« 京都府立植物園 咲き誇るバラの花 | トップページ | 枯山水庭園 「退蔵院」 お庭拝見 »

2015年5月27日 (水)

久し振りの京都・梅小路蒸気機関車館へ

 あの「トワイライトエクスプレス」の写真展があることを知りながら、日が経って仕舞い、漸く行ったところが前日に終わっていました。
 しかし、蒸気機関車が大好きの私は、久し振りにその雄姿を楽しみました。
動態保存も見ることが出来ました。

 では先ず、その動態保存から。

002a

 「C62 2」が、「スチーム号」を牽引しています。流石蒸気機関車館です。
 今は出発前の静止状態です。

004a

いよいよ出発です。高らかに汽笛を鳴らして。白い蒸気が吐き出されました。
興奮のいっときです。
ここでは後ろ向きに進みます。桜の花がお見送りをしています。

006a

梅小路公園まで行って、引き返して来ました。
今度は桜の花がお出迎え。

 次は、転車台を使っての、機関車の入換作業が見られました。
 貴重な場面を見ることが出来ました。

015a_3

車庫No.10から引き出されるのは、「B2010」機関車です。
昔何処かで走っていた機関車の様です。

019a

転車台上の牽引する大型ディーゼルカーとB2010です。
後ろに見える建設中の建物は、来年にオープン予定の「京都鉄道博物館」の一部です。

020a

B2010機関車は、車庫No.4に入庫されます。
入れ換え作業が終了して、通行規制が解かれましたので、車庫内の機関車を見て回ります。

026a

改めて車庫全体を見渡しました。
ポツンと置かれたベビーカー、持ち主は?。
こんなことが出来るのは、今日は来館者が少ない証拠ですね。
ご覧の様に人影も疎らです。

011a

敬意を表して、この機関車を選びました。かつて「お召し列車」を牽引していた機関車です。

022a

もう一台は、これです。明治始めに外国から導入された「義経号」です。
美しく整備されています。「弁慶号」もあったと思います。

ゆっくりと、蒸気機関車館の雰囲気に浸りつつ、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

« 京都府立植物園 咲き誇るバラの花 | トップページ | 枯山水庭園 「退蔵院」 お庭拝見 »

地域歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
桜の季節に行かれたのですねぇ~
桜ととってもいい雰囲気が出ていますわぁ。
機関車って夢があって素敵!!
お召列車も素晴らしい~
古都人さんも眺めるのがお好きなんですね。
飛行機もいいけれど、こういう昔懐かしい
列車って夢が持てていいですね。
いつもありがとうございます。

古都人さん
 お早うございます
SL大好きな私です
私にとって蒸気機関車は子供時代の沢山の思い出を載せて走っていたように思います
未知の国に行くような嬉しさも有りました
モクモクの煙と白い蒸気そして汽笛の音はたまりませんね
桜とのコラボレーションは素敵です
転車台の上で牽引される様子は初めて見ました
これだけでも充分見応えが有ります
古都人さんはいつも幸運な方ですね
お蔭で私も貴重な体験?をさせて戴きました
ありがとうございます

古都人さん
 おはようございます
蒸気機関車は今でも憧れです
気軽?に梅小路機SL館へ行かれる古都人さんが羨ましいです
 動態保存はタイミングが合わなかったら見られませんね
お写真を拝見していてドキドキしています
桜の季節に行かれたのですね
桜のお見送りとお出迎えでSLも乗っている子供たちも嬉しい事でしょう
 転車台を使って機関車の入換!?
初めて見ました
様子を想像はしていましたが上手く考えられていますね
滅多に見られない貴重な体験をされましたね
車庫の中を覗いて歩くのも好きです
蒸気機関車に乗って遠足した懐かしい日々が蘇えります
遠足などで子供たちが訪れているのを見かけますが
私たちとは又違った感動が有るのでしょうね

 お早うございます
蒸気機関車は大好きです
梅小路蒸気機関車館は孫にせがまれ
何度か行っています
多分孫の興味と私の思いとは違うと思いますが・・・
子どもの頃の風景は懐かしく愛おしく思うものですが
モクモク煙を出して汽笛を鳴らしながら走る蒸気機関車
今の私にとっては永遠のロマンです
転車台の上で牽引する様子は一度見てみたいと願っていました
幸運な古都人さんは滅多に見られないのをご覧になられたのですね
羨ましく興味津々で見ています
来年にオープンする京都鉄道博物館も愉しみです
 水族館にSL館、そして京都鉄道博物館と賑やかになりますね


