« びわ湖バレイとびわ湖大津館へ(びわ湖大津館ー1) | トップページ | 京都の魅惑的な地名(6)正面町 »

2015年6月14日 (日)

びわ湖バレイとびわ湖大津館へ(びわ湖大津館-2)

 昨日の続きです。
 今日は「びわ湖大津館」の「イングリッシュガーデン」を、ご紹介します。
 2015年に京阪園芸のローズソムリエの小山内健氏が監修・リニューアルされたとのことです。四季咲きのバラを含め、150種 約2000株のバラなどが植えられています。
094a_2

 この庭園は、地形の関係からか縦長になっています。庭園の3分の2位を見ています。右手から奥に掛けてが琵琶湖です。
メインのバラの幾つかを、ご紹介します。

072a

073a

名前は解りませんが、華麗な花姿にうっとり眺めています。
残念ながらどのバラの花にも名前の札が付いていなかったように思います。

084a

上品な薄紫のバラですが、開ききっていない姿に優しさと風情を感じます。

090a

 バラは、俳優・女優や画家、皇室、音楽家、香りなどの区分ごとに植え分けられていて、有名な方達の名前がずらりと揃っていました。

 096a1

 「ノットガーデン」と言うそうですが、こんなのもありました。
ノットとは、「結び目」のことだそうです。正面がここの入口です。

他にも綺麗、可愛いと思う花が咲いていましたが、その中から特に目についた花をご紹介します。

071a

こちらは、何故か名札が付いていまんでした。
お仲間のhiroさんとhirugaoさんにシャクヤクと教えて戴きました。
花の名前より花色や花姿を愛でて欲しいのかも知れませんね。
私向きです

092a

同じく↑のお二人に・・金魚草とのことです。
教えて戴いてありがとうございます。

最後に、不思議な葉っぱの木を、ご紹介します。

078a_2

左手に見える様に、緑色の葉っぱと、木の幹から直接出ている葉っぱの色が違いますね。「ネグンドカエデ・フラミンゴ」と言うカエデ科の植物です。
これから葉っぱの色は、何らかの変色をするのでしょうか?

 

« びわ湖バレイとびわ湖大津館へ(びわ湖大津館ー1) | トップページ | 京都の魅惑的な地名(6)正面町 »

京都府以外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
「イングリッシュガーデン」愉しみにしていました
流石に広くて150種に2000株とは花の種類も数も多いのですね
想像以上です
全体的に静かな佇まいですね
やはり琵琶湖に近いから空気も綺麗でしょうね
自然に恵まれた場所に咲いているお花は幸せです
バラの花、可憐に撮られましたね
工夫して撮られているのが解ります
ノットガーデンも面白い発想ですが
ローズソムリエの小山内健氏が監修された結果なのでしょうか
一度は訪れたい場所になりました

古都人さん
 お早うございます
確か一度だけですが入った「イングリッシュガーデン」ですが
中は随分変わったように思います
唯、バラの花が咲き乱れて?いた印象でした
こんなに広くて綺麗に形作られているのですね
やはり、リニューアルされたのですね
しかもローズソムリエの方が。
特にノットガーデンに目がくぎ付けです
確かに結び目のように見えますね
工夫されているのに感心しています
当時もバラの花が綺麗だと思いましたが
とても可愛くて素敵です
植物園で見かけた花も有りますが
管理が良いのか花に汚れや痛みが無くてとても綺麗です
「ネグンドカエデ・フラミンゴ」はこの後どのような変化を見せてくれるのか
興味が有ります

 お早うございます
素晴らしいですね
「イングリッシュガーデン」の広くて
ユニークさに吃驚しました
私の記憶の中では単なるバラ園でした
2015年にリニューアルされたのですね
しかもローズソムリエ(この資格は初めて知りました)が。
道理で一味違った庭園の印象ですね
緑が爽やかで琵琶湖の近くで環境もよく
条件がそろっていますね
バラは、俳優や画家等更には皇室までの区分ごとに・・・
私には想像外の世界ですが是非見てみたいものです
お花は流石古都人さんですね
どれも愛らしく撮られましたね
最後の「ネグンドカエデ・フラミンゴ」
不思議ですね
この先どのように変化するのか知りたいですね

古都人さん
おはようございます。
琵琶湖を見ながら、このような素晴らしい
イングリッシュガーデンを散策されたのですね。
バラの美しく気高い様子がいいですね。
私も紫のお花が好きですわ~
いつもながら、素晴らしい写し方ですわ♪
そうそう、名前がついていなくても
個人個人の感性に任せるのも素敵~
琵琶湖の畔にこんなに素敵な
場所があるなんて、嬉しいです。
ご紹介ありがとうございます。
こちらのこと、忘れないようにします~

こんにちは
イングリッシュガーデン、素敵ですね。
あこがれてしまいます。
このくらい規模があると
ゆったりと眺めることができそうです。
あちらこちら訪れると
こういった場所との出会いがあるから
旅はやめられませんね。

ローズソムリエについても初めて知りました。
なんて素敵な響きなんでしょう。
バラは種類が多く手入れも大変と聞きました。
ソムリエとして花を美しく開花させるのもご苦労と思います。
バラが大好きなんでしょうね。

職場のポジションが変わり
帰宅時間が遅くなったため
コメントが滞りがちですが
しっかりと読ませていただいています!

