« 祇園祭が始まりました | トップページ | 岡山県 真庭市 勝山 「旧遷蕎尋常小学校」 »

2015年7月10日 (金)

岡山県 真庭市 勝山 御前酒蔵元とレストラン西蔵

前回の続きです。
 今日ご紹介するのは、 旧出雲街道沿いに建つ、白壁と格子戸の風情の有る清酒蔵元の「辻 本店」と、こちらが営む「レストラン西蔵」です。


053

辻本店は文化元年の創業以来、酒造りの伝統を今も守っておられる美作(みまさか)の銘酒「御前酒」の蔵元です。

040

店内は改造されたましたが、天井は当時のままを残されているそうです。

055

創業1804年の暖簾が下がっています。樽がカウンターなど色々な場所に利用さています。

052

そして、辻 本店が営むレストラン西蔵です。

043

なまこ壁にお覆われ、欅の大梁で支えられた蔵の間。
百数十年前の酒の貯蔵庫は粋をこらした現代空間に蘇っています。
店内は静かにジャスが流れています。


045

戴いた西蔵禅(2380円)の先付
 三種盛と食前酒(純粋吟醸 アキヒカリ50または柚子ジュース)


047

焼物「銀鱈の粕漬け」ごはん 味噌汁 香の物 小鉢 甘味(果物のシャーベット)

048

銀鱈の粕漬けは、御前酒の酒粕を使用。美味しくてここでしか食べられない逸品でした。

若い女性、数人が対応してくれましたが、何方も礼儀正しく暖かく親切でした。
二度と来ることは無い私たち旅人も、又、来たくなる雰囲気のレストランでした。

« 祇園祭が始まりました | トップページ | 岡山県 真庭市 勝山 「旧遷蕎尋常小学校」 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
私の大好きな佇まいのお店です
近代的な建物も生活するのには便利ですが便宜性が優先されていてゆとりが無い様に思います
心のゆとりでしょうか
こちらの清酒蔵元もレストランも最近は少なくなくなった本物の贅沢を感じます
創業1804年からこちらで清酒造りをされているのですね
伝統を守りながら
尊敬に値すると思います

京都でも日本酒を海外に販路を求めて
イベント等行政も活動していますが
日本人こそ日本酒を愛して欲しいものです
お料理もこちらのレストランに相応しい素朴で身体に優しそうで嬉しそうになりますね
お蔭で私も心もお腹も満足満足

古都人さん
 おはようございます
ご紹介の清酒蔵元「辻 本店」も
こちらが経営する「レストラン西蔵」も素晴らしい建物ですね
内部も城下町・勝山に相応しくしっとりした佇まいですね
天井や樽の古色が何とも好きです
レストランで流れているジャズは違和感が有りますが
意外性が面白いかも知れません
素朴なお料理もこのお店にいいえ、このお店だからこそ似合うようです
もし「暖簾の町勝山」へ行きましたら是非立ち寄りたい場所の一つになりました
ご紹介ありがとうございます

古都人さん
おはようございます。
素晴らしい街並みですねぇ~
こういう風情があるところにお住いの人たちは
いいでしょうね。
こうして見せていただいて行った気分に
なれますわ、暖簾の奥はどうなってるのか
気になりますね。
美味しいお料理に満たされますね。
品があってとってもおいしそうです、
やっぱり、私はこんな風な和のものが
好いですわ、食べたい~
暖簾の町の勝山に憧れます~
私も是非行きたいです~♪
いつもありがとうございます。

お早うございます
 いきなり?一枚目の写真にくぎ付けです
辻本店の落ち着いた佇まいに感動しています
天井や木の温もりのする店内、樽
外観に相応しい様子にため息が出ます
そしてこちらが営まれるレストラン西蔵
蔵を利用された店内も私が今まで知っているレストランとはまったく違いますが
お酒の貯蔵庫だったのですね
戴かれたお料理もこちらに相応しいもので
落ち着いた店内でゆっくり愉しみながら戴かれた様子が解ります
二度と来ることは無い私たちにも・・・
少し切ないですが旅はその積み重ねでも有りますね

