« 京都 蹴上浄水場「ツツジの一般公開」へ行きました | トップページ | 京都・長岡天神のキリシマツツジ »

2015年5月 8日 (金)

アサヒビール大山崎山荘美術館へ

 京都・西山天王山の中腹にある「アサヒビール大山崎山荘美術館」を、久し振りに訪れました。今回は、行き帰りとも送迎バスを利用させて戴きました。初めてのことです。急坂を上らずに済んで大変楽でした。
 同館のことは、最後に紹介しています。

001a

送迎バスを降りて、ここから美術館に向けて歩きます。このトンネルが印象的です。心構えのようなものが生まれます。

004a

緩やかな坂道を歩きつつ、玄関に近付きました。
今回、ここを訪れた目的の一つは、新緑です。

005a

山荘に到着しました。山小屋風の素敵な建物です。

010a

館内に展示されている美術品を拝見しながら、2階のテラスに出ました。
テラスから眺めた景色です。手前の新緑は、当館の庭園の木々です。
その先には、三川合流地点が近くにあります。三川とは、桂川・宇治川・木津川です。そして、遠くの山は男山(石清水八幡宮があります)です。

012a

テラスから、少し目を転じますと、塔の一部が見えました。
近くにある「宝積寺」のものと思います。

014a

庭園に下りて来ました。結構広いお庭です。
新緑が溢れていました。

017

庭園につながる広場に来ました。一面芝生が植えられています。
先程立ったテラスが見えます。背景は「天王山」です。

021a

思いっ切り新緑に浸った後、帰途に着きました。
その途中で目にした赤モミジでした。新緑の中で、新鮮に映りました。

「大山崎山荘美術館」についてです。

 ここは、関西の実業家の故加賀正太郎氏が、大正から昭和初期にかけて建設された「大山崎山荘」を、創建当時の姿に修復し、安藤忠雄氏設計の新棟
「地中の宝石箱」などを加え、1996年4月に開館したものです。
 加賀氏は、アサヒビールの初代社長・故山本為三郎氏とも親交があり、今の形になったそうです。

 当日の美術展は、館内3か所で催されていました。
 (1)「地中の宝石箱」では、クロード・モネの追いかけた時間で、モネの作品
    が観られました。
 (2)2か所の展示室で、大山崎山荘の時間と古陶磁が、多く観られました。
 (3)「夢の箱」では、うつろいをとらえるーヤマガミユキヒロの視点が観られま
    した。

 











« 京都 蹴上浄水場「ツツジの一般公開」へ行きました | トップページ | 京都・長岡天神のキリシマツツジ »

地域歴史」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
こちらは紅葉も新緑の季節もどちらも
素晴らしく大好きな場所です
唯、山荘までの道が結構辛いですが
送迎バスが有るのですね
これは嬉しいです

私には有名な美術品や工芸品の値打は
解りませんが途中のモミジの綺麗さ
トンネルをくぐる時のドキドキ感
大山崎山荘の姿が見えて来た時の嬉しさ
途中の道でこんなに感動する美術館は
ここだけでは無いでしょうか
 お庭をゆっくり散策して美術館に入る
テラスの窓から眺める風景
特に三川合流地点は素晴らしいですね
何時もぼんやり眺めています
何故か旅心に誘われて・・
又行きたくなりました


古都人さん
 おはようございます
紅葉の綺麗な所は新緑も綺麗
当たりまえかも知れませんがお写真を拝見していてつくづく思います
身体が緑色に染まりそうな大山崎山荘美術館までの道

私も美術館近くのトンネルをくぐる時
一呼吸置いてからです
不思議ですが多分古都人さんの「心構えのようなもの」と同じだと思います

展示されている作品を拝見した後は二階のテラスでコーヒーとケーキを戴いて
心地好い風を感じながら遠くの景色を眺める
下に降りてお庭を散策
こんなに素晴らしい所は有りませんね

 お早うございます
大山崎山荘美術館は是非一度・・と思っていた所です
こんなに環境に恵まれた場所で、モネの作品や有名な絵画や陶磁器など
数多くの有名な作品を拝見出来る民間の美術館はそんなに無いと思います
 緑豊かな山の中腹に建っているモダンで親しみやすい美術館
外観だけでも素晴らしいですね
新緑を愉しみながら芸術と接する
送迎バスが有るのですね
嬉しいです
身体が緑に染まりそうな
目に青葉・・・新緑を愉しみながら行って来ます
ご紹介ありがとうございます

 蹴上浄水場の一般公開行って来ました
ツツジの見事さに圧倒されました


古都人さん
おはようございます。
新緑が眩しいこの時期に行かれたのは
いいですね、うっそうとした庭園に
天王山に抱かれ合流する川も
見れる絶景ですねぇ~
落ち着いた庭園をあるかれ、名画を
見たり素晴らしい陶磁器を鑑賞する
この時間は嬉しいですね。
素晴らしい時間が流れましたね、送迎が
あると行きやすくなりますわぁ。
いつもありがとうございます。

