« 竹と親しむ (その1)竹の径 | トップページ | 京都 蹴上浄水場「ツツジの一般公開」へ行きました »

2015年5月 4日 (月)

竹と親しむ (その2)竹林公園

 竹の径」の途中には、「京都市洛西竹林公園」があります。
「竹林公園」の概要については、最後にご紹介させて戴きます。


017a 

竹林公園内には「竹の資料館」があり、竹に関する色んな資料(主に竹の実物)があります。その「竹の資料館」のベランダから見た竹林公園の一部です。手前に見える石橋は、「百々橋」(どどばし)と言って、京都市内にあったものを移築されています。応仁・文明の乱の時、そこで激戦があったとか。

020a

公園内にある「竹の生態園」内の散策道を歩き始めて直ぐの場所から見ています。左手に一部見えているのが「竹の資料館」です。
竹の葉っぱの黄葉化が見られます。
真ん中に見える竹垣は、「光悦寺垣」です。

032a

少し見る位置を変えて、見ています。カエデの新緑が目に沁みる様です。

025a

散策道の途中には、こんなものもあります。
地下鉄・烏丸線の建設工事中に、旧二条城跡から出土した「石仏」などです。
集めて、ここに移されたものです。
 織田信長が、足利義昭将軍のために急いで建てた二条城のために、手当り次第に集めた石材です。石仏や墓石や灯篭など、色んなものがあります。
当時の武士達は、こんなことは平気で遣っていたのでしょうか。


034a

「竹の資料館」に置かれていた竹製の「チンチン電車」です。
竹製とは思えない素晴らしい出来栄えです。

040a

こちらも竹を刳り抜いて造られた、見事な出来です。
右端は竹ではなく、陶器の様な外観です。
竹が持つ果てしない工芸性に驚きました。

041a

「竹の資料館」を出たところから眺めた西山連峰です。
手前に見えるのは、「洛西ニュータウン」の一部です。

 「京都市洛西竹林公園」について(戴いたパンフレットから)

○この一帯は、各所に在来の竹林景観を残していたが、ニュータウンの建設で多くの竹が伐採されたので、残る竹林を積極的に保存しようという声が高まり、ニュータウンの記念事業の一つとして、昭和56年6月に出来たものです。
○竹・笹を主体にした回遊式庭園で、全国的にも非常に珍しい公園です。

奇竹・銘竹が沢山あり、十分に楽しむことが出来ます。
○公園の面積 35,068平方m 生態園 約5,000平方m あります。
○竹は、5~6月で伸び切り、その後は生長しない。1日で120cm伸びた記録があります。
○竹は花が咲くと枯れて仕舞います。その周期は70~120年と言われています。人間の一生のうちで、見ることが出来ないです。
○4月20日付けの地元の京都新聞の記事によりますと、「国内初」開花を確認との見出しで、九州や東北に分布する笹の一種「イッショウチザサ」が一斉に開花したとのことでした。「イッショウチ」とは、熊本県球磨村一勝地の地名に由来するそうです。枝先に黄緑色の花を付けた新たな芽が見付かったそうですが、残念ながら、見落としていました。






















 

« 竹と親しむ (その1)竹の径 | トップページ | 京都 蹴上浄水場「ツツジの一般公開」へ行きました »

地域」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
ようやくおしめりの雨が降りましたね、ここ
竹林も生き返ったように緑が美しいでしょうね。
広い庭園に緑鮮やかな竹林公園、素晴らしい~
石仏もたくさん持ち寄ったなんてすごいですね。
近くにいながら行ったことがありませんが
こんなに立派なところなら行く値打ちが
ありますねぇ~
西山も見えて見晴らしもいいですね。
竹で作られた見事なものも素敵です。
古都人さんいつもありがとうございます。

古都人さん
 お早うございます
少し竹の紅葉が始まっていますね
私が行った時は青かったと思います
竹林公園に行った時はカルチャーショックを受けました
竹林の言葉で何となく単なる竹の林だと思っていたのですが、
広々とした正しく公園だったことに
色々な竹、小さいのや背の高いのや、中国の竹など興味深く見ながら散策しました
唯、「百々橋」が移築されたものだとは
多分説明を見落としていたのだと思います
旧二条城跡から出土した「石仏」に
織田信長の性格の一部が感じられました。
竹製のチンチン電車は見なかったと思いますので
多分最近展示されたのかも知れませんね
それにしても竹製とは思えませんね

 お早うございます
竹林公園は愉しみにしていました
素晴らしい所ですね

このように解放感が有り、爽やか、そして、様々な竹以外にも「百々橋」や旧二条城跡の石など、
京都の歴史の1ページが見られるのですね
竹の資料館に展示されている竹製のチンチン電車や竹をくり貫いて作られた花器でしょうか?魅力的ですね
西山連峰の眺めも素晴らしく、正に5月の心地好い風が吹いているような風景に魅入ってしまいました

最後の説明を拝読して竹林公園が如何に貴重な公園かが解りました
是非是非 竹の径と共に訪ねてみます
ご紹介ありがとうございます

古都人さん
 おはようございます
まず、下の説明文を拝読して
ご紹介の竹林公園の素晴らしさ、竹の不思議さに驚いています
そして昭和56年にニュータウンの記念事業として作られた意義のある竹林公園なのですね
京都に暮らしていても知らない事が如何に多いか改めて思います
この広々とした空間に立つ、
様々な竹を見ながら緑の公園を散策する
想像しただけでも心がはやります
カエデの新緑も綺麗ですね
どこを見ても緑に溢れていますね
「百々橋」に旧二条城から出土した石仏も是非見てみたいです
爽やかな5月の風の中、西山連峰も眺めたいです
ご紹介ありがとうございます