古都人さん、おはようございます♪
趣があって素敵な佇まいのレストランですね。
かつての酒の貯蔵庫がこんなに素敵な
現代空間に甦ったのですね。
創業1804年の暖簾や樽も良い雰囲気を出しています。
お料理もとても美味しそう。
特に、脂がのり身のぷりぷりっとした
銀鱈の粕漬け・・・
酒蔵元ならではのお味なのでしょうね。
旅の醍醐味の一つに食事がありますが、
ほんとに心に残る忘れられない旅になりましたね。
素敵な御紹介ありがとうございました。

taekoさんへ
おはようございます
そうですね
私もこちらは城下町・勝山に相応しい佇まいだと思いました
そうですね
一見素朴なお料理ですが
心の籠った美味しいお味と分量でした
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

ムームーさんへ
おはようございます
 そうですね
この町全体が風情の有る所です
多分お住まいの方達は我が町を愛して大切にされているのでしょう
そうですね
私も最近は特に和食が好きになりました
身体が喜ぶようです
機会が有れば「暖簾の町 勝山」へ是非お出かけくださいね
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

植村さんへ
おはようございます
そうですね
私も辻商店の外観を見ただけで嬉しくなりました
そうですね
一見平凡な酒蔵なのですが中へ入って
想像以上の雰囲気に驚きカルチャーショックを受けました
そうですね
旅は一期一会ですね

hiroさんへ
おはようございます
 そうですね
酒の貯蔵庫が時の流れを経てこんなに素敵なレストランに蘇えりました
そうですね
銀鱈の粕漬けは私が今までに戴いた粕漬けの中では最高の物でした
酒造元ならの美味しさでしょうね
そうですね
旅先で戴く料理は愉しみの一つですが
ガッカリすることも有ります
今回は全てに於いて満足のするものでした

こちらこそご覧戴いてありがとうございます

おいしいお酒においしい粕漬け。
銀鱈の粕漬けは酒粕がおいしいと味も引き立ちますね。
古くからの酒蔵を改造したレストランは
空気も違う感じがします。
いろいろとおいしいものを召し上がってらっしゃる
古都人さんがまた来てみたいと思われるレストラン。
やっこも行きたくなりました。
こうして連載が続いているのは
きっといい街だった証拠ですね!!

やっこさんへ
こんばんわ
 そうですね
こちらで戴いたお料理は勿論ですが、建物の雰囲気従業員の方達の対応
全てが満足の行くものでした
そうですね
本当に勝山は良い町でした
お会いした方達も優しく多分年齢的に行く機会は無いと思いますが心に残る町でした
やっこさんも機会が有れば是非お勧めします


古都人さん   こんばんは

いいところですね~
そんなに遠くないから行けそうなのですがなかなか
行けません。
暖簾の町勝山でしたがこのように素敵なレストランで
お食事良かったですね~
いつか行きたいと思っています。

こんばんは happy01
昔ながらの酒蔵ですね。
佇まいといい、歴史が感じられるだけに、きっとおいしいお酒を造られていることでしょう。
レストランも雰囲気ありますね。
改装して新しくしたのでしょうが、壁や天井などは昔の姿を残し、レトロな雰囲気も感じられます。
食事もおいしそう!食前酒の吟醸酒がさらに食欲を掻き立てるでしょうね。

hirugaoさんへ
お早うございます
そうですね 旅は思い立ったら直ぐに計画ですね
躊躇していますと思いが萎んでしまいます
私は今2つの計画を温めています
しかし実行は秋ですね
そうですね この町では唯一ここが一番の様でした

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 近年醸造法が変わったのか
昔からの酒蔵の再利用を良く見掛けますね
中には廃業したところもありましたが・・・
そうですね 食前酒は格別に美味しかったです
お代りが欲しい位でした
雰囲気も良くてそれも心理的に作用している様に
思います

