« 新緑を訪ねて 京都洛西・大原野神社へ | トップページ | 2015 京都「葵祭」 雅な女人行列 »

2015年5月14日 (木)

久し振りに宇治を歩く 「天ケ瀬ダム」大放水

 或る会のウォーキングで、久し振りに「宇治」へ行って来ました。思い起こせば、去年宇治川沿いの道を、木から垂れ下がる沢山の虫に悩まされて歩いた以来(こちらをご覧ください)のことです。
 京阪電車・宇治駅前をスタートして、宇治川右岸から、左に入り、世界遺産の「宇治上神社」を横目で見て、大吉山の登山道に入ります。何度か九十九折れを経て展望台に着きました。眼下に広がる宇治の町などを暫し眺めて出発です。
 宇治川に架かる吊り橋の揺れに戸惑いながら、漸く目的の「天ケ瀬ダムに到着しました。川沿いを歩いている時から川の水の多さに驚いていましたが、やはりダムでは大放水でした。びんと来ませんが、 212立方m/秒 とのことです。

005a

ダムに近付くにつれて、轟音と水の飛沫が興奮を掻き立ててくれます。

008a

さらに近くなって来ましたが、大放水の姿は未だ少ししか見えません。

漸くダムの堰堤の近くに遣って来ました。

018a

放水口に最も近い場所から見た状況です。開いている放水口は、2つです。
水は緑色掛っています。
ダムの周辺では、大規模な工事が行われていて、完成まで後2年掛かるとか。従って堰堤の上には行けません。横からしか見られないのです。
暫し轟音と放水の凄さに身を置いておりました。

折り返し、帰途に着きます。帰りは左岸の道を歩きます。「あじろぎの道」と言うそうです。

027a

天ケ瀬吊り橋付近((比較的ダムの近くです)も、川幅一杯に流れています。
手前が上流です。泡が色んな模様を描き変化させながら、流れて行きます。

030a

滔々と流れる宇治川の急流です。手前が上流です。
この辺りは、山間を流れる宇治川の情景です。

040a

中の島の左岸側では、大規模な発掘調査が行われていました。
何が判るのか?興味津々です。
向こうに見える赤い橋は、「朝霧橋」です。

043a

堤防の上の木々の間からこっそりと、世界遺産の「平等院」の「鳳凰堂」を、覗き見しました。近年修復され、美しい姿を拝見出来ました。満足満足・・・。

046a

「宇治橋」です。西詰から東の方向を見ています。上流側です。

午前9時30分にスタートして、京阪宇治駅に着いたのは、丁度正午でした。
低い山道や、やや急坂があったりして、結構疲れました。

 

 

« 新緑を訪ねて 京都洛西・大原野神社へ | トップページ | 2015 京都「葵祭」 雅な女人行列 »

地域歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
昨年の虫・・・再見しました
怖い?思いまでして行かれたダムは放流せず・・・でも川や吊り橋からの眺めは最高に綺麗でしたね

「宇治川沿いの道を天ケ瀬ダム」は若き日の大好きなコースでした。
時々立ち止って宇治川の流れを見ながら
宇治の町に目をやりながらよく歩いたものです
結構な道程と山道も有りました
今は自信が有りません

勢いよく放流されているダム
轟音や飛沫の感触さえ懐かしいです
吊り橋も趣がありますね
ここからの眺めも素晴らしく暫し川の流れに見惚れていたものです
 汗をかいてやっとダムに到着
放流に感動して身動きが出来ないくらいでした
懐かしく先ほどから何度も何度も見ています
私も行きしは右岸、帰り道は左岸を歩きました。
 当時♪イムジン河 水清く 滔々と流れる♪の歌が流行っていて口ずさみながら
歩きました
懐かしく懐かしく拝見しました

古都人さん
 おはようございます
宇治川沿いの道の沢山の虫に・・・
懐かしく?再見しました
しかも放流もされていなくて残念でした

 迫力が有りますね~
轟音が聞えるようです
2年後、工事が完成して堰堤の上からのダムの放流はどのような様子なのか興味が有ります
 宇治川のゆったり流れる川は情感が有りますね
観光客の少ない季節に川沿いに散策は永遠?の夢です
世界遺産の「平等院」の「鳳凰堂」は
修復されて綺麗になったと聞いていますが未だ訪れていません
お写真を拝見していて
私も満足満足(笑い)

 お早うございます
迫力が有りますね
天ケ瀬ダムの放流に出会うことは少ないですね
一度行きましたが、古都人さんと同じでその時も放流されていませんでした
一度で好いから迫力ある姿を見たいと思っていましたが
臨場感のあるお写真を拝見して満足しました。
2つの放水口からの放流でもこのように迫力が有る
轟音が想像できます
 宇治川沿いの道は比較的いつも静かですね
ここをゆっくり歩くのも好きで時々歩いています
川の流れを見るのが好きですが
特にご紹介の宇治川や桂川は人の姿も少なく、滔々と流れる様子に風情を感じます
宇治橋を渡っていると、車の振動で揺れますね
いつも落ちないか?と心配して歩いています(笑い)

