« 神泉苑祭  | トップページ | 京都府立植物園に新緑を訪ねて »

2015年5月31日 (日)

京都洛東迎賓館 レストラン「秀岳」でランチしました

 京都洛東迎賓館 レストラン「秀岳」は昭和14年に、吉田内閣で国務大臣を務めた大野木秀次郎の自宅として建てられました。
 ここには吉田 茂 岸 信介 等歴代の総理大臣を始め政財界人、芸術家など数多くの方が訪れたとの事です。


029

玄関へのアプローチです。
敷地面積は1000坪で大野木秀次郎の当時の権勢?が伺い知ることが出来ます


023

今は使われていない様ですが、大玄関の車寄せです。
 平成23年7月25日に国の有形文化財として登録され、登録名は「旧大野木家住宅」です。


010

和庭園は池泉回遊式庭園も

020

芝生の洋庭園も食事をしながら四季折々の植物を楽しむことが出来ます。

015

書院造の内部は結婚披露宴などにも使われています

では友人の誕生祝を兼ねて戴いたランチです。


001

                 ~前  菜~
 自家製スモークサーモン・蛍烏賊土佐酢
 つぶ貝のトマト和え・筍の木の芽味噌



002

             ~  焼  ~
   平鱸(ヒラスズキ)の塩焼きからすみ飾り
   季節野菜とキャベツドレッシング


003

             ~スープ~
      春キャベツと新玉葱のスープ


008

              ~ 肉 ~
       牛フィレのステーキ 実山椒ソース
       サラダと焼野菜添え


009

                ~デザート~
ほうじ茶のパンナコッタ(イタリアの菓子の一種。生クリームに砂糖などを加えて煮溶かし、ゼラチンを用いて冷やし固めたもの)
桜カステラ 春のソース

広くて上品なお庭を眺めながらのランチは、身体にも心にも優しいものでした。

« 神泉苑祭  | トップページ | 京都府立植物園に新緑を訪ねて »

ランチとディナー」カテゴリの記事

地域歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
まぁ~素晴らしいですねぇ、こういうところが
あるのも知らなかったですわぁ。
山科にあるのは便利ですね。
昔の政治家は立派なお屋敷にお住まいですね。
庭も広くてお屋敷もいい雰囲気です~
そして、お料理もわくわくしますね。
目で愉しみ味わって感激と素敵な時間ですね。
下の神泉苑のお祭りも素敵、やっぱりこういう
衣装は好きですわ、稚児さん可愛いなぁ。
暑かったでしょうね、健気な様子が
伝わりますわ~
素敵な写真をありがとうございます♪

古都人さん
 お早うございます
↓の神泉苑のお祭りは初めて見ました
二条城築城の時に強制的に面積を少なくされ、今は神仏混合の形で地域の皆さんに親しまれているのですね
お稚児さんの子供たちも近所をお練りする
この微笑ましい風習は時代が変わっても
続けて欲しいですね

ご紹介のレストラン「秀岳」は姪の結婚式と披露宴が行われた場所です
立派な庭園とお屋敷、懐かしく拝見しています
国の有形文化財に登録された事は知りませんでしたが納得です
お料理もとても上品で美味しく
古都人さんのお言葉「広くて上品なお庭を眺めながらのランチは、身体にも心にも優しいものでした。」
正しくその通りでした。
もう一度戴きたいものです

 お早うございます
京都洛東迎賓館 レストラン「秀岳」は知る人ぞ知るのレストランですね
今では大野木秀次郎の名前を知る人は少ないと思いますが山科では有名人だったとか聞いています
それにしても立派なお屋敷ですね
戴かれたご馳走はどれも上品で
こちらの邸宅に相応しいものですね
機会が有れば広い庭園を拝見しながらのランチ
今の私にとっては静けさが何より嬉しいです
こちらで贅沢なひと時を過ごしたいものです