ムームーさんへ
 お早うございます
そうですね
桜と蒸気機関車は似合いますね
私も飛行機は確かに便利ですが
旅をすると言う夢が有りませんね
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

taekoさんへ
 お早うございます
taekoさんも蒸気機関車に憧れておられるのですね
そうですね
梅小路機関区へは比較的よく行っています
転車台を実際に使っているのは初めて見ましたが上手く考えられていますね
そうですね
確かに子供たちと私たちの年代では
蒸気機関車に対する思いは違うでしょう

植村さんへ
 お早うございます
植村さんも蒸気機関車のフアンなのですね
そうですね
お孫さんの興味と植村さんの思いは異なるでしょう
やはり蒸気機関車は永遠のロマンとも言えますね
そうですね
転車台が実際に使われている様子は初めて見ましたが
少し興奮しました(笑い)
そうですね
来年はここら辺りは一層賑わうことでしょう

古都人さん   こんにちわ~

いいお天気なんですが日中は怖いくらいですね。

京都もいろんなところがあるけれどここは
知っていてもなかなかいけません。
蒸気機関車が走っていた年代ですから
すごく思い入れが有り懐かしいです。
でもこの様子をそうちゃんがみたらどうかな・・・
と思いました。

古都人さん今日は
梅小路蒸気機関車館からのC62-2の姿
心がワクワクするほど美しいですね・・蒸気をはいて汽笛鳴らして
現役の頃を想像しています・・・古都人さんは旅がお好きな様で
きっと色々な蒸気機関車と旅の思い出が
蘇えって来て更に懐かしく成るのでしょうね・・私は旅の思い出が少なく
TVの旅風景を思い出して此の機関車の美しさを最近知りました(*^-^)
今はもう殆ど走ってなくて地方で定期的に走らせて
皆様を楽しませて下さって、おられる様ですね・・・
最近の思い出はトンネルを出る時蒸気の煙を、いきよい良く吐いて
汽笛も高らかに・・感動いたしました
私の細やかな思い出と古都人さんの楽しく懐かしい
思い出と繋がったでしょうか・・・o(*^▽^*)o

古都人さんは活動的ですね。
懐かしいお写真の数々に感謝致します。
3.11の折、孫達と行きましたよ。
スチーム号にも乗りました。
桜の時期だが寒かったような記憶があります。
今度立派な鉄道博物館に生まれ変わるんですね。
京都駅最寄りのマックの規模と列をなしてた客を思い出すにつけても
世の変遷を感じます。

hirugaoさんへ
 こんにちわ
日中の暑さは5月とは思えませんね
 そうですか
京都には多くの観光地が有りますから
梅小路機関区へは中々行けないかも知れませんね
そうちゃんはどう思われるでしょう
男の子ですから子どもらしく
喜ばれるかも知れませんね

咲子さんへ
 こんにちわ
そうですね
梅小路機関区に保存されている蒸気機関車は綺麗に保存されています
先日津和野でSL山口号が実際に走っているのを見た時は感動しました
興奮しましたね
汽笛を鳴らして蒸気をモクモク・・は懐かしい思い出ですね
咲子さんの思い出と私のそれとは全く同じだと思います
同じ時代を生きてきましたからね

田舎娘さんへ
 こんにちわ
そうですね
元気だけが取り柄です
 田舎娘さんもお孫さんとご一緒に乗られているのですね
お孫さんにも良い思い出となった事でしょう
鉄道博物館は大阪に有ったのを
JR西日本が梅小路公園の一角に移転し建物を建設中です
今から愉しみにしています
 そうですね
世の中の移り変わりは良いにつけ悪しきにつけ目まぐるしいですね

