« 京都府立植物園 咲き誇るバラの花”蔓バラ”  | トップページ | 岡山県 真庭市 勝山 御前酒蔵元とレストラン西蔵 »

2015年6月 4日 (木)

植物と琳派 児童作品展

 先日は芸術系の大学生による、琳派の美を羽裏に表現した作品をご紹介しましたが、今回は子供たちの作品展をご覧ください。
こちらも琳派四百年記念祭の一環で、タイトルはこどもの目「植物と琳派」です。
展示場所は京都府立植物園で、「こどもアトリエ」で学んでいる児童の作品です。

061

京都に住む子供達、3歳児から中学がチャレンジした琳派をテーマにした
作品でです。

062

      ステンドグラス「花鳥風月」

063

子供たちが琳派の美をどう受け取り表現したのか興味が有りました。

068


069


082


089

      掛け軸を作る 鳥・植物・動物

090


091


093

                  アルミ缶の装飾鏡

100

                           木のレリーフ 等々
植物園会館の二階特別展示室は数えられない位の作品で
子供たちの両親と思われる方・兄弟など、そして私のように無関係の者・・・
大勢の方達が琳派の美を表現した、愛らしい作品を楽しんでいました。





« 京都府立植物園 咲き誇るバラの花”蔓バラ”  | トップページ | 岡山県 真庭市 勝山 御前酒蔵元とレストラン西蔵 »

京都府立植物園」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
スクロールしながら何回も拝見しました
古都人さんの目線で・・
多分愉しみながら撮られたのでしょうね
この素晴らしい作品の前に立ったら写真を撮る事も忘れてしまいそうですね
見る者の気持ちを明るく元気にさせてくれる作品ばかりです
正直「琳派」はよく解りませんが
子供たちの感性が捉えた「琳派」は
明るくて自由な発想なのですね
アルミ缶の装飾鏡も工夫されていますね
唯々感心しながら拝見しました

 お早うございます
一番下の孫が小学3年生です
絵を描くことは好きで時々展覧会に出してもらっているようですが
ご紹介の子供たちの作品の素晴らしい事
見事ですね~
特に年少さんの作品の色使いに感心しました
自由に描いているようで個性が感じらます
ステンドグラスの「花鳥風月」は中学生でしょうか
見事と言うより言葉が有りません
「こどもアトリエ」で学んでおられる姿が見えるようです
真剣に取り組んでおられる姿が
素晴らしいご紹介ありがとうございます


古都人さん
 おはようございます
先日の大学生による琳派の羽裏ユニークで感心し、又、楽しめましたが
子供たちの作品の何と伸び伸びした
楽しい発想に驚き感心しました
色使いはやはり琳派ですね
自分の子供の頃を振り返り
これだけのしっかりした絵が描けたか?
全然違いますね
もっと色使いも少なく単純な絵だったと思います

それにしても古都人さんのアンテナは見事ですね
情報通と言うのでしょうか?
お蔭で色々な京都を知ることが出来嬉しいです

古都人さん   こんにちわ~

楽しいですね!
ことに子供たちの作品には目が行きます。
それを上手く捕らえてさすが古都人さんです。
最近時々見かけるアルミ缶の作品からの
イメージとは異なり素敵ですね。

今日は意外とひんやりしています。

古都人さん
こんにちは。
素晴らしい作品に見とれています。
何と感性豊かで素敵な表現でしょうかぁ。
どの場面も満ち溢れていますね、こんな風に
描けるって子供さんたちに会ってみたいです。
才能があるなぁ~
しっかりと見て表現できるって関心します。
古都人さんに色々とご紹介して
いただけて、行った気分になっています。
これからの活躍が楽しみですわ。
このままの感性を磨いて持ち続けて
欲しいですねぇ~♪

植村さんへ 
 こんにちわ
そうですか
植村さんに小学3年生のお孫さんがおられるですね
可愛いと思います 
そうですね
私も子供たちの自由な色使いに感心しました
そうですね
確かに同じものを描いていてもはっきり個性が現れています
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

taekoさんへ
 こんにちわ
そうですね
私も色使いに琳派を思いました
そうですね
私の子供の時はこのような伸び伸びした
個性的な絵は描けませんでした
少しでも喜んで戴ければ嬉しいです

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
会場で写真を撮っている時は
皆さんもそうでしたが微笑ましくニンマリしていました
そうですね
子供さんたちの将来に出会ってみたいですね
この中から立派な画家さんが誕生されているかも知れませんね
そうですね
今日は晴れて清々しい日になりました

