« 京都府立植物園「宝石の塔」が見事な姿を見せていました | トップページ | 植物と琳派 児童作品展 »

2015年6月 2日 (火)

京都府立植物園 咲き誇るバラの花”蔓バラ” 

京都府立植物園のバラ園には通路に添ってバラ専用の白いアーチ形の棚が有ります。
蔓バラも見ごろを迎えていました。


027

黄色や赤いバラの花の向こうに白い棚が見えます。

039

勿論、その下は散策したりベンチが置かれていて花を愛でながら休憩も出来ます。

033


035

こぼれそうなピンクのバラの花です。

111

連日の暑さで、少々疲れ気味のようです・・・・

109


113


034


見上げて撮るのは好きではないですが、蔓バラの棚だけは別です。
何故か撮っていて楽しくなりました。
勿論、青空のおかけですが・・・

5月31日のバラ園の様子です

114

高温と雨の降らない日々が続いていますが、バラの花は萎れながらも
健気に咲いていました。

 

« 京都府立植物園「宝石の塔」が見事な姿を見せていました | トップページ | 植物と琳派 児童作品展 »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

 お早うございます
流石は古都人さんですね
蔓バラ専用のアーチは知っていますが
こんなに綺麗に咲いているとは驚きです
バラ園のあまりの花の多さ綺麗さに見惚れていて蔓バラを愛でたことは有りません
素敵に撮られましたね
流石はお花大好きの古都人さんです
うっとり見上げ?て魅入ってしまいました
5月末日のバラ園
まだ十分に綺麗ですね
暑さにもめげずに咲いているバラの花に拍手です

宝石の塔とは上手く名づけられていますね
この可憐な花がぎっしり咲いている様子は初めて見ました
近づいて見なければ解りませんね
植物園会館の前を通るととタイサンボクの優しい香りが漂っていたのを覚えていますが今の季節だったのですね


古都人さん
 お早うございます
綺麗ですね~
蔓バラがこんなに綺麗だとは吃驚しました
白い蔓バラ専用に使われている棚の下をゆっくり歩くことは有りますが
咲いている時も
何気なく歩いてるのですね
晴天だからかも知れませんが
こんなに素晴らしい蔓バラは初めて見ました
今年の4月から5月にかけては
高温と少雨が続いてお花たちも可哀そうですね

宝石の塔は昨年初めて見ましたがその姿に吃驚しました
こんなに可愛い花が咲いているのですね
見落としていました
しかも1株に1万5千~2万とは吃驚です
タイサンボクは綺麗な大輪の花ですが香りも爽やかで大好きな花です

古都人さん
 おはようございます
素晴らしいですね
青空に嬉しそうな蔓バラ
お写真のアングルのお上手なこと
私なら平凡に撮ってしまうでしょう
学ばせて戴いています
そうでしょうね
撮っていて楽しくのお気持ちが写真に表れています
こんなに綺麗に撮ってもらって
きっと蔓バラも大喜びでしょう

↓の宝石の塔とタイサンボクも拝見しました
宝石の塔を見られるのは短い間だと思いますが
タイミング良く撮られましたね
可憐な花が全体から受ける印象と
かけ離れているのが面白いですね


古都人さん
おはようございます。
植物園のこのあたりはいいですね、
比叡山が少しだけ見えてこの棚の
バラさんも綺麗でここは好きな場所ですわぁ。
大きい樹の下のベンチもいいですけど、
連日の暑さでバラさんもお疲れですね。
でも美しく咲く様子は立派で健気です。
雨が欲しいですね、どこもカラカラです。
ツルバラは可愛くて私、好きですの。
大輪の花もため息が出ますけれど
ツルと共に咲くバラもいいですね。
いつもありがとうございます。

古都人さん、おはようございます♪
京都府立植物園のお花はいつも素晴らしいと思いますが、
今回の蔓バラは特に見事ですね。
青空をバックに咲き誇るバラはほんとに綺麗です。
お写真のアングルなども素晴らしく、バラのアーチの
下で見ているような、錯覚にとらわれました。
手を伸ばせば、届きそうな感じも良いですね。

バラは咲かせるまでも大変ですが、散った後も剪定、
病気予防の薬剤散布と沢山のお仕事が待っています。
家では少ししか育てていませんが、花びらのお掃除だけ
でも一仕事です。管理して下さる職員さんにも感謝です。

エキウム ウィルドプレッテイ、珍しい植物ですね。
宝石の塔」とも呼ばれているそうですが、
その名にふさわしく、沢山の花が宝石をちりばめた
ように沢山咲いていますね。見事な存在感です。
京都府立植物園を我が家のお庭のように、いつでも見る
ことができる古都人さんがとても羨ましいです。

古都人さん   こんにちわ~

蔓薔薇は好きなんです。
青空に小さなお花がいい感じに撮れましたね。

最近、アンジェラが気に入り今年は遅くても買うぞ・・・
白モッコウ薔薇は挿し木でつきました。

やはり薔薇はいいですね~♪

植村さんへ
 こんにちわ
そうですね
私も撮る気は無かったのですが
想像以上の美しさに思わずパチリでした
遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
宝石の塔に相応しですね
可愛い花がギッシリ咲いているのも嬉しいです

taekoさんへ
 こんにちわ
ありがとうございます
写真は特に花の写真は何時も申していますが私の場合は結果オーライです
遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
宝石の塔の姿を見られるのは
割合短い間ですね
花が枯れたらすぐに何処かへ運ばれるようです

