« 祇園祭「花傘巡行」 | トップページ | 竹あかり作品展 (その1) »

2015年7月29日 (水)

「祇園祭」児童画展を見る

 「2015祇園祭児童画展」が、京都芸術センター(室町四条)で開催されていましたので、拝見しました。京都市立洛央小学校・同高倉小学校・同御所南小学校の4~5年生の児童達の絵画作品です。山鉾町に住む子やお囃子なども習っている子など、祇園祭が身近な存在にあるため、良く観察した表現と色彩の多彩さに驚かされました。
 展示は、センターの南館2階の講堂で行われていました。

047a

こちらは元明倫小学校です。
懐かしい木造の階段を上がって、2階の講堂に展示されていました。

表現方法としては、3種類程に分かれています。
先ず、窓際にずらりと吊り下げられた作品から、見ましょう。

034a

子どもたちが大人に連れられてきている姿が目立ちました。

035a

微笑ましい作品たちに癒されます。

036a

次に中央に板に張り付けられた作品群です。

033a

会場に来られていた方達は口をそろえて、「上手やなあ」「可愛いなあ」

044a

こんな黒色一色の表現の絵もありました。

032a

また、この様な扇面貼付屏風の形もありました。

037a

素晴らしい発想です。

038a

流石5年生の作品2点です。

最後にプロの作品です。

039a

皆川泰蔵氏の鉾の「見送り」です。
実際に鉾に懸けられいたのを見たことがあります。


こちらへは後祭の鉾立などを拝見してから偶然歩いて見つけました。
やはり「歩く町 京都」ですね。

« 祇園祭「花傘巡行」 | トップページ | 竹あかり作品展 (その1) »

作品」カテゴリの記事

祇園祭2015」カテゴリの記事

コメント

お早うございます
門川市長が率先垂範されている
「歩く町 京都」は正しく古都人さんの事ですね
お蔭で京都の大きな行事から小さな出来事まて幅広く紹介して戴いて感謝しています
 それにしても何と明るい楽しい絵でしょう 
鉾町の子供さんが描かれた絵も有るとの事ですが
祇園祭を山や鉾を知っているから描けるのですね
感心して拝見しました
大人であればこれ程純粋に楽しく描けないでしょう
アイデアいっぱい、ワクワクするような絵、実際にご覧になられた古都人さんが羨ましいです
皆川泰蔵氏の鉾の「見送り」ですが
私も拝見したことが有ると思います。

古都人さん
 おはようございます
何と素晴らしい
正しく祇園祭が子供たちの絵によって見事に再現されましたね
特徴をよく掴んで愉しみながら描かれている事に吃驚しました
動きも感じられますね
皆さんの感想「上手やなあ」「可愛いなあ」全く同感です
如何に祇園祭を身近なものに感じているかが解りますね
 5年生の作品の2点
脱帽です
子供達の中から未来の画家さんが出るかも知れませんね

素晴らしいご紹介ありがとうございます

古都人さん
 お早うございます
京都芸術センターは時々覗きますが
古都人さんのようにタイミングよく催しに出会うことは無く殆ど教室を覗いたり
廊下や階段に小学生の頃を懐かしんでいます

小学4、5年生とは思えない見事な絵ですね
魅入ってしまいました
幼さも残って微笑ましくなります
彼らは素直な子供なのでしょう
5年生の2点の作品は西陣織の帯を連想しました
祇園祭を知り尽くした絵画に驚きと感動です
彼等は将来鉾町を支える祇園祭を支える大人になるのでしょうね
愉しみです

古都人さん
おはようございます。
京都芸術センターは久しく行ってませんが
素敵な作品たちですね。
子供たちの作品はいいですね、カラフルで
想像豊かで素晴らしいですわぁ~
子供たちの目に映るものは
こんな風な形に再現されるってすごい
才能がありますね、関心しながら
見せて貰いました、古都人さん
見せて貰えて嬉しいですわ。
こちらが揺り動かされる思いが
伝わりました~いつもありがとうございます。

