悪く
パソコンに向かう時間を少しでも減らすためにコメント欄を閉じさせて頂きました

そうですね
京都府立植物園は四季に私のやすらぎの場所になっています

これからもコメント欄は閉じられてても、変わらず楽しく拝見させて頂きます。
特にすみれさんのお庭のお花の成長を楽しみに
応援もさせて頂きます

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/60740664

この記事へのトラックバック一覧です: 竹あかり作品展 (その1):

« 「祇園祭」児童画展を見る | トップページ | シェフの饗宴 in Kyoto 「夏の亰」が始まりました »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き