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
私も植物園の特にバラ園から覗いている?比叡山を見るのは好きです
不思議と似合いますね
そうですね
連日の暑さと少雨で植物も可哀そうです
そうですね
大輪のバラの花も蔓バラもどちらも好いですね
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
今回は晴天に恵まれて一層バラの花が綺麗でした
そうですね
確かに手を伸ばせば届きそうに思えますが意外と高くて届かないのですよ

遡ってご覧戴いてありがとうございます
エキウム ウィルドプレッテイは日本の植物園でも
こちら以外には数箇所しか育てておられないと聞いています
傍に寄らないと判らない位小さな花ですが確かに存在感が有ります
そうですね

京都府立植物園は地下鉄1本で行けますから
思いついた時に行けるのが有りがたいです

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうでしたね
hirugaoさんは薔薇の花がお好きでよく撮られていますね
ご自宅でもお育てでしたね

そうですね
やはり青空をバックは花が映えますね

こんばんは happy01
↓ 記事の「宝石の塔」といいバラ園といい、見事ですね。
さすが府立植物園です。
「宝石の塔」は私自身まだ一度も見たことがなく、一度実物を見てみたいものです。
バラも見応えたっぷりにたくさん咲いて、甘い香りが漂っていたことでしょう。
蔓バラも素晴らしいですね。
棚から見に来ている人たちに「こんにちは」とご挨拶しているように見えます。

古都人さん
北山の植物園は見どころ沢山ありますね。
今が花たちにとって見せ場、一番良い季節かも知れませんね。
蔓バラのゾーンに、朱色の凛とした「ツルプリンセスミチコ」があり魅せられました。
蔓バラには物語が似合いますね。
雪の女王のカイとゲルダも蔓バラのアーチの下で遊んでましたね。
魔女に囚われたゲルダは消し忘れた魔女の帽子のバラの絵をみてカイを思い出しましたね。久しき昔♪の歌詞も~垣に赤い蔓バラ。
たくさんの素敵な写真を見せて頂くだけでも幸せな気分に浸れます。
それも、何度も何度も訪れていればこそのイメージゆえです。
大きな大きなヒマラヤ杉も大好きです。薔薇コーナー最寄に在ったように記憶。

慕辺未行さんへ
お早うございます
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 流石京都府立植物園さんです
有難いことです
現在も更に進化を進めておられます
そうですね 「宝石の塔」 不思議な植物ですね
不気味にも感じます

田舎娘さんへ
お早うございます
そうですね バラは色んな形や色で私達に感動を与えてくれますね
今は植物園は四季を通じて花達の1つのピークでしょう
主役は勿論バラでしょう
そうですね 巨木の1つ ヒマラヤ杉の周りにバラ達が
咲き乱れていますね
「アナと雪の女王」のこと余り良く知らないのです
共鳴出来ずに済みませんね

ごめんない古都人さん
アンデルセンの雪の女王です。
隣通しの幼馴染のカイとゲルダ。突然天から降った来た悪魔の鑑の破片が目に刺さってカイは悪い子になってしまいます。
ある雪の日に美しい雪の女王に魅せられたカイは、女王のそりに自分のそりを結びつけます。
カイは雪の女王の氷の城に連れて行かれ身も心も氷にされてゲルダのことも忘れます。
一方ゲルダはカイを探して雪の女王の国まで旅をします。
行く先々の困難を乗り越えて最後にゲルダの熱い涙がカイの心を溶かします。

最初の困難に花屋敷の魔女が登場。可愛いゲルダを離したくない魔女は、カイを連想させる「薔薇の花を」悉く魔法で消します。たったひとつ魔女の帽子に描いてある薔薇の花だけを消し忘れたのです。或る時ゲルダはそのバラの絵に気付いてカイを思い出します~

田舎娘さんへ
 こちらこそすみませんでした
早とちりしてしまいましたね
アンデルセンの雪の女王は
詳しくは知りませんがあらすじは知っていました
田舎娘さんの詳しい説明でより判りました
ありがとうございます
それにしても田舎娘さんは多方面に渡って良くご存じですね
感心しながら自分の無知を恥じています

青空と白い棚とバラのお花、3拍子揃って
とってもすがすがしいです!
やはり青空、日光はお花を何倍も美しく見せてくれますね。
古都人さんのカメラの腕もさすがです!!

下の記事の宝石の塔、初めて見ました。
インパクト大ですね~!
お花はアルストロメリアに似たかわいらしいお花なんですね。

そして大きなお花がもうひとつ。タイサンボクですね。
こんなにきれいな真っ白いタイサンボクのお花は珍しいです!
だいたいどこか茶色っぽい感じになっていて
もったいないなぁと思うのですが、これは完璧ですね!
これから咲き始めるくちなしの花もそうですね。

やっこさんへ
 こんにちわ
そうですね
特に花にとって太陽や日光は大切ですね
写真ではより一層綺麗に見えます

遡ってご覧戴いてありがとうございます
宝石の塔は少しの期間しか見る事は出来ません
花が枯れたら他の場所へ移されるようです
 タイサンボクもタイミングが良かったです
殆どの白い花は汚れや茶色っぽくなって
真っ白はなかなかお目にかかれませんね
そうですね
くちなしの花はもっと難しいですね
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/60002455

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園 咲き誇るバラの花”蔓バラ” :

« 京都府立植物園「宝石の塔」が見事な姿を見せていました | トップページ | 植物と琳派 児童作品展 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き