« 3月28日の京都府立植物園 | トップページ | 京都の桜 一気に満開へ(祇園白川) »

2015年4月 4日 (土)

京都の桜 一気に満開へ(清水寺)

 前回の続きです。京都市内の桜を巡って、円山公園~ねねの道~一年坂~二年坂~産寧坂~清水寺まで遣って来ました。
 産寧坂から清水寺参道に入りますと、人の多いこと。流石京都市内の人気トップの清水さん。特に外国の方、中でも中国からの方の多いこと。着物を着て、中には舞妓の姿も、ところが口から出る言葉は、中国語。驚きの連続でした。
 着物姿が多かったですが、多分殆どが日本人で無い。

017a

「仁王門」前ですが、これは桜では無い?

019a

清水さんの桜は、未だ少し早かった様ですが、そんな中で美しく咲いていた枝垂れ桜です。未だ木は若い様でした。

020a

仁王門の横辺りは、未だこのような状態でした。

022a

境内の下の方では、何故か人だかりがしていました。

024a

同じ位置から、もう少し下を見ています。着物姿の女性達、多分中国の人達だと思います。皆さんレンタルの着物を着ています。柄を見ると、その違いが判ります。上品な柄の着物を着た3人組がいましたが、やっぱり中国人でした。

026a

境内は高台にあります。↑の写真と同じ場所から、市内を見渡してみました。西の方を見ています。右手の高いビルが並んでいるのは、四条通と思います。

 この後は、思い立って「祇園白川」へ。

« 3月28日の京都府立植物園 | トップページ | 京都の桜 一気に満開へ(祇園白川) »

2015  京都の桜」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
清水さんの人の波はいつもすごいですよねぇ。
綺麗に桜が咲いてていい雰囲気ですわぁ。
どちらに出かけても言葉が行きかっていますね。
着物もみなさん着られてて楽しそうですわぁ。
レンタルする方が増えていますねぇ~
清水さんの人気はすごいですわね。
白川を楽しみにしています。
今年は行けていませんの。
いつもありがとうございます。

古都人さん
お早うございます
円山公園の大紅枝垂れ桜から今朝の清水さんまで
外国人が訪れる京都の観光地の1.2を競っている清水寺
居ながらにして京都観光をさせて戴いた気分です
流石に京都の観光地です
ご紹介のお写真、どこをとっても絵になりますね
先日ご近所の方が「桜は京都が一番
何処へも行かなくて良い」云々
お写真を拝見していて今更ながら実感しています
レンタル着物が大流行とか
京都は「着物の町」「着物が似合う町」ですね

祇園白川も愉しみです

 お早うございます
久しく訪れていない清水寺ですが
やはり大勢の方が来られていますね
テレビのコマーシャルで”世界遺産を守る”で清水寺が紹介されています
清水寺の舞台は余りにも有名で
いつも多くの観光客で溢れていますが
山門の外側からだけでも充分見応えが有るとお写真を拝見しながら思いました
外国人の着物姿は嬉しいですね
歩く町・京都は着物が似合う町でもありますね
 桜に彩られた清水寺、どのお写真も素晴らしいですが、
特に最後の桜の枝の彼方に霞んで見える繁華街?賑わいが嘘の様で素敵です

古都人さん
お早うございます
流石は天下?の清水寺ですね
多くの観光客が来られるのも納得出来ます
 門川市長も自らが率先して着物姿の京都
レンタル着物が大流行はきっとお喜びでしょう
知人がレンタル着物のお店に勤めていますが
「皆さん着せ替え人形のように黙って言う通りにしてくれる・・・」と
笑っていました

桜は何処に有っても絵になりますね
特に京都はお寺に有っても賀茂川や疏水
そしてお庭に咲く桜もどれも素晴らしいです

どのお写真も素晴らしく撮られましたね
やはり古都人さんはアングルがお上手です
この後に行かれた祇園白川愉しみに拝見します

ムームーさんへ
お早うございます
そうですね 流石京都一番の観光名所です
まさに人の波でした
但しそれは参道だけでして境内に入れば
広いですからそれ程では無かったです
しかし外国の方の多いこと 驚きました
それも中国の人達ですね
桜の方は満開に近いものから未だこれからのものまで
変化に富んでいました

taekoさんへ
お早うございます
そうですね 人の波々々々 皆さん店を見ながらの歩きですから
中々前に進めません 途中で立ち止まって喋っている人も
外国の人は全く気にしませんね 食べ歩きも・・・
(余り人のことも言えませんがね)
歩いていて日本語が聞こえるとほっとする気分
そんなに外国 特に中国の人の多さに驚きです
そうですね 京都の桜はその背景にあるものとのコラボで
余計に風情があるのでしょうね
今年の桜もそろそろ終わりでしょうね

