« 岡山県 津山市 津山城 | トップページ | 岡山県 津山市 町並みを歩く(2) »

2015年6月22日 (月)

岡山県 津山市 町並みを歩く(1)

 津山城」の見学を終わって、お城の東「城東界隈」の町並み拝見と出掛けました。その町並みは、私の好きな「重伝建群保存地区」なんです。「出雲街道」でもあります。観光案内所の女性の方に教えて戴いた早道を通って行きましたら、意外と早く着けました。

055b

津山城の城下町の東の入口にあった「東大番所」跡(左側の空き地付近)です。右手の遠くに見える森は、津山城です。
右手に少し見える橋の欄干は、城下を流れる「宮川」に架かる「大橋」です。
橋を渡って、「城東界隈」の町並みを歩きました。
道(出雲街道)は、城下特有の直角に折れています。

020a

この辺りから、昔ながらの町家が始まります。このお宅は、比較的こじんまりとした町家です。進行方向に向かって、左側に古民家が多く見られました。
2階は低く造られています。

021a

低い煙出しに美しい格子戸、そしてなまこ壁。現在もここに住んでおられる様ですが、美しい町家だと思いました。

023b

随分間口の広いお宅だと思ったら、実は造り酒屋でした。
一番左端に玄関がありました。

024a

その玄関です。意外に質素な造りです。看板には「諸白」と見えました。

025a

こちらも格子戸が美しいお宅です。やはり2階は低いです。

027a

今まで歩いて来た町並みを、振り返って見ました。
珍しい火の見やぐらがありました。
この辺りは、未だ電線が地下化(とは限りませんが)されていません。
この辺りで、映画「男はつらいよ」48作のロケが行われたとか。

029a

街道には、所々横町がありました。
ここは「大隅小路」と言って、この先には鎮守の「大隅神社」があります。

030a

この辺りは、電線が全く見られませんでした。
古民家があり、新しい家もありと、混在しています。

050a

右側手前から、2軒目に「箕作阮甫」の旧宅があります。解体・復元されていて、国指定の史跡になっています。「箕作阮甫」(みつくりげんぽ)は、幕末の洋学者です。

052a

その様な関係からか、その近くには「津山洋学資料館」が造られています。

 この町並みの一角に、大きなお屋敷があり、公開されていましたので、次回にご紹介したいと思います。

« 岡山県 津山市 津山城 | トップページ | 岡山県 津山市 町並みを歩く(2) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

お早うございます 
 好いですね~素晴らしい
先ほどから何度もスクロールしながら
魅入ってしまいました
古都人さんは魅力的な町並みをよくご存じで歩かれていますが、
今回の津山市の城下町の素晴らしい事
どのようにコメントすれば感動を伝える事が出来るのか
ボキャブラリーの貧しい私は戸惑っています
電線が見られないのは町並みが広く見えますね
人の姿も少なく静寂が漂っている私の大好きな憧れの町並みが続いています
立派な造り酒屋さんは今も商いを続けておられるのですか?
尊敬に値しますね
雰囲気の有る横町も最近は少なくなってきたように思います
この町をゆっくり散策する幸せを願いながら・・・

古都人さん
 おはようございます
「重伝建群保存地区」は私も大好きです
残念ながら歩いたことは有りません
どれも古都人さんのブログでご紹介された所だけですが
津山城の城下町も素晴らしいですね
町中がここの景観を壊さないように静けさを保っている
そんな気がします
城下特有の直角に折れた街道は
古都人さんに教えて戴きましたが
こちらもやはりそうなのですね
この道を多くの馬に跨った武士が駆け抜けたのですね
歴史の1ページを見ているような気がします
こんなに風情の有る町並みなのにどうして観光客の姿が無いのか不思議です
賑やかな町並みになっても困りますが・・

古都人さん
 お早うございます
本当ですね
城下町の道は直角に折れていると聞きますが敵の馬が勢いよく走ってきても
ここで速度を落とさざるを得ないのですね
素晴らしい町並みが続きますね
しっとりした町並み、立派な商家に個人のお宅でしょうか?
煙出しに格子戸、なまこ壁町家の典型ですね
「重伝建群保存地区」にお住まいの方の自分の街に対する誇りなのでしょうか
素晴らしいと思います

「男はつらいよ」のロケが行われたとの事ですが映画のロケ地にピッタリの町並みです
人影も見えずこんなに静かな城下町が今も有るのですね


古都人さん
おはようございます。
「重伝建群保存地区」いいですねぇ~
風情があってこのようなところを
散策したいですわぁ~
今もこうして残されてて素敵です。
電柱がないのもいい雰囲気が
そのままあって美的センスがある
家並に目が~
好い所へ行かれましたね、私は
お城だけでしたから、こういう
街並みを歩いてこそ、美しさは
繁栄したその昔を偲べますね~
いつもありがとうございます。

