« 岡山県 真庭市 勝山 町並み(2) | トップページ | 京都の三社三様の「茅の輪」くぐり »

2015年6月30日 (火)

岡山県 真庭市 勝山 町並み(1)

  中国山地の城下町2つを訪ねる旅は、津山から勝山に移りました。
真庭市は岡山県のほぼ真ん中にあり、勝山町はその中心的存在です。
古くは勝山藩2万3千石の城下町であり、出雲街道の宿場町として栄えたところです。
 早速町並みを歩きました。

001a

JR姫新線の「中国勝山駅」で下車し、「町並み保存地区」に向かう途中での光景です。「檜舞台」と言うそうです。ウッドストリートとも言います。
不思議な光景でした。

002a

道の半ばの上には、こんな物が目に入りました。大きな太鼓のようです。
「町並み保存地区」(岡山県)は、この道を直進した先にあります。

004a

町並みに入って直ぐの景色です。流石電線などは見られません。
町並みは左手の町並みの裏側を流れる「旭川」に沿って建てられています。

007a

見るべき建物は、道の両側に建っていました。
このお宅は、比較的間口が広い方です。
建物の表側の様子は、変化に富んでいます。
建物に関する説明が殆ど無いので、ご紹介の仕様が無いのですが、普通の住宅とは思えません。何か商売をされていたのかな?と思いました。

008a

更に直進しています。右手・手前のお宅が、上の写真のお宅です。

010a

左手に行くと、「旭川」に架かる橋・中橋(歩行者専用)がありますが、この街角に建つお宅は立派な建物です。今までも各地の「町並み保存地区」を見て来ましたが、街角に建つ建物は何処も立派だったなあと思い出しておりました。

012a

やっと説明板が掛った建物に出会いました。「郷宿」(ごうやど)と言います。
ここ三浦藩の定宿で、村役人が公用で出向いて来た時には、ここで宿泊することになっていたそうです。
現在は、お蕎麦屋さんを遣っている様です。


をご覧ください

« 岡山県 真庭市 勝山 町並み(2) | トップページ | 京都の三社三様の「茅の輪」くぐり »

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
まぁ~こちらの街並みは素晴らしいですねぇ。
昔ながらの家並がそのままあるなんて
素敵なことですね。
街並み保存地区っていうのがわかりますね。
どこから眺めても意識の高さが
伝わります、こうして知らないところを
見せて貰えて嬉しいです。
今まで人気がある地域の街並みや
街道は?って気がしますね。
川もいい雰囲気がありますね、どこか
鴨川にも似てて和みます。
説明板があまりないのも商売気がなくて
素朴ですね。
素敵なご紹介ありがとうございます。

ムームーさんへ
お早うございます
そうですね 特別に立派な住宅は少なく普通の民家が主体の
町並みでした
如何にも出雲街道沿いの家並みと言った感じでした
そして町並みをしっかりと保存されていました
こういうのが実際には大変なことではないでょうか
そうですね 家々の裏には川が流れているのも
京都に似て情緒がありますね

こんばんは happy01
↓記事ともども拝見させていただきました。
中国勝山の地名は何となく聞いたことがあるように思いますが、真庭市は初めて知りました。
勝山の街並みも古都人様好みの素敵なところですね。
伝統的な街並みが残るところに電柱や電線は無粋で、やはり地中に埋められているようですね。
虫籠窓やなまこ壁、格子・・・改めて日本家屋の美しさが分かります。
保存地区へ向かうこのウッドストリート、不思議な光景ですね。
何のためにこのようなもの作ったのか・・・まったく想像がつきません。
私もたまにはこのような街並みをのんびり散策してみたい気分です。

慕辺未行さんへ
お早うございます
連続してご覧戴き有難うございます
勝山と言う地名は福井県にもありますね
確か「大野市」だったと思います
そんなことで「中国勝山」として区別しているのですね
そうですね 昔の景観を再現しようとすると
電線等は不要ですね
地下化か表通りに出ない工夫をされていますね
町並み保存の指定を受けるにはそんなことも条件に
なっているのだしょうか
そうですね ウッドストリートは不思議な光景でした
「檜舞台」と言うことですからこの地では檜が多く採れる
のでしょうか
良く判りませんね 屋根のないアーケード?

古都人さん、おはようございます♪
前回のコメントではハンドルネームを忘れていたようですが、
私だと気がついていただき、ありがとうございました。
こちらの茅の輪くぐりも6月30日でしたが、夫が通院で車を
使ったので、見にゆくことはできませんでした。
今日は三つの神社の「茅の輪」くぐりを拝見できて
とても嬉しいです。ネットの上からでも少しは厄払いが
出来たかと思っています。

さて勝山の町並みですが、こちらもまるで
江戸時代にタイムスリップしたかのように
素晴らしい町並みですね。
「遊歩百選の町」や「美しいまちなみ大賞」にも
選ばれたことは、おおいに納得出来ます。
白壁やなまこ壁、格子、のれんがかかった商家
どこを見ても美しく、ノスタルジックな気分になります。
山陰や山陽地方にはめったに行く機会がないので
こうしてブログで拝見出来るのはとても勉強になります。
今日も素敵な御紹介、ありがとうございました。

hiroさんへ
こんにちわ
早速のお参りを有難うございます
しっかりと厄除けして戴けたかと思います
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね ここ地元の皆様方の並々ならぬ
景観の維持・保存のご努力に感銘を受けました
町並みを歩いていても気持ちが良かったです
そうでしょうね 中国山地の町々には中々お出掛けの
機会は少ないかと思いますね
何故か私は近年中国山地付いております
高梁市・津山・勝山と続いています
直近では山口・萩・津和野にも行きました
萩は山地を越えて日本海まで達しましたが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59953230

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県 真庭市 勝山 町並み(1):

« 岡山県 真庭市 勝山 町並み(2) | トップページ | 京都の三社三様の「茅の輪」くぐり »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き