« 羽裏「琳派」の妖しい美 | トップページ | 奈良県 高取町 日本薬膳 茶寮「花大和」 »

2015年4月28日 (火)

愛知県・南知多遊覧

 1泊のバス旅を楽しんで来ました。
遊びだけでは無く、地元の方々との交流の場面もありました。
 行き先は、知多半島の先端の町・南知多町を中心に、半島の先端を一周した旅でした。
 知多半島の形は、地図で見ると人の足を横から見た様な感じです。
道路は、半島を縦断する形で「知多半島道路」(自動車道)があり、半島の外周には「国道247号線」が通っていて、割合行き易い感じを受けました。

 先ず行ったのは、半島の先端近くにある「花ひろば」でした。
 北海道・美瑛の丘のミニ版見たいなところで、緩やかな起伏に富んだところに四季を通じて、色んな花が見られる様です。今は「菜の花」が満開でした。
 ここで菜の花摘み(花束と菜の花漬け用)をしました。

006a

菜の花は10本、漬物用はビニール袋に一杯摘むことが出来ます。
鋏を借りて、一生懸命摘みました。

023a_2

土手には、河津桜の並木があって、見頃を迎えていました。
1日目は、交流会の後、この菜の花摘みだけで宿に入りました。
宿は、南知多温泉郷の中にありました。地下1300mにある化石水で、塩化物泉だとか。海を見ながらのお風呂でした。

 2日目は、観光とお土産買いです。

044a

お土産店に置かれていた「鯛まつり」のお神輿です。
地元の大工さんが考えたものだそうです。漁師町らしいお神輿です。

071a

知多半島の真ん中辺りの西側にある「野間大坊」と言うお寺です。
境内には、歴史的に有名なものが色々とありますが、最も有名なものはこれかと思います。

060a

頼朝や義経の父、義朝のお墓です。
都で平家との戦いに敗れ、東国に逃れる途中、ここで裏切りに遭い殺されて仕舞います。風呂で殺されましたので、その時「我に小太刀の1本でもあれば、むざむざ討たれはせん」と言ったとか。その霊を弔うために、今も木太刀を奉納されているそうです。
境内には、後に頼朝が父義朝の供養のために建てた伽藍などがあります。
織田信長の三男・信孝の墓などもありました。

077a

西海岸の「千鳥ケ浜」です。物凄く細かい砂で、歩くと足が砂に埋まりそうになりました。砂を守るための幕が張られていました。
サーフィンをしている人やビーチバレーをしている人などの姿もありました。
沿岸に見えるのは、海苔の養殖だとか。

079a

少し時間があった様で、帰途途中に「常滑焼」の専門店に寄りました。
常滑焼の名物は、お茶を煎れる「急須」だそうですが、私は常滑焼のマグカップを買いました。

 順調に進んで、予定の時間より約30分早く帰宅出来ました。

« 羽裏「琳派」の妖しい美 | トップページ | 奈良県 高取町 日本薬膳 茶寮「花大和」 »

京都府以外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
温暖な愛知県の知多半島
桜と菜の花のコラボが綺麗ですね
流石に構図が素晴らしい

若い時に友人と知多半島の一周の旅をしたことが有りますが゛
空と海の青さが今でも強く印象に残っています
古都人さんの行かれた日も好天で菜の花を摘んだり海を見ながら入浴したり
と長閑な旅をされたのですね
地元の方達との交流はお互いの情報交換なども出来て有意義でしたでしょうね
野間大坊と言うお寺も源義朝公や織田信長の三男のお墓が有るとは知りませんでした
訪れる事は無いと思いますが
機会が有れば義朝のお墓にお参りしたいです
お土産に常滑焼のユーモラスなマグカップも買いたいです

 お早うございます
菜の花と河津桜の春爛漫の旅愉しまれたのですね
地元の方達との交流もされて有意義な旅でも有りましたね
海を見ながらのお風呂は心身共に疲れたが取れますね
鯛まつりのお神輿は吃驚しましたが
漁師町ならこそのアイデアでしようか
源義善朝のお墓が有るのですね
以前は大河ドラマで源平の戦いはよく見ましたが最近は登場しなくなりましたね
千鳥が浜の砂、お写真を見ているだけでも細かくて綺麗なようすが解る気がします