植村さんへ
お早うございます
そうですね 私の町並み散歩のキーワードは
重伝建群保存地区と城下町です
両方が重なることも多いです 今回の旅もそうでした
さらに付け加えますと街道ですね
重伝建はリストがPCで検索出来ます
造り酒屋さんは杉玉が吊るしてあったので
営業されていると思います
そうですね お気に入りの町並みをゆっくりと散策することは
至福のひと時と言えますね

taekoさんへ
お早うございます
そうですね 私も全く同感です 「重伝建群保存地区」は
まだまだありますが段々と京都より離れたところになって来ました
先日は萩と津和野に行って来ましたがここもそうでした
何れご紹介したいと思います
そうですね 余り知られていないのか観光の方は比較的少なかったです
地味なんでしょうね

ムームーさんへ
お早うございます
そうですね 「重伝建群保存地区」に指定される場合
やはり何らかの条件みたいなものがあるのだろうと思います
また指定後も色々な制約を受けることでしょう
そんなことをパスして住民の皆さんは日々ご苦労されている
ことと思いますね
何時もそんなことを思いつつ拝見しております

古都人さん   こんにちわ~

津山はいろんな見何処ろがあったのですね。
こうした町並みを観光だけの為に電線を地下に
入れたことは素晴らしいですね。

すっきりとした町並みになっていますね。
お陰でまたまた行きたいところのページに
書き込みが出来てしまいました。

hirugaoさんへ
こんばんわ
そうですね 電線の地下化(または表に出さない)は
多分この町並みが「重伝建群保存地区」に指定されているからだと
思います
景観を第一に考えられているからですね
そうですね 機会がありましたら是非訪れてみてくだざいませ

古都人さん、こんばんは~♪
私もこのような「重伝建群保存地区」の町並み、
大好きです。
でももう何年も見ていないような気がします。
こちらは格子戸となまこ壁が美しいお宅が多いですね。
天井が低いのは何か訳があるのでしょうか。
映画「男はつらいよ」のろけが48作も行われた
そうですが、このシリーズは何作も見ているので、
ひょっとしたら一度くらいはこの地区の光景を
見ていたと思うのですが、記憶には残っていないものですね。
電線が全く見られない地区がありましたが、
やはりすっきりとして良いものですね。
「重伝建群保存地区」だけでなく、日本全体の電線が
地下に潜ってくれたらが私の願いです。

津山城には一度も行ったことがありませんが、
在りし日の津山城のお写真を拝見して
あまりの大きさに驚きました。
森蘭丸の弟が造ったお城だったのですね。
石垣や石段の立派なこと。
在りし日が偲ばれますね。
居ながらにして歴史のお勉強が出来ました。

会社に津山出身者が数人いました。
今は年賀状だけの付き合い。
飲むと鶴山城の桜の美しい自慢話や鶴山城の歌が出た。
退職後は津山に帰った。納得ですね。


こんばんは happy01
津山の街並みも素敵ですね。
格子戸に2階にはなまこ壁もあって、本当に美しい町屋です。
そして今もこのような町家で暮らしている人がいる・・・
どんな人がどんな暮らしをしているのだろう?
代々続く町家を誇りに思っているのか、それとも近代的な民家やマンションに憧れを持っていたりするものか・・・?
機会あれば訊ねてみたい気もします。

hiroさんへ
お早うございます
そうですか 私も全く同感です
何時も「重伝建群保存地区」を旅の目的に探しています
hiroさんはどこをご覧になったのでしょうね
2階が低いのはここは出雲街道ですので
武家を上から見下ろしてはいけないためにその様な
造りになっていると聞いたことがあります
多分大名の参勤交代でここを通ったのではないでしょうか
そうですね 電線が見られ無いのはすっきりとしていて
良いですが総てとなると大変なことでしょうね

maetetuさんへ
お早うございます
そうですか 津山の出身の方が数人もおられたとは
何かのご縁があったのでしょね
津山はあの辺りの交通の要衝の様でした
津山駅で時間待ちしていましたら
結構多くのビジネスマンの出入りを見掛けました
どんな企業があるのかなあと思ったりしていました

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 私も良くこの様な町を訪れますが
同じ様な思いをしています
普通の民家の方との会話は叶いません
せいぜい一般公開されているお宅の方に伺いますが
指定を受けている制約には甘んじておられる感じです
町全体のために我慢されている方もおられることでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59898919

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県 津山市 町並みを歩く(1):

« 岡山県 津山市 津山城 | トップページ | 岡山県 津山市 町並みを歩く(2) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き