古都人さん、こんにちは~♪
毎日暑い日が続いていますね。
これからは外に出る時は、熱中症対策やら
紫外線対策やら、いろいろ必要になりますね。

蒸気機関車に最後に乗ったのは高校一年生頃、
夏休みの林間学校に千葉に行った時でした。
東京には蒸気機関車は走っていなかったので、
ワクワクしながら乗ったことを思い出しました。
トンネルの中を抜ける時、窓を閉めていなかった
ので、ススだらけの顔になり、お互いの顔を
見ては噴出し、楽しい旅でした。
「C62 2」はどっしりとして逞しく、
これぞ機関車といった感じですね。
菊の御紋の「お召し列車」はそれだけで格式が
ある感じがします。
「義経号」はレトロでお洒落ですね。
力強さはあまり感じられませんが一番好みかも・・・
今日も素敵な御紹介、ありがとうございました。

hiroさんへ
 こんにちわ
5月とは思えない高温が続いています
一雨欲しいものですがこればかりは・・・

 hiroさんが最後に乗られたの高校一年生ですか?
私は多分中学3年の修学旅行だったと思います
 そうでしたね
トンネルの中に入る時は窓を閉めました
閉め忘れると酷い顔になって、それも愉しい思い出です
 動態保存されている「C62 2」は美しく整備されています
子供たちを乗せて走りますから特に丁寧に整備されたのでしょう
 そうですね
特に女性に人気が有るのは「義経号」でした
スマートさが喜ばれるのかも知れませんね

こんばんは happy01
久しぶりの梅小路SL館、やっぱりいいですね。
私にとっては高校生時代に何度か訪れた懐かしい場所。
当時、名古屋7:30発『急行 比叡1号』で京都9:37着だったと思います。
そしてそのまま梅小路SL館へと歩いたものでした。

”C62 2”、かっこいいですねぇ w(^o^)w!
かつて『特急つばめ』をけん引していた雄姿が再現されているかのようです。
義経号も素晴らしいです。
イギリスかドイツからの輸入だと思いますが、デザインが素敵ですよね。
走っている姿を見てみたいものです。

鉄道好きの聖地ですね。
先月京都に一緒に行った友達は、「鉄子」なので
梅小路には何度も行ってるみたいです。
回転台の風景は、鉄ちゃん憧れの風景みたいですね。
蒸気機関車が走っているのは見たことがありますが、
たぶん乗ったことはないかも・・・。

慕辺未行さんへ
 お早うございます
そうですか 慕辺未行さんにとっても梅小路SL館は懐かしい所だったのですね
名古屋から京都まで2時間もかけて・・・
そうですね
”C62 2”は機関車館に保存されているSLの中でも一番綺麗に整備ざれていました
そうですね
義経号は特に女性に人気が高く、カメラを向けてい.る姿が目立ちました

やっこさんへ
 お早うございます
そうですね
梅小路機関区は子供たちもですが
鉄道好きな大人にとっても聖地と言えるでしょう
そうですね
転車台が実際に使われている様子は
滅多に見る事は無く撮り鉄では無いですが興奮しました

古都人さん   こんにちは
梅小路蒸気機関車館は老若男女
誰もが夢描けるところですね。
蒸気機関車の勇姿が美しくて、力強く感じます。
動き出す時の高らかな汽笛と白い蒸気
子供の頃、駅の近くに住んでいて
汽笛の音を時計代わりに聞いた事を
懐かしく思い出します。
動態保存されているのは素晴らしいですね。
整備も大変かと思いますが、動く蒸気機関車を
身近に見れるのは感動かと思います。
桜の花と蒸気機関車は絵に成りますね。
転車台を使っての機関車入換は興味津々です。
凄い!と感心しそうです。
菊のご紋のお召列車は、思わず姿勢を正してしまいそうです。
義経号はお洒落で素敵ですね。
一度乗車してみたい憧れの列車ですが、
叶わぬ夢ですね。

すみれさんへ
こんばんわ
そうですね SLには各年代それぞれに想いがありますね
SLに牽かれた客車に乗ったことがある人や
SLが爆走しているのを見た人や
全然見たこともない人など様々でしょうね
私は近くでSLが見られて本当に幸せです
国鉄時代から時間は正確でしたね 時計代わりに・・・
良く判ります
何時もながら丁寧なコメントを有難うございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59623591

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの京都・梅小路蒸気機関車館へ:

« 京都府立植物園 咲き誇るバラの花 | トップページ | 枯山水庭園 「退蔵院」 お庭拝見 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き