« 奈良県 高取町 日本薬膳 茶寮「花大和」 | トップページ | 竹と親しむ (その2)竹林公園 »

2015年5月 2日 (土)

竹と親しむ (その1)竹の径

15日は晴天の下、「竹」と親しみました。向日市の西岡・竹の径(みち)を歩き、隣接する京都市洛西竹林公園内を散策しました。竹の葉っぱがやや黄葉化がはじまり、モミジなどの新緑が美しかったです。季節は一歩前に進んでいることを実感しました。
 阪急電車・洛西口駅下車、西に向かって歩きました。約20分程行くと、やがて「竹の径」の道標がありました。急坂を上ると、「竹の径」の入口になります。

 
001a

「竹の径」に入って、直ぐの景色です。「竹穂垣」が続いています。
久しぶりの太陽の下、気持ち良く歩けそうで、心も弾みます。

002a

竹林の中の様子です。ここでは割合空間が大きいようです。

003a_2

丁度「筍」(たけのこ)掘りの真っ最中の時期で、あちこちで遣っておられました。帰りに買って帰ろうと思っていましたが、売っていませんでした。

「竹の径」に沿って、色んな「竹垣」が見られます。

007a_2

「来迎寺垣」と言う竹垣です。地元のお寺の名前に因んで付けられた名前だそうです。

010a_2

「かぐや垣」と言うそうです。竹との縁がある「かぐや姫」が着ている十二単の襟元をイメージしたものだそうです。

013a

「海道垣」(かいどうがき)と言います。地元の地名に○○海道と言うのがあって、果てしなく続く海の波を現わしたものです。

015a

「竹林公園」に近付いて来ました。再び「竹の径」の全景をご覧ください。
こちらにも、「竹穂垣」が続いています。

次回は竹林公園をご紹介します。
















« 奈良県 高取町 日本薬膳 茶寮「花大和」 | トップページ | 竹と親しむ (その2)竹林公園 »

地域」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
向日市の竹の径は何となく耳にしたことは有りますし
竹林公園には行ったことが有ります
竹林公園は阪急洛西口駅で下車し確か市バスを利用していました
住宅の中を歩いて竹林公園に行きましたが、
「西に向かって・・・」
竹の径と竹林公園が隣接していたとは文字通り目から鱗です
 嵯峨嵐山の竹の小径は好んで歩きます
大勢の観光客に混ざって、外国の方のお喋り?を耳にして
ご紹介の竹の径はそんな喧騒とは無関係
しかも竹林公園と隣接
竹垣を見ながら静かな竹の径をゆっくり歩き竹林公園へ
このコースは風薫る5月に相応しいですね
ご紹介ありがとうございます

 お早うございます
嵯峨嵐山の竹の小径は余りにも有名で
他府県から来た知人や親せきの者が必ず
希望する場所ですが
向日市にしかも竹林公園(行ったことは有りませんが・・・)の近くにこんなにしっとりと落ち着いた竹の径が有ったのですね
人の姿も無く色々な竹垣を見ながらゆっくり散策
町の喧騒から離れて何と贅沢なことでしょう
ここも是非是非訪れてみたいです
どの竹垣も工夫されていて素晴らしいですが
特に「果てしなく続く海の波を現わしたもの」海道垣に納得してしまいました。

ご紹介感謝です
竹林公園も愉しみです

古都人さん
 お早うございます
正しく「風薫る5月ですね
竹林公園は聞いたことが有りますが、御紹介の向日市の竹の径と隣接しているのですね
竹林公園は一度行きたいと思いながら未だに行けていません

日差しを避けてそよ風を感じながら
色々な竹垣を見ながらの散策
想像しただけでも嬉しくなります
それにしても竹垣にも様々な種類が有るのですね
光悦寺の光悦垣を見た時も感動しましたが
そして余りにも有名で多くの観光客が訪れますが是非こちらにも足を向けて欲しいものです
この静けさが壊れるのは困りますが(笑い)
竹林公園のご紹介も愉しみです