古都人さんは京都だけでは無くてよくお出かけですね
人生を楽しまれている様子素晴らしいと思います

古都人さん
 お早うございます
又、お出かけされていたのですね
天気にも恵まれて楽しい旅のようですね
羨ましさ半分で拝見しています
愛知県は多分行ったことが無く今までは無縁の地域でした
知多半島は温暖?で憧れの場所ですが
その半島の先端一周の旅だったのですね
菜の花と桜、そして綺麗な「千鳥ケ浜」
想像以上に自然が綺麗な場所ですね
源平はどちらかと言えば源氏が好きです
頼朝や義経より無念な死に方をした父親の義朝のフアンです
「常滑焼」のユーモラスな置物が欲しいです
小さくても、嫌な事が有っても眺めているだけで癒されますね

古都人さん
おはようございます。
知多半島へ行かれたのですかぁ~
今頃は美しくて素晴らしい景色ですね。
バスツアーいいですね、行きたいですわぁ。
菜の花が咲いてて素敵な眺め、摘んで帰っても
好いなんて、お漬物にもいいですよね。
泊りがけはゆっくり出来ますね、温泉に
つかり、美味しいお食事をいただくって
最高の時間ですわぁ~
しばらく、どこへも宿泊していないですから
羨ましく見せて貰っていますの。
源義朝公のお墓があるのですね、歴史的に
見ても素晴らしいところですね。
いつもありがとうございます。

知多半島への旅だったのですね。

春先までなら渥美半島でしたでしょうが・・・
私の実家が愛知県なので懐かしく拝見しました。

常滑焼も意外といいものです。
昔はよく行きましたが懐かしく思いました。

バスツアーは思い立った時に行けますものね。
一人参加も意外といいものです。
一つ日帰りのを考えています(笑)

古都人さん、おはようございます♪
南知多町を観光されたのですね。
夫の母親がお隣の渥美半島出身なので、
一度は知多半島や渥美半島を訪ねてみたいと思うのですが、
まだ実現できていません。
温暖で住むのには良さそうな地ですね。
河津桜と菜の花のコラボ、素敵ですね。
お写真の構図もバッチリグーscissorsだと思います。
お土産の菜の花は嬉しいですね。
源義朝のお墓があるのですね。
風呂で殺されたとはさぞ無念だったでしょうね。
歴史的にも見どころがある町なのですね。
知多半島の養殖海苔は有名ですね。
ご近所に知多半島ご出身の方がいらして、海苔を
頂いたことがあります。
常滑焼のお多福さんとひょっとこ?さん、
ユニークで面白いですね。
前に話したことがあるかと思いますが、
お多福さんに似ていた孫娘も小学校に入学し、
やっとお多福さんから卒業できました。

古都人さん今日は
南知多の旅楽しそうですね・・・まずはお花畑、四季色々のお花が咲くのも
素敵です・・今回は菜の花畑から元気を貰えそうですねヽ(´▽`)/
そして河津桜も満開で綺麗・・春の旅はお花も見られて心が癒されます
夜は温泉に嬉しいですね・・鯛の御神輿は珍しい初めて見ました
次の日はお寺の野間大坊へ歴史のある立派なお寺ですね
源義朝公のお墓が有るなんて凄いですね(*^-^)
焼き物の窯元も有るのでしょうか・・可愛い焼き物が一杯
並んでいすね・・お土産はマグカップに旅の思い出一杯詰めて
お家に帰ったら・・お茶のおともに旅の思い出が
良い旅をお疲れ様でした・・・

植村さんへ
こんにちわ
そうですね 初めてのことでしたが地元の方達との交流は
意義あるものでした
知多半島にこんなに長く滞在したのも初めてで
寛いだ旅にもなりました
源義朝が討たれた場所の意外性(半島の半分近くまで入った場所)
に驚きました 何故こんなところまで来たのか?
裏切り者に騙されていたのでしょうね

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 京都と比べるとやはり温暖地でしたね
風景からも感じられました
「千鳥ケ浜」の砂の細かさには驚きました
こんなに細かい砂は初めてでした
歩いていても大変歩き難かったです 足を取られると言った
感じです
そうですか 義朝の方がお好きとか 渋いですね
どちらと言えば 義経や頼朝の陰にいた感じですが・・・
二人の父なのにね 悲劇の武将ですね

