« 岡山県 津山市 町並みを歩く(2) | トップページ | 京都・北野天満宮の茅の輪くぐり »

2015年6月26日 (金)

”雷神”の巨大彫像

 花にも旬が有りますね。
5月31日に撮影したものですが、整理が滞っていてご紹介がすっかり遅れました。


083

まず、↑は何かお分かりでしょうか?観覧温室前の鏡池の中です。
 琳派400年祭を記念し、神々をモチーフにした巨大彫像作品を制作展示する「バンテオンー神々の饗宴」の1つ「雷神」です。
7月25日からは「花の女神フローラ」、8月中旬から「風神」が次々と登場するとの事です。


080

 近寄ってみましょう。
‘雷神ー黒い太陽‘は直径約6m。黒い角を入れると高さ約12m。
鉄とプラスチックで構成し、雷神の卵をイメージしています。
 雷を発生させる装置が内蔵され、9月下旬からの夜間ライトアップ時に動かす予定との事。
 8月に登場する「風神」は、風力で水をくみ上げ、7月25日に予定されている「花の女神フローラー」も動く仕掛けが有るとの事、楽しみです。


116

5月は高温が続き少雨でしたね。

117

園内を歩いていますが、散水では追いつかない様で地面が乾いて
植物たちも暑そうです。


078

園の方達のご苦労を思いながら撮っていますが、私自身暑くて雑な撮り方になっています。

068


散策していて涼しげな花を見つけました。


074

 ドクゼリモドキ(ホワイトレースフラワー)セリ科 地中海沿岸が原産
と説明されていましたが、レースフラワーの名前が相応しいです。
少しだけ涼しさを戴いた気分で植物園を後にしました。

« 岡山県 津山市 町並みを歩く(2) | トップページ | 京都・北野天満宮の茅の輪くぐり »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

琳派」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
ご紹介の雷神の卵?は地元の新聞で紹介されたと思いますが
こんなにユニークで直径6メートル
高さが12メートルもある立派な物なのですね
流石は琳派の作品です
7月や8月にも違った神の饗宴が有るとか
特に「花の女神フローラ」に興味津々です
暑い植物園ですが是非見てみたいです
 お花も暑そうですが、これだけの花を咲かせておられる園の方達のご苦労が偲ばれます
暑い中を取材お疲れ様でした

お早うございます
 植物園も「琳派」400年記念祭に関連する催しをされているようですが
ご紹介の「バンテオンー神々の饗宴」
雷神に花の女神フローラそして風神とは
意表を突かれました
広い植物園ならこそ鏡池ならこそ出来るのですね
それにしても雷神の卵とは
何方が考えられたのか驚きの連続です
私も是非自分の目でこの神々の饗宴を見なければ・・
もし三人の神様が揃われたら・・・
想像するだけでも楽しくなりますね
 暑い中での取材お疲れ様でした
最後のホワイトレースフラワーは涼しげで癒されますね

古都人さん
 お早うございます
5月は暑い日が多いでしたね
私も植物園に行きましたが
観覧温室の前までは行かなくて
バードウオッチングの人が居られる池で一休みして帰りました
やはり園内を歩かなければ駄目ですね
こんなにユニークな雷神のしかも卵?
吃驚です
しかも9月からは動く?どのように?
愉しみです
暑い園内で絵を描かれている人たち
特に子供の姿を見かける事が多いですが私には到底無理です

taekoさんへ
 お早うございます
そうなのです
私も実物を見るまではこんなに大きいとは思いませんでした
そうですね
植物園へ行く楽しみが増えました
そうですね
これだけの花を愛でる事が出来るのは何よりも植物園の職員さんやボランティアのお蔭です
どんなに暑い日でも黙々と作業をされています


植村さんへ
 お早うございます
そうですね
京都では色々な場所で琳派400年記念行事が行われいますが
植物園でもこれまでも何回か行われていました
唯今回の「バンテオンー神々の饗宴」
の雷神を見た時は驚きました
そうですね
広い園内ならこそ出来るのですね
3体が揃ったら見事でしょう

古都人さん
おはようございます。
今年は「琳派」400年記念祭があちらこちらで
催しされていますね。
こういうのもあるのですねぇ~
子供たちが見たら喜びそうですね。
おおがかりで意表をついた
作品ですねぇ~
雷を起す仕掛けもあるなんて素晴らしい~
古都人さん暑い中
お花を写されて見せて貰えて
嬉しいですわぁ。
いつもありがとうございます。

先ほどは雷神の卵の姿に吃驚して
書き忘れましたが
昨日京都府立植物園に秋篠宮殿下が来られていましたね

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
私たちの目には余り届かないものも有りますが
京都では多くの場所で琳派400年記念行事が行われいます
そうですね
子供たちが見たら驚き喜ぶことでしょうね
仕掛けも楽しみです
お花は正直イマイチでしたが
優しいお言葉ありがとうございます

植村さんへ
 ご丁寧にありがとうございます
そうでしたね
私もテレビで拝見ししました

古都人さん、こんにちは~♪
5月は暑い日が続き、植物園の方も毎日の水やり
が大変だったでしょうね。
ご紹介の「雷神」、あまりの大きさに驚きました。
植物園とどんな関係があるのかと思いましたが、
古都人さんの説明でよくわかりました。
「花の女神フローラー」や「風神」も楽しみですね。
お花の様子も1ヶ月近くたつと、ずいぶん変わりますね。
明るくてカラフルな花が多いですね。
ドクゼリモドキという名のお花は清楚で素敵だと
思いますが、名前が可哀そうですね。
私もレースフラワーの名前が相応しいと思います。