久しぶりに拝見する神泉苑ですが領地を没収?されると言う辛い時期が有ったのですね
今は唯静かで綺麗なお寺ですね
綺麗ですね
特に池の周りに植えられているツツジと新緑が素晴らしいです
お祭りの様子も興味深く拝見しました
可愛い御稚児さんたち手を繋いでのお練りを見ていると
孫の姿に重なり胸が熱くなりました
ご紹介ありがとうございます

古都人さん
 おはようございます
何と大玄関には車寄せ
残念ながら大野木秀次郎の名前は覚えていませんが吉田内閣で国務大臣を務められただけのことは有りますね
最初の写真を拝見しただけでも邸宅の広さが解ります
お料理も何もかもが上質な感じがして羨ましく拝見しています
広い庭園を眺めながら戴くお料理は身体にも心の栄養にもなりますね
それにしてもお誕生日を迎えられたお友達は幸せな方ですね
私もお相伴に与りたいものです
因みに私は8月です(笑い)

神泉苑は二条駅からも二条城からも近いのですが何故か行くことは少ないです
歴史的にも貴重な所なのですね
 二条城建設時には敷地の多くを無理やり埋められた・・
不遇と言うか当時のご住職を初め地域の方達や関係者は残念だった事でしょう
神泉苑祭も初めて知りましたが
厳かな中にもお稚児さんの可愛い姿も有り地域の方達のお祭りにもなっているのですね
 

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
こちらは山科に有ります
当時は大野木秀次郎は山科の名士の一人だったと聞いています
初めて行ったのですが余りの素晴らしさに感動しました

遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
神泉苑のお祭りも偶然見たのですが
このような伝統的なお祭りは何時までも
残して欲しいです
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

植村さんへ
 お早うございます
そうですね
確かにこちらは知る人ぞ知るのレストランと言えますね
大野木秀次郎の名前も・・でしょうね
是非予約をしてお出で下さい

遡ってご覧戴いてありがとうございます
神泉苑は過酷?な歴史を持ったお寺です
当時の住職を初めとして関係者の無念を窺い知ることは出来ませんが
今の平和な静けさは一層心に沁みます

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
車寄せの有る玄関は民間のお宅では
少なくなっていますね
私も初めてだったのですが
想像以上の素晴らしさに感動しました
勿論、お料理もそうですが

遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
神泉苑は便利な場所に有ると思うのですが観光客は少ないようです
そうですね
当時の事に思いを馳せる時
関係者の方達の残念と一言では言えない気持ちでしょう
そうですね
こちらのお祭りは正しく地域の方達のお祭りだと思います

古都人さん、こんにちは~♪
素晴らしいレストランでのお食事でしたね。
最近は和食ばかりいただいているので羨ましく
拝見いたしました。
和洋の庭園も素晴らしいですね。
四季折々の植物を愛でながらのお食事は
至福のひと時だったことでしょうね。
お友達の誕生祝いを兼ねていたそうですが、
お友達も心に残る一日となりましたね。

神泉苑は平安時代から歴史のある由緒ある
お寺なのですね。
池の周りの新緑とツツジがとても綺麗ですね。
お祭りは多くの方が集まり、盛大に行われたようですね。
可愛いお稚児さんのお練りは微笑ましいですね。
このようなお祭りはいつまでも残して欲しいですね。

hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
私もどちらかと言えば和食が多いのですが、久しぶりの洋食は美味しいでした
友人もとても喜んでくれていました
割り勘ですが(笑い)
 
 遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
神泉苑は由緒の有るお寺なのですが
その運命は気の毒としか言えません
そうですね
こちらは地域の方達の伝統的な大切なお祭りで
関係者の方々は正装しておられました
そうですね
お祭りにはお稚児さんが可愛く癒されますが何時までも残して欲しい行事の一つです