古都人さん   こんにちわ

ここはある方との出会いの場所だったのです。
というのはモネの大きな睡蓮の絵が確か4枚ありましたよね。
それがみたくて行きました。

今日の緑の深いころではなかったですが
庭の池には睡蓮も咲いていました。

ここはそういう意味でも好きな場所です。
本当にいい美術館ですよね~♡

taekoさんへ
こんにちわ
そうですか ここへは訪れておられるのですね
全く同感です
館内も全く静かな雰囲気ですね
大きな声でお喋りする方もいません
皆さん静かに鑑賞したり景色を眺めたりコーヒーを飲んだりと
されています
心洗われ癒されるひと時です

植村さんへ
こんにちわ
そうですね 阪急大山崎駅とJR山崎駅から送迎バスが
ありますから坂道を心配せずに行けますよ
あっと言う間に着きますから
是非一度訪れてみてくださいませ
新緑の今か紅葉の秋がお奨めです

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 今回は新緑拝見を兼ねて訪れました
静かな雰囲気の中 心が洗われるひと時でした
送迎バスを利用させて戴き極めて楽して拝見させて
戴きました
こちらこそ何時も有難うございます

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですか 何か思い出の場所なんですね
そうですね モネの絵が何時も見られる貴重な
美術館ですね
新緑や紅葉の時期に是非もう一度訪れてみてくださいませ

古都人さん、こんにちは~♪
ほんとに新緑が美しいですね。
レンガ造りのトンネルは現実と夢の世界の
結界のようですね。
山小屋風の美しい美術館は上品な佇まいで
ゆったりとした気分で作品を味わうことが
出来そうですね。
テラスからの眺めも素敵ですね。
3つの美術展も素晴らしく、
贅沢なひと時を過ごされましたね。
素敵な御紹介、ありがとうございました。

古都人さん  こんにちは
大山崎山荘美術館は、こんなに素晴らしい
環境の中に有るのですね。
トンネルを潜っての訪問は、素敵な
世界への誘いの様です。
新緑が素晴らしく綺麗ですね~
心洗われ、身も心も緑色に染まりそうです。
同じ木々でも新緑と紅葉では、届く印象は随分違います。
私は新緑の方が心癒され元気を貰えそうです。
絵画や陶磁器の事は良く分かりませんが、
モネの作品は大好きです。
静寂、緑の香り、木漏れ日の中の散策、
贅沢な大人の時間をお過ごしに
成った事でしょうね。

蹴上浄水場つつじの一般公開へ
お出かけに成ったのですね。
お写真と共に、甘い香りも届いて来るようです。
艶やかに、美しく咲き揃っていますね~
約4500本とは、皆さん大満足のお花見だったでしょうね。
つつじとお聞きすると、ピンクの花を連想します。
純白のつつじは殊更美しく感じます。
2枚目のお写真、人気のスポットなのですね。納得です。
緑の中のピンクがとっても素敵なお写真です。
一般公開のために、年間通してのお世話は
大変なご苦労でしょうね。
素敵なつつじを届けて下さった古都人さんにも感謝です。

古都人さんこんにちわ
大山崎山荘は私のとても好きな場所です。
何度も何度も行きました。一度は月曜ということを忘れて駅から空戻りしたこともあります。
桜降るころ、蝉時雨の頃、紅葉の頃、坂道を徒歩で往来したこともあります。
入館料をケチって庭を一巡して戻ったこともあります。
落ち葉掃きの品の良い殿方が「ボランティアなんですよ。第二の人生~」などと話してくれたのも懐かしい。ここ数年ご無沙汰しております。また行きたくなりました。アップ有難う。

hiroさんへ
こんにちわ
そうなんです 新緑と建物の魅力 そして3つの美術展と
心一杯に栄養を戴いたひと時でした
館内でも庭園でも大変静かな雰囲気に包まれていて
気持ちの良い時間を過ごすことが出来て満足して帰途に
着きました

すみれさんへ
こんにちわ
何時ものことながら丁寧なコメントを有難うございます
そうですね 新緑と紅葉の受け止め方 仰る様に
私も同感です
特にここの新緑は美しく思います
この山荘が持つ雰囲気がより一層その様に感じさせて
呉れる様にも思いました
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 今年は例年以上に開花が進んでいて
見応えがありました
そうですね どなたが手入れをされているのか聞いたことは
無いのですがもう長く育てられていますので職員の方でも
専門家に負けない位の技術が伝承されているのかも知れません

田舎娘さんへ
こんにちわ
そうなんですか 何度もここを訪れておられるのですね
お言葉に実感が籠っておりました
恐れ入りました
そうですね そんな方がおられてこそ立派に守って行けるのですね
感謝感謝です
久し振りに訪れてくださいませ