古都人さん今日は
遅くなって済みません・・・出雲街道沿いの辻 本店はすごくお洒落なお店ですね
白壁に格子戸、お酒を飲めない私でも入って見たい程・・魅力のある
お店ですね・・お店の天井は創業当時のまま深い歴史を感じます
そして店内の飾りりつけも落ち着いた感じで素敵です
お店の昔の酒樽は・・此方も年代の深さを感じますね・・・
そしてレストラン西蔵は元酒の貯蔵庫を現代風に・・ジャズが流れて
素敵ですね・・お料理も和風の品々、美味しそう・・お酒も付いていますね
良い所に行かれましたね・・・私も思わずこのお店の深い魅力に
はまりました・・

古都人さん  こんにちは
白壁と格子戸、風情の有る清酒蔵元の
佇まいを拝見しただけで、心ときめき魅かれるものが有ります。
素敵な外観の内部は?と興味津々です。
清酒蔵元「辻 本店」1804年の創業とは
素晴らしく、感動です。
天井の色合いに、長い時の流れを感じ
長い年月を支えてきた確かな建造物に
酒造蔵元「辻 本店」の繁栄ぶりが窺えます。
落ち着いた店内の樽での陳列が素敵ですね。
食いしん坊の私は、暖簾の町、勝山での
お食事は?と気に成っていました。
「レストラン西蔵」蔵を利用したレストランで、お食事ですね。
どんなご馳走が戴けるのかワクワクです。
先付け、お酒が戴けない私でも
このレストランでは、思わずお願いしてしまいそうです。
銀鱈の粕漬けは最高に美味しかったでしょうね。
ジャズが流れる素敵な雰囲気のレストラン
素晴らしい旅の思い出に成りそうです。良いなぁ~・・・

7月、祇園祭りですね。
町中は活気に溢れ、華やいでいる事でしょうね。
京都とは関係ない私でも心待ちしているお祭りです。
海外からも沢山の方がお越しに成り
賑わう事でしょうね。
祇園祭りの魅力、楽しみ方は古都人さんに
沢山教えて戴きました。
ご紹介の度に、その奥深さに驚きです。
手拭いのご紹介は新鮮に受け止めました。
ここにも祇園祭りがと・・・
後祭りの花形「大船鉾」素敵ですね~
私もタペストリーにして飾りたいです。
地図とミニチュアの山と鉾は興味深いです。
写真に撮って参考確認したいです。
お暑い中での取材は大変でしょうね。ご自愛くださいね。

咲子さん
 こんばんわ
お忙しいのにコメント戴きましてありがとうございます
そうですね
清酒の蔵元もレストラン西蔵も
どちらも歴史が感じられ落ち着いた佇まいでした
お料理もお店に相応しく和風で若い方には喜ばれないかも知れませんが
私たちには何よりのご馳走でした
そうですね
今回の津山と勝山の旅は心に残るものでした

すみれさんへ
 こんばんわ
そうですね
清酒蔵元の辻 本店は長い歴史の中で
ひっそりしっかり酒造りをされてこられたように感じました
無理をせずコツコツ積み上げて来られた結果が今の繁栄なのでしょうか
 レストラン西蔵はお料理は勿論ですが店内の静かてしっり落ち着いた雰囲気
従業員の方はさり気なくお客様に目を向けておられ、絶妙のタイミングでお料理が出てきました
接遇のなんたるかを心得ておられる姿に感心しました
そうですね
今回の津山と勝山の旅は本当に心に残るものとなりました
 
遡ってご覧戴いてありがとうございます
今日は鉾立の様子を見てきましたが
ご存じのように釘は一切使わず縄で縛って行きます
皆さん炎天下で真剣に声を掛けながら作業をされている姿に感動しました
誇りを持っておられるのですね
出来るだけ祇園祭の様子はご紹介したいと思っていますが
やはり年々体力の低下を感じています
ありがとうございます
お言葉を心に深く留め置いて出来る範囲で取材をしてきたいと思っています


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59827231

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県 真庭市 勝山 御前酒蔵元とレストラン西蔵:

« 祇園祭が始まりました | トップページ | 岡山県 真庭市 勝山 「旧遷蕎尋常小学校」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き