植村さんへ
お早うございます
そうですね 例え外国の方でも着物姿で歩いてもらうと
嬉しいものです
確かに京都の町は着物姿が似合いますね
桜の花とも良く合いますしね
案外京都に住む方は清水さんには余り行かれないかも
知れませんね 天神さんや弘法さんの方には行かれるのでしょうね
清水さんは高台にありますから何かと風景になり易いかと思います
最後の写真もそんな条件に合った景色でした

古都人さん   こんにちわ~

今日は雨と思い込んでいましたが暑いくらい
にはれましたね。
やはり雨よりは晴れているほうが桜は
ことにいいですものね。

私たちでも知っている定番なのですが最近は
行ってなく懐かしく拝見しました。
桜まつり地域の人が出す屋台でしたがかなりの人の出
がありました。
一寸疲れました。

hirugaoさんへ
こんばんわ
そうですね 今日は思わぬ拾い物の晴天でしたね
京都では24.8度Cと夏日近くの暑さでした
そうですね 植物園は桜をはじめ百花繚乱状態でした
桜はそろそろ散り始めていますが
その他の花々はまだまだ楽しめそうです
それはお疲れ様でした 慣れないことには疲れますね

こんばんは happy01
桜満開の季節に京都を訪れたことは一度もないことに気が付きました。
由緒ある神社・仏閣が多いので、どこもかしこも『絵』になる光景が広がっていることでしょう。
清水の舞台からも素敵な桜が見られるのでしょうか?
着物姿の女性たち、しかし中国人旅行者でしたか?!
日本人としては何となくちょっとがっかりな感じが否めません。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうでしたか それは残念でしたね
機会がありましたら是非どうぞ
そうですね 舞台からは下の方に桜を見ることが出来ます
本堂や舞台は高いところにありますのでそれらの下の境内に
桜が植えられていますから見下ろす形になります
そうなんです 中国の女性達の憧れが着物なんでしょうね
舞妓姿の方もいましたよ
私の感じでは着物姿の女性の9割は外国の方と見ました

京都は、春は桜もお寺や神社に桜が見られ何処の桜を見ようか迷いますね?

古都人さんは、地元なのでそう迷う事ないですか.これだけ桜を見ると
春もいですよね桜だけではなく菜の花や白い細かな雪柳も綺麗ですよねcherryblossom
清水寺の桜綺麗ですねhappy01

古都人さん、こんにちは~♪
清水寺は外国人からの人気がトップだそうですが、
よくわかります。
10年前頃、アメリカ人の女性から英会話を習って
いたのですが、日本でどこが一番好きかと聞いたところ
京都の清水寺だと言っていました。
伏見稲荷も人気が高いようですね。
小田原城でも時代衣装をレンタルして記念撮影を
している人が大勢いました。(子供が多かったですが)
お国が違っても日本の文化を体験していただくのは嬉しいですね。

「祇園白川」、拝見しましたが、
桜が満開で綺麗ですね。
白川沿いの桜も白川南通の桜も素晴らしかったですが、
私としては5枚目の川面に届きそうな枝垂れ桜の写真が
一番好きでした。
それにしても京都ってどうして地名がみな美しいのでしょう。

mikkoさんへ
こんばんわ
いえいえ 迷いっぱなしでよ
多過ぎて決められません
つい良く知っているところに行って仕舞うのです
勿論桜の開花状況とも関係あるのですが・・・
今年も考えてみたら結構有名な名所に余り行けてません
そうこうしている内にタイミングを逸して仕舞います
贅沢な言い分かと思います
今年も数えれば14か所に行っています

hiroさんへ
こんばんわ
そうですね 外国人を含め京都の人気トップは清水寺ですね
何故だか判りませんが本堂の前の舞台が外国の方には
不思議な造りかと思いますが・・・
群集心理的なものも働いているのかも知れませんね
伏見稲荷はあの千本鳥居が不思議がるとか聞きました
祇園白川もご覧戴きまして有難うございます
そうですね 桜の木の枝は何故か或る方向に長く伸びていますね
人工的な面もあるかと思いますが川面に届きそうな位に伸びていますね
そうでしょうか 京都の地名が美しいとのこと やはり歴史的な理由が
働いているのでしょうか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59481036

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の桜 一気に満開へ(清水寺):

« 3月28日の京都府立植物園 | トップページ | 京都の桜 一気に満開へ(祇園白川) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き