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 琵琶湖が直ぐ傍にありますから
殆ど世間の雑音は聞こえて来ません
静かな雰囲気の庭園でした
結構広々感を感じました
「ノットガ-デン」私も初めて知り見ました
形が面白いですね
多分小山内氏が手掛けられたものと思いますが・・・

植村さんへ
こんにちわ
実は私も詳しくは知らないのですか゛
多分本格的な「イングリッシュガ-デン」だろうと思います
イギリスなどの国王や貴族達のそれとは規模的には
比べ様が無いかも知れませんが・・・
しかし琵琶湖が直ぐ近くにあり静かな雰囲気の庭園でした
バラの花の名前の由来は興味がありますね
お言葉 有難うございます 嬉しく受け止めさせて戴きます
そうですね これからこの葉っぱ達はどの様に変化するのか
私も興味津々です

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 琵琶湖の直ぐ傍にこの庭園は造られていました
静かな雰囲気の中バラの花々を愛でるのは気分が落ち着いて
良かったです
そうですね バラの名前に気を取られていては楽しさも半減します
気にせずにゆったりと鑑賞したいものです
お言葉 有難うございます
そうですね 紫のバラは高貴な感じして私も好きです
気に入ったものを取らせて戴きました
そうですね 機会がありましたら是非一度お訪ねくださいませ

まさみさんへ
こんにちわ
そうですね 琵琶湖の直ぐ傍で規模的な制約も
あったかも知れませんが2つの見事な庭園を拝見出来て
良かったです
実は私も初めて知りました 「ローズソムリエ」
最近色んな「ソムリエ」の名前を聞きますがこちらは初めてでした
きっとバラ造りには精通された方なんでしょうね
そうですか お仕事の内容が変わられたのですね
お疲れのところを拙いブログをご覧戴き有難うございます
どうかご無理をなさらない範囲でご覧くださいませ

こんばんは happy01
イングリッシュガーデン、素敵ですね。
日本庭園とは全く装いが違う、いかにも英国風の庭園ですね。
そしてこのような庭園にはやはりバラの花が似合います。
バラの花の名前には確かにプリンスやプリンセスをはじめ有名人の方の名前が多いですよね。
しかし名前にこだわらず、お気に入りのバラを見つける古都人様の視線も素晴らしいです。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 旧琵琶湖ホテルとイングリッシュガーデンとを
セットで観光資源とされた大津市の英断には感動します
これからも多くの人が訪れることを願うばかりです
実はバラの花の名前に理解し難いところもあって
関心が薄いのです
お言葉 恐縮です

古都人さん   おはようございます

此処は行ったことがないのです・・・
今綺麗な薔薇が咲いているのですね。
シャクヤクも黄色いのはキンギョソウ?
薔薇のお花の名前は最近はことに覚えらえないので
私も古都人さんと同じです。

古都人さん、おはようございます♪
「びわ湖大津館」の「イングリッシュガーデン」、
小山内健氏が監修・リニューアルされたのですね。
小山内健氏はNHKの「趣味の園芸」で何年か前に
一年間、バラの育て方の講師をしていらっしゃったので
よく覚えています。さすがに素晴らしいガーデンを
造られますね。バラはどの花も優雅で素敵ですが、
私は最後の花びらにフリルがあるシックな色あいの
バラが一番素敵かと思います。
「ノットガーデン」という名前は初めて知りましたが
整然として、素敵ですね。
満開のシャクヤクと金魚草も美しいですね。
最後の「ネグンドカエデ・フラミンゴ」は初めて
拝見しましたが、不思議な木ですね。

hirugaoさんへ
こんにちわ
お花の名前を教えて戴き有難うございました
そうですね 昔はビッグだったのですが
今は大津市の中心地から遠いところですので
ここを良く知った方しか多分行かれないのではと
思いますね
交通の便も余り良くないですから・・・

hiroさんへ
こんにちわ
そうなんですか 小山内健氏はバラの世界では
有名な方なのですね
全く知らずに失礼しました
改めて当日戴いたパンフレットを見ましたら
バラ鑑定士として実力のある方ですね NHKのことも
記載されていました
花の名前を教えて戴き早速記事に追記させて戴きました
合わせましてお礼申し上げます 有難うございました

こんにちは。
イギリス風のお庭は自然がいっぱいで
ホッとできるお庭ですね~。
ノッドガーデンは反対に規則正しくて
居住まいを正さないと・・・と思うようなお庭。
朝起きテ会社に行くときに見る風景はノッドガーデン、
家に帰ってくつろぐときはイングリッシュガーデンが
いいかなぁ^^

昨日の記事にコメントした琵琶湖ホテル。
やっこはお城の形をしていたのを覚えていたので
琵琶湖ホテルだと思っていたのですが、
古都人さんに教えていただいたトンボのオブジェの
琵琶湖文化館を調べてみたら、こちらもお城のかたちを
していたのですね~。
たぶんやっこがたずねたところは文化館かな~?って
思います。
子ども会から行ったものですから・・・
でも、あのお風呂かプールはどこだったのかな~?
文化館は閉館のままになっているそうですね。
古都人さんのおかげで、思い出の謎が少し分かりました。
ありがとうございます。

やっこさんへ
こんにちわ
成程 朝はノットガーデンを 夕方はイングリッシユガーデンを
納得出来ますね
そうでしたか ちょっとおかしいなと思っていたのですが・・・
お風呂かプールは何処なんでしょうね
あの周辺には無い様に思うのですが・・・
そうなんです 琵琶湖文化館は大津市立歴史博物館が出来て
その存在が薄れて仕舞いました
展示内容には少し違いはありましたが・・・
水族館見たいものもあったのですがそれらは琵琶湖博物館に
移ったと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/60115747

この記事へのトラックバック一覧です: びわ湖バレイとびわ湖大津館へ(びわ湖大津館-2):

« びわ湖バレイとびわ湖大津館へ(びわ湖大津館ー1) | トップページ | 京都の魅惑的な地名(6)正面町 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き