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 宿泊の旅は寛げますね
のんびりと出来ました
細長い半島ですから両方の海が見られました
不思議な感覚でした
気温も京都よりは暖かく感じました

hirugaoさんへ
こんにちわ そうですか ご実家が愛知県なんですか
愛知県はトヨタの地元ですから勢いがありますね
帰りに名古屋港の自動車運搬船も見ました
そばにはびっしりと完成車が並んでいました
団体旅行だったのですが1泊のバス旅は
効率的で良かったですよ
これからの旅行は季節も良くなり良いですね

hiroさんへ
こんにちわ
そうですか 知多半島や渥美半島とはご縁がおありなんですね
知多半島には名鉄がかなり中まで入っていて便利に思いました
車ですと結構道路が整備されている様に思いました
どちらの半島も観光の地でしょうか
常滑焼の店ではこの二人が出迎えてくれました
お孫さんもお多福さんからは卒業されたのですね
可愛いことでしょう

咲子さんへ
こんにちわ
そうですね 比較的ゆっくりとしたスケジュールの1泊旅でした
そして盛り沢山の旅でもありました
菜の花摘みも楽しくて良かったです
知多半島の今ではやや辺鄙な場所にこんなに凄い人達のお墓が
あるなんて不思議な感じでした
常滑は知多半島の付け根見たいなところでして
場所の意外性に驚いていました(知らなかっただけですが・・・)
常滑焼のマグカップは日々愛用しております
今も目の前にありコーヒーを戴いておるところです

こんばんは happy01
ようこそ!我が愛知県へ ヽ(´▽`)/!
南知多は私も何度かドライブしたところです。
花ひろば、今は菜の花ですか?!夏はひまわりの花摘みができます。
近くの別の施設では7月ごろになると、ラベンダーの花摘みができるところもあります。
宿ではきっと美味しい魚介類をいただけたのではないでしょうか?
千鳥ヶ浜は内海ですね。夏は海水浴客でにぎわうところです。
先端のほうの豊浜地区には「魚ひろば」があり、新鮮な魚介類を安く買い求めることができるのですよ。試食もできて、中トロを試食したことがあります。

京都からですと、第2名神から東名阪道、伊勢湾岸道路から知多半島道路というルートでしょうか?

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 初めての愛知県でした 
そうですね 南知多までのコースは
京都東~草津~甲南~亀山~御在所~四日市~湾岸長島
~大府~大府西~阿久比~豊丘
でした 最近良く利用する高速です 第2名神でしょうか
魚の店は「魚太郎」でした
「千鳥ケ浜」は内海でした
そうですね 流石に宿の夕食のお魚(刺身)は美味しかったです

南知多まで行かれたのですね~。
春のバスツアーは、お花がたくさん咲いて、
お魚も美味しかったでしょう。
ここは廻船業をしていたやっこのご先祖様が、
四日市から船を出して行き来していたところ。
高祖母(ひいひいおばあちゃん)はこちらのほうから
船に乗ってお嫁に来たそうです。
どんなロマンスがあったのでしょう(*^_^*)

やっこさんへ
お早うございます
そうですか やっこさんにとって所縁の地なんですね
船に乗ってお嫁に行く なんてロマンチックなお話ですね
今も少ないですが目にする光景ですね

こんばんは
のんびりとしたプチ旅行。
良いですね!
菜の花の黄色と茎と葉の緑、美しいです。
菜の花の香りと歯ごたえも大好きです。
以前京都で菜の花のぬか漬けを食べて
その意外な美味しさに驚いたことがあります。
見てよし、食べてよしですね。

私も京都で日常使いの食器を買うことがあります。
使うたびに京都を思い出します。
古都人さんもマグカップを使うたびに
色々楽しいことを思い出されるのでしょうね。

ここで義朝が討たれたのですね。
戦いの場ではなく
風呂で討たれるとはさぞ無念だったでしょう。
今でも供養が続いているところに
土地柄が伺えます。

まさみさんへ
お早うございます
そうですね 地元の方との交流会があって
比較的近場への旅でした
しかし場所は良かったです
見て良し 食べて良しの旅でした
そうですね 菜の花は季節ものとして京都のお漬物屋さんで
売っていますね
余り食べたことは無いですが・・・
京都の食器は高いでしょう 偶に五条坂の陶器市で買ったりします
マグカップは毎日愛用しています 何にでも使っています
愛着が出来つつあります
そうですね きっと義朝は無念だったことでしょうね
不用心だったのでしょうね
まさかと言ったところでしょうが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59448785

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県・南知多遊覧:

« 羽裏「琳派」の妖しい美 | トップページ | 奈良県 高取町 日本薬膳 茶寮「花大和」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き