古都人さん、おはようございます♪
しっとりと落ち着いた「竹の径」ですね。
空気も澄みきり、心まで清らかになりそうです。
近くだったらぜひ訪ねてみたいです。
竹垣にもいろいろあるのですね。
我が家のお隣さんはお庭に「海道垣」をとりいれて
いらっしゃいますが、竹に似たプラスチック製
だとおっしゃっていましたが本物は違いますね。
素敵な御紹介、ありがとうございます。
竹林公園も楽しみにしています。

古都人さん
こんにちは。
まぁ~美しい竹の径を歩かれたのですねぇ~
洛西の方は昔、住んでいましたけど
綺麗な竹の間を歩くのは気持ちがいいですね。
タケノコ堀もされてていいですね。
竹垣も色々な種類がありますね。
どれも素晴らしいですわぁ~
竹林公園はどうなってるのでしょう~
わくわくします、古都人さん色んなところへ
お出かけされて素敵ですわぁ。

植村さんへ
こんばんわ
そうですね 嵯峨野の竹林の道は外国にも知れ渡っている様ですね
私の何時も歩くコースにあるのですが何時も外国の人が大勢おられます
それに反してここは余りにもマイナーです
筍掘りの関係者と思われる以外殆ど人に会いませんでした
未だ余り知られていないのでしょう

taekoさんへ
こんばんわ
やや暑いですが気持ちの良い日が続いていますね
今日も暑い中歩いて来ました
車も余り通りませんしのんびりと散策出来る道です
竹林公園と繋がっているのも良いかと思います

hiroさんへ
こんばんわ
そうですね 静かな佇まいの中 ゆっくりと散策が出来る
良いところです
人にも余り会いませんでした 殆どが筍掘りの関係者でした
「海道垣」を造られているとは驚きでした
どんなルートでお知りになったのか興味津々です

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですか 洛西はご縁のある地なんですね
洛西一帯は竹がその存在感をしっかりと示しているところですね
驚く程その範囲は広いですね
先日大原野に行きましたが西山連峰の山裾にも広がっていました
そうですね 竹林公園も元気でした

こんばんは
以前記事を拝見して
竹林公園の素晴らしさを知りました。
ここのところの神奈川はムシムシとした天気でしたので
竹の緑に目の覚めるような思いでした。

竹林の静けさとさわさわと言う風の音が伝わってきます。
手入れされたふかふかの地面ですね。
さぞ美味しい筍が取れるのでは!

今後多くの人が訪れるようになるのでしょう。
その前に是非行ってみたいです。

こんばんは 古都人さん

何と青々しい美しい竹林でしょう!!
そしてこちらでタケノコ堀もされていたのですね。
宅急便で送ってきた筍とてもおいしかったので
今日は天ぷらにしました。

そんなことを思いながら拝見させていただきました。
いろんな竹垣を見ることができてよかったです。

公園はどんななのでしょうね、楽しみです。

こんばんは happy01
見ているだけで青竹のさわやかな香りが漂ってきそうです。
竹の径を歩くだけでなく、同時に森林浴もできるところですね。
目に青葉がまぶしく、心も体もすべてがリフレッシュできそうです。
竹垣も色んな種類があるのですね。
なかなか見る機会がありませんので、「ヘェーッ!」と思いながら拝見しています。
そこにあるものを生かしながら、それでいて創意・工夫された生垣、景色との調和も素晴らしく、これも世界に誇れる日本文化ですね。

hirugaoさんへ
お早うございます
そうですか タケノコ戴かれたのですね
色んな食べ方がありますね
私も今年は比較的良く口に出来ました
美味しかったです
そうですね 竹林の美しさが良く感じられました
竹垣も美しいものでしょう

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 竹林の清々しさ 竹垣の美しさを感じつつの
散策でした
竹とは不思議な素材ですね 色んな形に使われています
結構長持ちもしますしね
昔から良く使われてきた素材ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59683147

この記事へのトラックバック一覧です: 竹と親しむ (その1)竹の径:

« 奈良県 高取町 日本薬膳 茶寮「花大和」 | トップページ | 竹と親しむ (その2)竹林公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き