こんばんは happy01
こんな由緒ある素晴らしいところでランチが頂けるなんて、素敵ですね。
有形文化財の車寄せに庭園、それらを眺めがら気品あふれる一つ一つの料理。
このような建物の中に入れるだけでもありがたいことと思います。
至福のひと時をお過ごしになったことでしょう。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 至福のひと時でした
昔の方はこの様な建物を建てるのもステータスシンボル
の一つなんでしょうね 謂わば御殿ですね
お料理も建物に相応しいものでした

遅くなりました・・・
何やら家族もワンもこの時期の風邪にかかったようでした。

このような素敵なお食事してみたいですね。
そうでした・・・
もうすぐ誕生日なんですよ。
その時に行こうかしら?
体調が良ければの花糸ですが。

古都人さん   こんにちは
玄関へのアプローチ、車寄せが有る大玄関
和洋の庭園などなど
何と素晴らしいお屋敷なのかと驚きと
感動で拝見しています。
残念ながら大野木秀次郎の名前は初めて知りました。
政治家のご自宅なのですね。凄いです。
レストラン「秀岳」でのお誕生お祝い
豪華なお食事ですね。
季節、旬を取り入れた上品で美しい盛り付けに
見惚れてしまいそうです。
お味もさぞかし美味しかったのではと
十分想像出来ます。
凄く羨ましく拝見させて頂きました。

神泉苑は歴史あるところなのですね。
空海、祇園祭に関するところとお聞きすると
興味深く思います。
新緑とツツジが水面に映えて美しいですね~
手を牽かれてのお稚児さんのお練りは
微笑ましく可愛いですね~
素敵で懐かしい思い出と成ることでしょうね。
何時も素敵な京都をご紹介戴きありがとうございます。

hirugaoさんへ
 こんにちわ
ご家族もルーシー君も良くなって欲しいですね
hirugaoさんのお誕生日は6月なのですね
ご馳走を戴いて下さいね

すみれさんへ
 こんにちわ
そうですね
この立派なお屋敷は当時の山科の名士と言われた大野木秀次郎の旧宅ですが
全国的に知られた大臣では無いと思います
  そうですね
お料理は盛り付けもお味も上品で戴くのが勿体ないと
言いながら美味しく味わっていました
機会を作って是非もう一度出かけたいレストラン「秀岳」です

遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
神泉苑は知る人ぞ知るの歴史の有るお寺です
もし、二条城の築城が無ければ広大な土地が残されてたら
もっと有名になっていたことと思います
 そうですね
お稚児さんたちには良い思い出になった事と思います
大人になってからも懐かしく思い出すことでしょう
こちらこそ丁寧にご覧戴いてありがとうございます

歴史的建造物でお食事。
チョット緊張しちゃいますね。
すばらしい懐石料理の数々。
しかるべきところにはしかるべき料理人が
ちゃんといらっしゃるのでしょうね。
画像だけ見ていると、一口ずつで終わってしまいそうな
お上品なお料理ですが、やはり
その場の雰囲気と優雅な時間の流れで
お腹がいっぱいになってしまうのでしょうか。

神泉苑のお稚児さん、こちらのお稚児行列と違って
衣装がとても地味ですね。
今はこれがはやりなのか、京都ではこれが普通なのかしら?
こちらでは、きらびやかな金糸で織り込んだ衣装(上衣)を
身につけることが多いと思います。
お稚児さんの背中に差してある葉っぱは
何の葉っぱですか?

やっこさんへ
お早うございます
そうですね お喋りをしながらゆったりと
戴いていますと量はあまり気にはなりませんでした
品数が多いですから結構お腹は満足でした
緊張感もあまり感じませんでした
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 地味なお稚児さんの衣装でしたね
こちらではこれが普通なのでしょうね
他では派手な衣装の方が多いですよ
子供達の背中に付けているのは玉串ですね
神様への敬意を示しているのかと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59880923

この記事へのトラックバック一覧です: 京都洛東迎賓館 レストラン「秀岳」でランチしました:

« 神泉苑祭  | トップページ | 京都府立植物園に新緑を訪ねて »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き