« 岡山県 真庭市 勝山 「暖簾の町並」 その2 | トップページ | 京都府立植物園「巨椋の曙」 »

2015年7月 4日 (土)

岡山県 真庭市 勝山 「暖簾の町並」 その1

  前回の続きです。
勝山は、岡山初の町並み保存地区に選ばれた風情ある城下町ですが、
草木染の染織家、加納容子さんによる「のれん」が軒先を彩る「のれんの町」としても有名です。

021

歩いきながら撮っています。
勝山の町並は既にご紹介していますが、暖簾のかかっている民家は省いていました。

024


026


027


028


030


031


032


033


034


035


038
こちらにお住いの人たちがお互いに励ましあいながら競って暖簾づくりを楽しみながらされていると聞きました。
このままをご覧ください

« 岡山県 真庭市 勝山 「暖簾の町並」 その2 | トップページ | 京都府立植物園「巨椋の曙」 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59804971

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県 真庭市 勝山 「暖簾の町並」 その1:

« 岡山県 真庭市 勝山 「暖簾の町並」 その2 | トップページ | 京都府立植物園「巨椋の曙」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き