植村さんへ
 おはようございます
何時も偶然の産物ですが
今回も全くの偶然でラッキーでした
そうですね
私も植村さんと同感です
写真を撮っていても暫し魅入ってしまうことが多いでした
子供の絵は素直で好いですね

taekoさんへ
 おはようございます
そうですね
祇園祭が子供たちの自由な発想で
伸び伸びと巧みに再現されました
そうですね
5年生の作品には感動しました
そうですね
未来の画家さんか生まれて有名になられるかも知れません
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

ムームーさん
 おはようございます
そうでしたね
何度かこちらの米田珈琲でお茶やランチをしておられましたね
そうですね
子供達の発想は大人が考えられない位自由で際限が有りません
そうですね
皆さん才能がお有で描くことが好きなのでしょうね
少しでも感動を共有出来れば嬉しいです
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

古都人さん、こんにちは。
祇園祭り、台風の影響を受けず無事夏の祇園祭が開催されて良かったですね。
祇園祭りの様子は、古都人さんのブログを拝見して.祇園祭りが
春 夏 秋の中で一番派手で色鮮やかで暑い中大変と思い拝見し足跡残さず
で御免なさいm(_ _)m自分のブログも更新して無かったので!

京都芸術センターに小学5~6年生の作品拝見しましたけど,祇園祭りの欠かせない
化粧の車に化粧をして着物を着て座っている子供達や.大人に連れられている子供も
良く描かれていて皆さんが口々に”きれいやな”可愛いな”というのが伝わってきます。
祇園祭りは、一度見たいですけど.暑がりでとてもじゃないですが無理なので
古都人さんのブログで楽しみました。
子供達は、大人と違う感性を持ってますしそのまま素直に描きますからそれが良いんですねscissors

古都人さん  こんにちは
至る所で祇園祭に出合えますね。
児童画展、祇園祭と共に成長した子供たち
その捉え方は素晴らしく、
子供らしい観点での表現、色彩の豊かさは
感心すると共に心和みます。
皆さんの「上手やなあ」「可愛いなあ」の
言葉も頷けます。
5年生の作品、さすがですね。
きっと祇園祭大好きで、今もこれからも
祇園祭と共に成長し、毎年描いて欲しいです。
子供が見る祇園祭は、大人とは違う夢も有りそうです。
プロの作品は素晴らしく、
会場を一層際立たせていますね。

mikkoさんへ
 こんにちわ
そうですね
台風の影響は受けなかったですが
前祭は終日の雨で皆さんご苦労されていました
ありがとうございます
祇園祭の様子をご覧戴いていたのですね
嬉しいです
 そうですね
小学5~6年生の絵とは思えない
素晴らしいものでした
子供は思ったまま、感じたままを描くのですね
そうですね
祇園祭の頃は地球温暖の影響も有ると思いますが近年特に暑いです
拙いブログですが少しでもお役に立てれば嬉しいです

すみれさんへ
 こんにちわ
そうですね
7月中は祇園祭ですが、
華やかさは無いですが街中の彼方此方で祇園祭に出会えます。
そうですね
子供達の感性の豊かさ・明るさに感心しました
幼い頃から祇園祭が身近な存在なのでしょうね
そうですね
祇園祭と共に成長し何時までも描いて欲しいですね
例え京都を離れる時が来ても
きっと毎年の祇園祭の事は懐かしく思いだすことでしょう
そうですね
プロの方の作品は凄いの一言に付きました

子供さんの絵はいいですね~
それも高学年になるとこんな発想ができる様に
なるのですね。
私も使えそうです(笑)

丁寧に写真を撮っておられていつも参考に・・・
と思うのですが雑な私のことついいつもどうりです。

返ってきたカメラが前と違うように思えてちょっと
違和感があるのですが。
少し時間が必要なのかもしれません。


hirugaoさんへ
お早うございます
そうですね 子供達の表現力には
驚かされそして感動します
上手下手と言う事では無いですね
しっかりと観察し自分なりの表現をしています
いえいえそんな大したものではありませんよ
中々上手く捉えられていないことばかりです
そうですか その違和感は何なんでしょうね
直ぐ慣れられることでしょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/60845360

この記事へのトラックバック一覧です: 「祇園祭」児童画展を見る:

« 祇園祭「花傘巡行」 | トップページ | 竹あかり作品展 (その1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き