古都人さん、おはようございます♪
一昨年の放水シーンも見事でしたが、
今回はさらに迫力がありますね。
こちらまでゴォーと唸る轟音が聞こえてくるようです。
川の流れも豊かですね。
こんな風景も一度は見てみたいものです。
何の発掘調査でしょうか。
これでまた歴史の謎が一つ解き明かされますね。
「平等院」の「鳳凰堂」、素晴らしいですね。
先日テレビで放送されていましたが、こんなに有名な
歴史的遺産をまだ見たことがなかったのですよ。
良く歩かれましたね。
今日も素敵な御紹介、ありがとうございました。

古都人さん
こんにちは。
緑眩しい新緑に歩かれたのですね。
虫は気持ちが悪いですよねぇ。
天ケ瀬ダムのこれだけの景観、迫力満点ですねぇ。
悠々と流れる川も美しいですわぁ~
一度大雨のあとに近くを通行したとき
水の流れに怖くなりました。
遺跡が掘られて何が発掘されるのか
興味がありますね。
京都や奈良はどこか掘れば必ず
というほど古代文化が埋まっていますねぇ。
たくさん歩かれて疲れましたでしょう。
お陰様でダムの放流を見せて貰えて嬉しいです。

taekoさんへ
こんにちわ
再見有難うございます 今思い出してもぞっとします
そうですね 久し振りの大放流 感動しました
ダムの上に立てないのが残念でした
琵琶湖~瀬田川~天ヶ瀬ダム~宇治川と流れているのですね
琵琶湖で唯一の流出川ですものね
琵琶湖の水位と関連付けて放流の調整をされているのは
凄いことです
「鳳凰堂」を外から覗き見する絶好の場所があるのですよ
多くの人が遣っている様で土に草が生えていません
そうですね 季節外れの散策は静かに歩けて良いもんですね

植村さんへ
こんにちわ
そうですね 天ヶ瀬ダムの放流状況については
HPがあるらしくそれを見て貰えばと以前聞いたことがあります
春先は雪解け水の琵琶湖への流入があって大放流になっている様です
そうですね 川の流れを眺めるのは気持ちが良いものですね
滔々とゆったりと流れる様子には見惚れますね
何時までも見て居られますね
そうですね 橋の上にいてダンプカーなどが通ると吃驚する程
揺れますね 落ちることは無いでしょうが・・・

hiroさんへ
こんにちわ
そうですね 琵琶湖の水位が上がっているのでしょう
大放流でした 琵琶湖から流れ出る川は瀬田川だけですから
瀬田川がこのダムに来ています
琵琶湖の水位の調整はここでも遣っています
(瀬田川の南郷洗堰にもその機能はあるのですが)
そうですね 川底の発掘調査はどんな目的があるのか
判りませんが大規模なものでした
発掘調査には関心があるのですが新聞などの記事には
未だ出ていませんね
そうですね 「平等院」は長らく修復工事をされていましたが
美しくよみがえりました

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 水量が一杯で流れる川には恐怖感を覚えますね
この宇治川も季節に依っては川幅一杯に流れている時がありますね
この時もそれに近い状態でした
宇治川の流れが優しい時は琵琶湖の水位がうんと下がっている時ですね
そうですね 土の下に眠る多くの遺跡は京都ならではのことですね
良く言われるのに「京都市内では1mも掘ったら遺跡に出合う」とか聞きました

こんばんは~
古都人さん、よかったですね、放水を一度見てみたい
近いところのダムがあります。
3枚目の写真素晴らしく撮れましたね!
去年とは少し違うけれどまたいい経験をされましたね。

いいな~
私も見に行きたいです。

hirugaoさんへ
お早うございます
再見戴いた様で有難うございます
去年は本当に大変でした
そうですね ダムの放流はダムにも依りますが
何時も見られると言う訳には行かない様ですね
この天ヶ瀬ダムもそうですよ
琵琶湖の水位次第ですね

古都人さん今日は
春から初夏へ日々気温も変わり、体温調整も気掛かりな季節です
京都に居た頃、宇治の平等院は行った事が有りますが天ケ瀬ダムは
初めてです・・しかし京都の方でも此の放水はなかなか見られないでしょうね

宇治川の水量もかなり多くなっていて何時もの流れとは少し違うのではと
思いながら見せて頂いています・・・この状態で放水されたので、その勢いは
凄かったと思います・・轟音と飛沫は凄い迫力でしょうね・・良い時に行かかれましたね
そして自然の中を歩いて鳳凰堂の美しい姿も見られて
今回のウォーキングは最高でしたね

咲子さんへ
 こんにちわ
そうですね
京都も夏日が続き降雨量も例年より少ないと聞いています。
天ケ瀬ダムは初めてだったのですね
意外と京都にお住いの方もご存じない方が多いようです
そうですね
宇治川は特にダムの放流により水の流れが違います
轟音は迫力が有りました
今回はラッキーでしたね
そうですね
今回のウオーキングは身体にも心にも印象深いものでした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59143071

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに宇治を歩く 「天ケ瀬ダム」大放水:

« 新緑を訪ねて 京都洛西・大原野神社へ | トップページ | 2015 京都「葵祭」 雅な女人行列 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き