ムームーさんへ
お早うございます
そうですね 植物達もさぞ喜んでいることでしょう
新緑も一層美しく見えることと思いますね
そうですね 竹は見ていて清々しい感じがしますが
何故なんでしょうかね
そうですね 罰当たりなことをしたものです
昔の武士達はそんなことお構いなく遣って仕舞うのですね
そうですね ここは西岡の一角ですからやや高くなっていますので
こんな風景が見ることが出来ました

植村さんへ
お早うございます
そうですね 資料館のテラスに立って竹林を見渡しますと
気持ちが晴れ晴れとして良いものです
多少起伏に富んだ園内の散策も良いですよ
掘り起こされた石仏などを眺めていると
複雑な気持ちになって仕舞います
確かにこの公園は一見の価値はありますね
是非一度お訪ねくださいませ

先日行きました室津の景色の中にも竹の秋を
見ることができました。
これから黄色くなった派が落ちるのですものね。

竹の花が咲くと竹が枯れると聞いたことがあります。
この工芸品の見事なこと…さすがですね。

taekoさんへ
お早うございます
そうですね 無残にも切り倒した竹達に対する
お詫びと鎮魂の竹林公園ですね
良く思い付かれての事業に感謝です
そうですね ゆっくりと園内を散策して勉強になる
ことが多いです
一度是非ご覧くださいませ

hirugaoさんへ
こんにちわ
室津は好い所ですね
hirugaoさんのブログを拝見してとても
懐かしくなりました 
もう10年以上も前になりますが
印象深かったです
そうですか 竹の黄葉が見られましたか
そうですね 竹は加工がし易いのでしょうね
竹の花が咲くのは不吉な感じがしますね
園内のあちこちに開花の石碑が建っていました

こんばんは happy01
竹の径だけでなくこのような公園もあるのですね。
目で青葉を楽しみ、鼻で香りを楽しみ、そしてさわやかな空気を吸い込み・・・
心身ともに本当に良さそうです。
竹細工も見事ですね。
それにしても、二条城建設のために集められた石があのような石仏だったとは?!
信長の死は、これらの仏様の罰が当たったのかも・・・?!

古都人さん、こんばんは~♪
竹林公園、緑が美しく、素晴らしい公園ですね。
旧二条城跡から出土した「石仏」には驚きました。
織田信長はどんな気持ちでお城を作ったのでしょうか。
ちょっと信長を見る目が変わってしまいました。

これからは竹の成長する季節。静寂な竹林の近くを
歩いていると、竹の伸びる音が聞こえそうですね。
竹は花が咲くと枯れてしまうということは知っていましたが
その周期が70~120年とは・・・
竹は花を咲かせなくても子孫を残せるのになぜ咲くのでしょうね。
世の中には不思議がいっぱいですね。

「竹の資料館」に展示された作品はどれも手が
こんでいて、素晴らしい作品ですね。
居間に飾れたらどんなに素敵かと思いました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
全くその通りでしたね 気分爽快と言ったところでした
竹は清々しさを感じますね
昔のこの辺りの竹林の広大さは想像し難いですが
洛西ニュータウン一帯がそうだとすれば
凄い景色だったのだなあと感動します
そうですね 昔の武士達はいざとなると恐ろしいことも
平気で遣って仕舞うのでしょうね
特に信長は比叡山の一山焼き討ちの様に極めて非道な
ことを遣っていますものね
因果応報も頷けます

hiroさんへ
お早うございます
そうですね よくぞこんな公園を造ってくださったものと
感謝です しかし地域開発のために伐採されて行った
竹達のことを想えば当然のことかも知れませんね
そうですね 築城に石臼や石碑などが転用された例は
時々目にしますが仏様までとは恐れ入りますね
二条城の築造に相当急いでいたのでしょうか
当時の足利将軍のためとは言え・・・
そうですね 竹の花が咲くことは本当に不思議な現象ですね
園内の何か所かに開花についての石碑が建てられていました
そうですね 竹は加工がし易いとは言え この様な作品が
出来るのですね 感心して拝見していました

こんばんは
うーん、新緑が目に染みます。
歩いたらさぞ気持ちが良いでしょうねぇ~
連休は忙しくはありませんが、仕事三昧ですので
写真を拝見しつつ休んだ気になっています。

この広さ、筍の収穫が気になるところです(笑)
全部整地しニュータウン化しなかったところに
救いを感じます。

石材に石仏などを使うとは
昔の殿様の考えることはわかりません。
御土居にも多くの石仏や灯篭などが使われていたと聞きます。
痛々しい話ですが
並んで太陽を浴びている石仏たちを見て
ちょっとホッとします。

竹細工、右の入れ物の色艶が素晴らしいですね。
日常生活で使ってみたいですが
ちょっと無理ですね。
その代わり先日古いお箸を処分し
竹箸に変えてみました。
自然のものは使いやすいです。


まさみさんへ
お早うございます
そうですか GWもお仕事とか ご苦労様です
そうですね ニュータウンの開発前の様子を知りませんが
凄い竹林の連続だったのでしょうね
現在はこの辺りから北の桂坂辺りまで
すっかり開発されているのに驚きです 先日その辺りを
歩いたり市バスで回ったときに感じました
そうですね 城造りに石塔や石臼 そして石仏が使われているのを
幾つか見ましたが石材が足りないと遣って仕舞うのですね
罰当たりなことです
そうですね 自然の素材のお箸は良いですね 私もお箸には
気を遣っています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59694019

この記事へのトラックバック一覧です: 竹と親しむ (その2)竹林公園:

« 竹と親しむ (その1)竹の径 | トップページ | 京都 蹴上浄水場「ツツジの一般公開」へ行きました »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き