ムームーさんへ
 こんにちわ
画家さんのムームーさん
ご主人は勿論ですがご家族も皆さん絵が得意
そのような環境に居られるムームーさんのお言葉は子供たちに伝えてあげたいです
そうですね
大人になるとどうしても感性が鈍くなります
今のままでいて欲しいですね

京都にはたくさんの本物を見る機会があるので
「琳派」といわれてピンとくる子供たちが多いのでしょうか。
やはり学年が上がるとそれなりのすばらしい作品ですね。
屏風にしたり、掛け軸にしたり、とてもいい工夫ですね。

やっこさんへ
 こんばんわ
今回の作品展の主催者「こどもアトリエ」の方にお聞きしたのですが
子供たちに琳派の絵を鑑賞させてから
植物園へ行って好きな植物を描きなさいと言われたそうです
大人と違って子供たちは純粋なのでしょうね

古都人さん、こんばんは~♪
色鮮やかな子供達の絵に目が釘づけです。
一枚目や二枚目のお写真の絵は子供達が
描いたとは思えないほど見事です。
琳派がどのようなものかはよく分かりませんが、
このようなアトリエで幼いころから
学べる子供達は幸せだと思いました。
アルミ缶の装飾鏡もお洒落で素敵ですね。
よく考えついたものだと感心しました。
木のレリーフからは仄々とした温かみが感じ取れました。
素晴らしい感性を持った子供達。このままどんどん
才能を伸ばして欲しいものだと思いました。

hiroさんへ
 こんばんわ
そうですね
この色鮮やかさが琳派の一つの特徴でしょうね
京都では色々な場所で琳派に因んだ催しがされていますが、
子供たちの作品によく表されていると思います

このアトリエは京都府立植物園に近く
写生によく来ているようです
恵まれた環境も才能を開花させる大切な要因でしょうね
そうですね
このまま才能を伸ばして欲しいものです

こんばんは happy01
いやはや・・・子供などと侮るなかれ!ですね。
とても子供の作品とは思えないような完成された作品がたくさんあり、驚きました。
テーマだって簡単なものではないですし、それらを見てひとりひとりの感性で描いたのでしょう!
どれも素晴らしいです。
これらの作品のうちいくつかは、実際の製品のデザインに使われたりすることもあるかもしれませんね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうでしょう これらの絵を描いた子供達は
絵画教室の子供達ですが表現力の
素晴らしさに驚かされました
琳派が何ものか良く判っていないかも知れませんが
思い切った描き方に感心しつつ見させて貰いました
今京都市内では「琳派400年」の文字が多くで
目にします

古都人さん今日は
いよいよ梅雨に入りましたね・・此方も今雨が降り出しました
今回の、こどもアトリエで学んでいるお子さん達の絵凄いですね(*^-^)
植物と琳派・・習っていらしゃっても、こんなに上手に子供さんが絵を
描けるとは・・吃驚しました・・・
そして色使いも美しいですね・・お花や鳥たちを見事に描かれて
美しい作品に出来上がり目を見張るほどの、ものばかりです(o^-^o)
小さいかお子さんの作品もお上手ですね・・そして中学生ぐらいの方のは
更に絵も色ずかいも見事で感動いたしております
こうして見せて頂くと将来この絵の道に進まれる方も何人か
出て来られるかも・・・と思いを馳せたりもしています
素敵な子供達の作品を見せて頂き有難うございました

咲子さんへ
 こんにちわ
やっと雨が降りました
今年の5月は高温と少雨で植物や野菜にとっても可哀そうでした
 そうでしょ
私も写真を撮りながら凄いなあ、素晴らしいなあと呟いていました
そうですね
色使いは子供とは思えませんし作品も小さい子供も中学生も其々に見事でした
そうですね
この子供たちの中から将来有名な画家さんが生まれるかも知れませんね
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

こんばんは
作品を見ながら思わず声に出して感心したり
微笑んだりする古都人さんが目に浮かぶようです。
伸び伸びとした作品ばかりです。
素晴らしいです。
子供のうちからこういった学びができるのも
京都ならではでしょうね。
羨ましい限りです。
作品が展示され
さぞ作者たちの励みになったことでしょう。
子供の作品にはいつも心打たれます。

まさみさんへ
 こんばんわ
正に仰る通りでした
暫し写真の事は忘れて子供たちのお仲間入りしているような錯覚が有りました
そうですね
 京都には多くの絵画教室が有り画廊も有り発表の場は多いですね
子供たちは京都府立植物園でデッサンをすることが多いそうです
自然環境の中にいると感性も磨かれるのでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59537709

この記事へのトラックバック一覧です: 植物と琳派 児童作品展:

« 京都府立植物園 咲き誇るバラの花”蔓バラ”  | トップページ | 岡山県 真庭市 勝山 御前酒蔵元とレストラン西蔵 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き