こんばんは happy01
アッ!ここも以前紹介されたこと、覚えています。
桜や辛夷、ハナミズキなどの春の樹木の花が終わり、青葉がいっぱいの季節になりました。
こちらももみじを始とした新緑が鮮やかですネェ!
目に眩しいほどの新鮮さが写真から伝わってきます。
庭園やテラス、きっと素晴らしかったでしょう。
このようなところで暮らした人々が羨ましいです。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうでしょうね 永いお付き合いをさせて戴いる
慕辺未行さんですもの 何度かご覧戴いているかと思います
そうですね 何度訪れても何時も新鮮な気持ちになります
不思議な魅力がある山荘です
私は館内の美術品もさることながらテラスから見る
風景が気に入っています
見渡す限りの緑 濃い薄いの変化が素敵ですし
男山を中心に広がる地方都市の光景も好きです
三川合流も雄大です

新緑の美しいすばらしいところですね。
きっと絵画、作品もすばらしかったことでしょう。
お写真を見ていて、鎌倉文学館とそっくりだなぁと
思いました。
鎌倉文学館は旧加賀百万石の前田家の別荘で、
現在は文学館とバラ園で有名です。
鎌倉長谷の山が借景となっていて
やはりトンネルをくぐるとまた空気が変わって
シャキッとしますよ。

古都人さん、こんにちは。
今回は、新緑がとても眩しくとても綺麗ですね。
アサヒビール大山崎山荘美術館へ訪れ、それも往復送迎バスでそれは
良かったですねbus
でも、素敵な新緑さすが京都ですねo(*^▽^*)o

テラスから眺める、景色も実際に見るとずっと見て居たくなりますね。
青空と、新緑そして水の流れもいい感じですね。

京都は、新緑の美しさが改めて感じ空気がいいので.違いますよね。

*蔵さんの.再)ハンチョウシリーズ5が今月11日.TBSで午後2時から放送しますhappy01

やっこさんへ
 こんにちわ
大山崎山荘美術館が所蔵されている絵画や美術品は想像出来ない位の数です。
公立の美術館にも貸出しておられる作品も有ります
 そうですか
鎌倉文学館に似ていますか
旧加賀百万石の前田家の別訴なら
さぞかし立派でしょう
バラ園をも見てみたいです

mikkoさんへ
 こんにちわ
そうですね
今は花より新緑が綺麗で清々しいです
こちらは紅葉も見事です
山の中腹に位置しいますから環境に恵まれています
やはり天候は左右しますね
青空の下、散策するのが一番気持ちが良いですね

佐々木蔵之介さんの情報ありがとうございます
ハンチョウは懐かしいですね

古都人さん又の訪問です。
溺れるような青葉若葉、お写真が余りにも素敵なので
今すぐにでも飛んで行きたい衝動に駆られます。
でも関東に住む孫ちゃんの足長婆さんなので資金繰りが容易でなく
お写真を眺めるに留めましょう。
素敵なお写真に癒されます。古都人さんもお元気で素敵なブログを披露ください。

田舎娘さんへ
 こんにちわ
コメントありがとうございます
こちらは紅葉も透明感が有ってとても綺麗なのですが
新緑も紅葉に負けない程綺麗です

そうですね
関東にお住いの田舎娘さん
度々は京都に来られませんね
私も同じです
何時も近場で愉しんでいます
出来るだけ素敵と言われるようなブログを・・と思っているのですが・・・。

こんばんは
京都からすぐとは思えない豊かな新緑。
なんて気持ちが良さそうなんでしょう!

以前初夏に訪れたときは
坂で一汗かきましたが
素晴らしい緑が迎えてくれて汗がスーっと引いたことを思い出しました。
庭園もとても広々として素敵でした。
建物全体が不思議な空間で
久しぶりに行きたくなりました。
突然目の前に現れるモネにも感動しましたし
ビールも美味しかったです(笑)

送迎バスとは良い手段ですね。
私も今日鎌倉の新緑を楽しんできたのですが
バスを使い効率よくあちらこちら回ることができました。

お出かけ日和が続きますね。
やはり出かけるときは晴れていて欲しいですね。

まさみさんへ
こんばんわ
流石 京都通のまさみさん ここにもお出でになっていたのですね
丁度今頃ですね
これからは是非送迎バスのご利用を・・・
次回は是非こちらへどうぞ
ビールが飲めましたっけ?
美味しかったことでしょう
曇りでも雨はほんの少しだけですね
明日は良いようですが台風が心配ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59817346

この記事へのトラックバック一覧です: アサヒビール大山崎山荘美術館へ:

« 京都 蹴上浄水場「ツツジの一般公開」へ行きました | トップページ | 京都・長岡天神のキリシマツツジ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き