古都人さん  こんにちは
琳派400年記念祭に関連する行事は
いろんな形で開催されているのですね。
植物園に、「雷神」の巨大彫刻は驚きです。
お花、植物との対比、
独特の演出だと感心しています。
雷神、黒い太陽なのですね。
随分大きな彫刻で、子供たちには
雷神以外の姿に見えそうですね。
動く様子も見て見たいですね。
天候不順の植物園の管理は大変でしょうね。
キンギョソウ、レースフラワー、可愛く咲いていましたね。
お暑い中、取材ありがとうございました。

津山市の町並み、素晴らしいですね~
重伝建群保存地区の素晴らしさは、
古都人さんのご紹介で
ますます魅せられるようになりました。
城東界隈の町並み、出雲街道、古民家
美しい格子戸、なまこ壁の町屋で
現在もお住まいとは素晴らしいと思います。
街道は古を思い描きたくなります。
旧梶村家住宅、素晴らしいお屋敷ですね。
大富豪だったのでしょうね。
江戸時代から昭和初期までの建物
台所の梁、お座敷の造り、大正、昭和と
建てられた2つの蔵には
お宝が収納されていたのでしょうね。
回遊式の庭園などなど、どれもが素晴らしく
これからも長く保存して欲しい建造物です。

hiroさんへ
 こんにちわ
そうでしたね
5月の暑かった事は異常に感じました
そうですね
雷神の大きさに吃驚しましたが
この自由な発想も「琳派」と言えるのかも知れませんね
これからが愉しみです
唯、夜は苦手で・・・
 そうですね
今朝hiroさんのお庭で涼しげな爽やかなお花達を拝見して
時の流れを感じました
ブログでご紹介は・・・?と思いましたが・・・

すみれさんへ
 こんにちわ
何時もの事ですが、丁寧にご覧戴いてありがとうございます
そうですね
この巨大な雷神もこれから登場する風神なども「琳派」の自由な発想のひとつなのでしょうね
私も動く様子は是非見たいと思っていますが夜は苦手です
 そうですね
天候不良の5月は植物園の方々のご苦労は大変でした
何時行っても園の方の姿が有り水遣りや
草や枯葉や萎れた花を抜いておられました

遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
私は重伝建群保存地区を訪ねるのが大好きで何時も探しています
そして訪ね歩いて期待通りの時の喜びは
言葉では言い表せない位です
今回の津山の町並みもそうでした
そして旧植村家住宅も
江戸時代から昭和の建物が今もこうして残っている事に感動しました
そうですね
いつまでもこの町の良さをらしさ無くさないで欲しいものです

こんばんは happy01
風神・雷神の図は見たことがありますが、雷神の卵とは?!
エッ!雷神って卵から生まれるの?(笑) coldsweats01
さらに女神フローラに風神も登場するとのこと、楽しみです。
5月は本当に暑かったですね。
6月に入って返って涼しくなったような・・・。
お花たちも5月は暑さでずいぶんくたびれていたように思いました。
ホワイトレースフラワーは私も見たことがある花ですが、ドクゼリモドキはちょっとかわいそうな名前ですよね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 今京都では「琳派」の文字があちこちで
見られます
「琳派」と言えば何でもあり状態です
この造形などその典型見たいなものですね
「卵」と言うのも意表をついていますね
あとの2つも楽しみです

古都人さん   おはようございます

暑い日のことにお花の撮影は大変でしょうね。
私も先日百合園に行ってきましたが暑くて日中は
白飛びするわで大変でした。

面白いモニュメントですね。
我が家に今年はいっぱい咲いていましたホワイトレースフラワー
がドクゼリモドキとはちょっと悲しい名前を付けたものですね。

hirugaoさんへ
 お早うございます
そうですね
暑い日は花にとっても人間にとっても辛いですね
確かに日差しの中での撮影は白飛びします
hirugaoさんもそうなのですね
安心しました
そうですね
「ドクゼリモドキ」の名前は可哀そう過ぎますね

きれいなお花の咲く植物園には似つかわしくない
雷神(・・;)
雷を発生させる装置がついているのですか?
どんな風になるのでしょうか~!?
梅雨が開けると灼熱の太陽が照りつける夏。
植物園は一番過酷な季節ですね。
今のうちにたくさんのお花を見ておかないとと
思います。
レースフラワー、昨年家でも育てました。
次々ときれいなお花を咲かせてくれて
すばらしかったです。
今年もと思っていたのですが
すっかり種まきするのを忘れました(^_^;)
風に吹き飛ばされそうな小さな、小さな種なんですよ。

やっこさんへ
お早うございます
そうですね 植物園内に突然現れた不思議な物体
初めて見てびっくりしました
不似合と言えばその通りですね
今の植物園さんはどんどんと思い切ったことを遣られます
そうですね 9月下旬のライアップの時に雷の発生が見られる
様です 光線を利用した表現になるのではないでしょうか
そうですか レースフラワーを植えられたのですね
種子が極めて軽いとのこと 種子蒔きが大変だつたことでしょう
素晴らしい花を咲かせられたとのこと 良かったですね
育て方は難しくは無かったですか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/60407171

この記事へのトラックバック一覧です: ”雷神”の巨大彫像:

« 岡山県 津山市 町並みを歩く(2) | トップページ | 京都・北野天満宮の茅の輪くぐり »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き